福岡銀行カードローンの審査に申し込むと、審査結果が出るまでの時間が気になるでしょう。

「かなり時間がかかっているけど、もしかしたら落ちたのか?」と思うこともあるかもしれません。

ここでは、福岡銀行カードローンの審査結果が出るまでにかかる時間・日数や、落ちた場合の連絡はどうなるかなどをまとめます。

福岡銀行カードローンの審査結果が出る時間は数営業日程度

福岡銀行カードローンの審査結果が出るまでの日数や時間は明確には決まっていません。

最短2営業日で、平均的に数営業日、長い人なら1週間程度ということもあります。

少なくとも一日で審査結果が出る「即日審査」はないと思ってください。

2017年までの銀行カードローンは即日審査も可能でしたが、2018年以降は金融庁によって規制されているからです。

そのため、福岡銀行カードローンの審査に通ったか落ちたかわかるのは、最短で2営業日後ということです。

口コミ・評判を私が見る限り、3日か4日あれば大体の人の審査結果が出ているという印象です。

在籍確認電話があったら、福銀カードローンの審査は通った?

福岡銀行カードローンの審査でも勤務先への在籍確認の電話がありますが、これをかけられたら審査に通る確率は高いと思ってください。

私が消費者金融で勤務していた経験からいうと、在籍確認電話もスタッフの労働力を使うためコストがかかっているのです。

コストをわざわざかけて職場への電話連絡をするということは「融資できる見込みが高い」ということです。

そのため、絶対ではありませんが「職場への在籍確認の電話までいったら、審査に通る可能性は高い」という風に考えて下さい。

福岡銀行カードローンの審査は厳しい?甘い?落ちる確率は?

福岡銀行カードローンの審査基準は全体的に厳しいものです。

これは金利(実質年率)が低いことから言えるもので、金利と審査難易度は比例するのです。

低金利であるほど審査が厳しく、高金利であるほど審査がゆるいということですね。

福岡銀行カードローンの金利は上限金利で「14.5%」となっています。

これは、ジャパンネット銀行のネットキャッシングの「18.0%」などと比較して、かなりの低金利です。

銀行カードローンとしては標準的な上限金利ですが、要は「銀行キャッシングの平均的な審査通過率になる」ということです。

落ちる確率については、明確にはわかりません。

消費者金融だと、アコム・アイフルの審査通過率が大体40%なので、落ちる確率は60%です。

福岡銀行カードローンならそれより審査が厳しくなるので、大体70%程度が落ちると考えていいでしょう。

しかし、私の消費者金融勤務の経験からいうと、これだけ審査通過率が低くなっているのは「多重債務者の方がよく申し込むから」です。

よく考えると、世の中のほとんどの人はキャッシングを必要としていないわけで、そうした方々は申し込み自体しないのです。

つまり、他社借入がなくて安定収入がある「普通の人」だったら、少なくとも最初のキャッシングは大体審査に通るわけですね。

その後2件、3件と借入件数が増えていくと、審査通過率が40%のように落ちるということです。

自分の信用度・クレジットスコアが平均的と思える場合は、大体7割ほどの確率で福岡銀行カードローンでも審査に通ると期待していいでしょう。

福岡銀行カードローンの審査難易度を他の銀行キャッシングと比較

福岡銀行カードローンの審査難易度・難しさを他の金融機関のキャッシングと比較するとどうか、気になることもあるでしょう。

結論を言うと「大手でいうなら三井住友銀行カードローンと同レベル」といえます。

理由は簡単で、三井住友銀行カードローンも福岡銀行カードローンも上限金利が14.5%で同じ金利だからです。

「金利だけで単純に審査難易度を測っていいのか?」と思われるかも知れませんが、基本的にそれでいいのです。

理由は「低金利なのに審査に通りやすい銀行カードローン」は、あっという間に定員に達してしまうからです。

どの金融機関・銀行でも融資に回す資金は無尽蔵にあるわけではありません。

私が勤務していた消費者金融でもそうでしたが、毎月の融資目標金額があるのです。

「金利が低くて審査が甘い」ということは、ユーザーが殺到してすぐにその目標を達成することになります。

しかし、審査を甘くすると返済の延滞・滞納をするような利用者もたくさん集まるので、後々トラブルになります。

そこで、その低金利な銀行カードローンは「やっぱり審査を厳しくしよう」と思うのです。

もともと低金利なので、審査が厳しくなっても十分に利用者が集まります。

こうして「低金利で審査がゆるい銀行カードローン」は、よくある「低金利で審査が厳しい銀行カードローン」に変わるわけです。

これは金融のセオリーなので、金利と審査難易度は比例すると言っていいのです。

そして、キャッシングの適用金利は借入総額が100万円未満ならほとんどは上限金利になります。

そのため、銀行カードローンや消費者金融の金利を比較する時は、常に「上限金利で比べる」べきなのです。

その上限金利が福岡銀行カードローンと三井住友銀行カードローンでは同じ「実質年率14.5%」なので、「ほぼ同じ審査難易度」と推定できるわけです。

福岡銀行カードローンの審査基準について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

福岡銀行カードローンの評判・口コミは?審査基準は甘い?厳しい?

福岡銀行カードローンの審査結果、落ちた理由を知りたい!

福岡銀行カードローンの審査に落ちてしまった場合「通らなかった理由を知りたい」ということもあるでしょう。

気持ちはわかりますが、これは問い合わせても教えてもらえません。

理由は「個人情報は徹底して守らなければいけない」からです。

「確実に本人だとわかる証拠を伝える」と言っても、大抵はダメです。

なぜなら、その申込者本人に伝えるために「オペレーターに最初に伝えないといけない」からです。

つまり「オペレーターに秘密が漏れる」のです。

「それでもいい」というのは申込者のわがままです。

理由は、そのオペレーターから秘密が漏れてトラブルになった時、ダメージを受けるのは福岡銀行カードローンだからです。

「申込者本人が強く教えるように言った」という弁明をしても「それでもオペレーターという他人にプライベートな事情を明かすべきではなかった」などと批判されるでしょう。

一方、審査落ちの理由を一切教えなければ、トラブルは発生しません。

「落ちた理由を教えてもらえなかった」とそのユーザーが悪いクチコミ・体験談を掲示板に書き込んでも、誰もが「それは普通だろ」と思うからです。

このような理由で、審査落ちの理由は福岡銀行カードローンでも教えてもらえません。

この点はキャッシングの世界では常識となっているので、多少不満があっても理解してください。

福岡銀行カードローンの審査結果、時間がかかると落ちる?

福岡銀行カードローンの審査結果がなかなか出ない場合「落ちているからではないか?」と不安になることは多いでしょう。

結論を書くと、審査に通る人でレベルが高い人ほどすぐに審査結果が出るので「そこまでクレジットスコアが高くない」ということはいえます。

つまり「一瞬で通るレベルではない」ということです。

そうかと言って落ちているとは限りません。

クレジットスコアがあまりに低い申込者の場合も、いわゆる「瞬殺」と呼ばれるパターンで、短時間で審査落ちするからです。

審査結果が出るまでに時間がかかっているということは「当落線上ギリギリ」ということです。

何に時間をかけているかというと「しばらく待って、他のキャッシング業者や銀行で借り入れをするかを見ている」可能性があります。

福岡銀行カードローンのようなしっかりした金融機関は、あまり切羽詰まっている申込者には融資したくないのです。

私も多重債務者だった経験があるのでわかりますが、そうした方は返済の延滞・滞納をする可能性が高いからです。

そのため、余裕がない申込者だったら別の消費者金融・銀行カードローンに走るように、わざと待たせるわけです。

そして、5日ほど過ぎてから個人信用情報をチェックして、他の業者・ブランド・銀行で審査申込みをしていないことがわかれば、そのまま福岡銀行カードローンの審査に通す、という流れです。

これはあくまで一例であり、すべての申込者がこのような理由で審査に時間がかかるということではありません。

しかし、「待たされても通るパターン」としては、参考になるかと思います。

何はともあれ、このように「審査に通る申込者だけど待たされる」ということはあるので、審査結果が出るのに時間がかかっていても、過度に不安にならないようにしてください。