あなたが消費者金融でお金を借りるだけでなく、業界自体に興味を持っていたら、アイフルの親会社や母体が気になるかもしれません。

母体・親会社を知ることは、アイフルに限らずその消費者金融の信用度を測る上で重要なことなので、ぜひ知るべき情報です。

この記事では、アイフルの母体・親会社について解説していきます。

アイフルの母体・親会社はなく、独立系の消費者金融

アイフルは完全に銀行などから独立した消費者金融で、母体となる親会社はありません。

要はどこの子会社でもなく、むしろアイフルがライフカードのようなクレジットカード会社を子会社にしている、という状態です。

「どこの子会社でもない」というのは、それだけ実力があるということです。

そのため、アイフルに母体や親会社がないことは良いことだと私は思います。

アコム・プロミスのように大手銀行の系列・提携先ではない

そもそも何でアイフルの母体を知りたがる人が多いのかというと、プロミス・アコムなどは大手銀行が母体になっているからです。

  • プロミス…三井住友銀行
  • アコム…三菱UFJ銀行

このように、それぞれメガバンクが母体となって、これらの消費者金融ブランドを運営しているんですね。

アイフルはなぜ大手銀行を母体にしないのか

上記のプロミス・アコムの例を見て「この2つの消費者金融がメガバンクを母体にしているなら、何でアイフルもしないのか」と思うかもしれません。

私が思うに「独立している方が自由に経営ができる」ということでしょう。

メガバンクを母体に持つと、確かに信頼性は上がります。

しかし、その分親会社の意向に従って経営をしなければいけなくなります。

実際、もうプロミスもアコムも創業者一族はほとんど経営に携わっていません。

アイフルはいまでも創業者やそれに近い立場の方々が運営をしています。

「自分が起こした会社は自分で経営したい」という方であれば、やはり独立を貫くでしょう。

もちろん、これはアコム・プロミスのように大手銀行の傘下に入るのが悪いということではありません。

要はそれぞれの会社・経営者の方々が好きにすればいいということです。

アイフルの母体はないが、子会社にはライフカードがある

信頼性という点でいうなら、アイフルは子会社のレベルが高い点で、母体のメガバンクがなくても信用できます。

ライフカード株式会社は、日本で特に人気の高いクレジット会社ですが、このライフカードがアイフルの子会社なのです。

他にクレジットカード事業を展開している消費者金融では、アコムがあります。

アコムもACマスターカードという名称でMaster Cardのクレジットカードを発行しています。

ただ、これはアコムが自社で発行するクレジットカードであり、クレジット会社を傘下におさめたわけではありません。

必ずしもクレジット会社を子会社にすれば偉いということではありませんが、今の所、クレジットカード会社を傘下に入れたのはアイフルのみです。

この点は、アイフルの経営基盤の信頼性を示す根拠の一つとなるでしょう。

アイフルは母体が銀行でないから督促・取り立てが厳しい?

インターネット上の評判・クチコミを見ていると、「アイフルは母体がメガバンクでない分、取り立てや督促が厳しい」という意見があります。

私が思うに、アイフルと他の消費者金融を比較して特別アイフルの督促が厳しいということはありません。

消費者金融の督促はどこでも厳しいものです。

クレジットカード会社でも、普段の問い合わせの対応は丁寧でも、返済の延滞・滞納をすると途端に怖い印象の男性から電話がかかって来るということはよくあります。

何はともあれ、アイフルが独立系の消費者金融だから督促が厳しいということはないので安心してください。

なお、アイフルであまり返済の延滞・滞納を続けていると「一括返済案」というものが送られてきます。

アイフルの一括返済案については、下の記事を参考にしてみてください。

アイフルの一括返済案とは?全額支払いを条件に利息免除&減額

アイフルの母体が銀行になった場合のメリット・デメリットは?

アイフルの母体がプロミス・アコムのようにメガバンクに変わったらどうなるか、という点も興味深いでしょう。

メリットとしては、その銀行のATMでの借入・返済の手数料が無料になるという可能性があります。

また、アイフル自体のイメージがよくなるので、お金を借りることがあまり恥ずかしくなくなるでしょう。

デメリットとしては、銀行系になるとステータスの高いクレジットカードのように品格を保つ必要が生じるため、審査が厳しくなる可能性があります。

つまり、銀行系になる前のアイフルだったら審査通過できたはずの人が、通らなくなる可能性もあるのです。

あくまで可能性ですが、このようなデメリットもあるということは理解してください。

私個人としては、これまで母体の銀行を持たずにうまくやってきたのだから、アイフルはこのままでいいかと思います。