福岡銀行カードローンでこれから借り入れをしようとしている場合、事前に評判・口コミをチェックしておきたいでしょう。

福銀(ふくぎん)のような信頼性の高い金融機関なら悪いクチコミ・評判はあまりないものですが、それでも事前に口コミを調べることは大事です。

ここでは審査基準が甘いか厳しいかなども含め、福岡銀行カードローンの評判・口コミについて解説していきます。

福岡銀行カードローンの評判・クチコミはいい?悪い?

結論を言うと、福岡銀行カードローンの口コミ・評判はとても良いものです。

これは地方銀行カードローン全般にいえることですが、もともと属性のいいユーザーしか地方銀行での申し込みはしないというのも理由です。

消費者金融に長年勤務してきた私の経験からいうと、「今すぐお金が必要!」「大至急お金を借りたい」というような切羽詰まった借り手は、地方銀行では借り入れをしません。

銀行カードローンで借りる場合は三菱UFJ銀行・三井住友銀行などの大手、特に比較的審査通過率が高いと言われる新生銀行カードローン・レイクなどで申し込みます。

また、そもそも「銀行カードローンでは審査に通らない」という申込者が多いので、銀行ではなく消費者金融で申し込むことが多いのです。

つまり、あえて福岡銀行カードローンのような地方銀行のキャッシングを選ぶ時点で「それなりにまともな申込者が多い」ということですね。

人間、元の性格がいい人でも、お金がなくなると一時的にストレスが溜まることはあります。

そうした人が審査に落とされたことが原因で、その消費者金融・銀行カードローンの悪い評判・クチコミを書き込むということは、よくあるものです。

そのため、大手の消費者金融や銀行カードローンは地方銀行のキャッシングと比較して、悪い口コミを書かれやすいのです。

こうした背景もあり、地方銀行カードローンでは全体的に悪い口コミ・評判が書かれないようになっています。

福岡銀行カードローンも同様に、私が見る限り悪い口コミや体験談は見つかりませんでした。

福銀カードローンの審査基準の評判は厳しい?甘い?

福銀カードローンの審査基準・難易度や審査通過率についての口コミ・評判も、インターネット上には多く書かれています。

それらを私が見る限り、特に他の地方銀行カードローンと比較して審査が甘い・ゆるい、あるいは厳しいということはありませんでした。

つまり、一般的な地方銀行のキャッシングの審査難易度ということです。

基本的に、銀行カードローンでも消費者金融でも審査難易度は金利によって推定することができます。

「低金利で審査が甘いキャッシング」というのは存在しないのです。

一時的にそのようなキャッシングが存在しても、そこには当然多くの利用者が殺到するので「月間の融資目標を早々に達成してしまうのです。

当然ですが、どんな消費者金融でも銀行カードローンでもあるいはクレジットカード会社でも、資産が無尽蔵にあるわけではありません。

「毎月これ以上は融資できない」「これだけ融資すれば大丈夫」という金額は必ずあるのです。

そして、審査がゆるくて低金利な銀行カードローンだったら、あっという間にその金額に到達してしまうので、後の申し込みは受け付けてくれないわけです。

「じゃあ、早い者勝ちで申し込めば、ゆるい審査基準で低金利で借りられる」と思うかもしれません。

確かに最初のうちはそのようなこともあるでしょう。

しかし、消費者金融で働いていた私の経験からいうと、審査基準を甘くすると返済の延滞・滞納をする人が多くやってきます。

当然ですが、融資する銀行カードローンや消費者金融の側としては、遅延・延滞をされると非常に困ります。

そのため、その後は「延滞・滞納しないような人に絞って厳しく審査しよう」ということになるのです。

そして、低金利なので多少審査が厳しくなってもユーザーは借りに来ます。

このように「低金利で審査が甘い銀行カードローン」というのは、数カ月もすれば必ず「低金利で審査が厳しい銀行カードローン」に変わるのです。

これが需要と供給に基づく、金融の常識なんですね。

裏を返せば、金利(実質年率)を見るだけでその銀行キャッシング・消費者金融の審査通過率や難易度を推定できるのです。

その点、福岡銀行カードローンの金利(実質年率)は銀行キャッシングとして標準レベルなので、審査難易度も平均的と想定できます。

福岡銀行カードローンの評判は2ch(2ちゃんねる)ではどうか

福岡銀行カードローンの評判は、2ch(2ちゃんねる)でも悪いものは特にありません。

むしろ、2ch(2ちゃんねる)ではほとんど福岡銀行カードローンの口コミ・評判は書かれていないというのが現状です。

言うまでもなく、2ちゃんねるというのは「共通の話題で盛り上がる人が多いテーマ」でスレが立つものです。

「福岡銀行カードローン・ナイスカバーについて語ろう!」というスレッドでは、あまり人は集まらないわけですね。

これがアコム・プロミス・アイフルなどの大手の消費者金融なら、利用者も多いのでスレッドも立つでしょう。

しかし、福岡銀行カードローンは利用者自体が少ないですし、消費者金融と違って批判的な書き込みをする人も少ないので、特に2chで話題になることはないのです。

福岡銀行カードローンの評判からわかる、審査通過のポイント

WEB上で福岡銀行カードローンの評判や体験談を見ていると、審査に通るためのポイントがある程度わかります。

もちろん、それらの条件を満たしていれば必ず審査に通るということではありません。

しかし、福岡銀行の口座を持っている申込者は持っていない人よりも有利になるというのは確実にいえます。

さらに言うなら、ただ福岡銀行の口座を保有しているというだけではなく、「メインの口座として利用している」というのは審査に通りやすいポイントです。

特に給与振込先として利用している場合、その申込者が審査書類に書いた年収・月収が事実かどうかもわかるからです。

自営業・個人事業主だったら複数の銀行口座で振り込みをもらっているかも知れませんが、サラリーマン・OLの場合は大体1つの銀行口座でお給料の振り込みを受けています。

そして、勤務先の会社名が振り込み人として書かれていれば、お給料の金額はほぼ確定するわけです。

給与額だけではなく、その申込者の今の口座残高やどのようにお金を使っているかということも、すべて「筒抜け」となります。

クレジットカード会社からの引き落としを見れば、毎月のクレカの利用金額もわかるわけです。

このような理由から、福岡銀行の口座を普段からメインで利用していて、その利用状況に問題がないようであれば、審査に通りやすくなる可能性があります。

逆に口座残高がまったくない、お給料も安い、税金などを延滞・滞納した形跡があるなどのことであれば、審査落ちしやすくなります。

良くも悪くも、福岡銀行の口座をメインにしていると、福岡銀行カードローンの審査で「自分の経済状況が審査担当者に丸見えになるということです。

消費者金融で長期間働いてきた私の経験からと言うと、そのように自分の銀行口座の状況を見られたくない申込者は、他の銀行カードローンや消費者金融で申し込むものです。

福岡銀行カードローンの評判に学ぶ、審査落ちを防ぐコツ

誰でもキャッシング審査には落ちたくないものですが、福岡銀行カードローンの評判をよく見ることで、福銀でも審査に落ちないようにするコツがわかります。

その一つは、余計なクレジットカードを解約する、あるいは借入限度額を小さくするということです。

クレジットカードの保有枚数が多いということは、一見「多くのクレジット会社から信用されているのでいいこと」と思えます。

実際そのような良い面もあり、たとえば私が消費者金融で審査をしていた時は、アメックスプラチナカードなどを持っている申込者の方は、それだけで一気に審査通過率が跳ね上がったものです。

(そのような方でも一時的に消費者金融を使われることは、実は意外とあります)

そうしたプラス面もあるものの、基本的にはクレジットカードの所持枚数が多いということは審査ではマイナスになります。

それだけ借金をしやすい状態にあるということで、自社の借り入れを返済してもらえるかわからないからです。

逆にクレジットカードをあまり持っていない、持っていても与信限度額が少ないということであれば「追加でよそで借金をすることはなさそうだ」と考えられます。

これによって、わずかながら審査通過率が上がるということがあるのです。

これを読んで「極度額が小さいということは、クレジット業者から信用されなかったということだから、マイナスにもなるのではないか?」と思われるかもしれません。

確かに「最初から利用可能枠が小さい」ということは、その通りです。

しかし、自分から減額した場合は個人信用情報に減額の記録が残るので、外部からでもわかります。

一箇所だけの減額だと「そのクレジットカード会社から信用をなくして減枠されたのかもしれない」と思われる可能性があります。

しかし、一斉に減額した場合は「ああ、自分で無駄な与信枠を減額したんだな」と気づいてもらえます。

そのため、クレジットカードのキャッシング枠やショッピング枠の減額をするなら「複数社同時」に申し込むのがいいでしょう。

逆に1社だけだと福岡銀行カードローンから誤解される可能性があるので、やめておくべきです。

最終的には、その申込者の借入総額やこれまでのクレジットヒストリー、年収・月収や職業の安定性などで決まるので、こうしたポイントは小さなものです。

ただ、少しでも審査通過率を高めたいという時には、こうした方法も参考にしてみてください。

もし、審査結果の連絡がなかなか来ないという方は、以下の記事も確認してください。

福岡銀行カードローンの審査結果が出る時間は?長いと落ちる?

審査結果が出るまでにかかる時間・日数や、落ちた場合の連絡はどうなるかなどを紹介していますので、参考になるかと思います。

福岡銀行カードローンの評判に見るメリット・デメリット

福岡銀行カードローンの評判を見ていると、福銀カードローンのメリットとデメリットもある程度わかってきます。

まず、福岡銀行カードローンのメリットは下の通りです。

  • 福岡銀行の口座がメインバンクの申込者は有利になる
  • 地元の中小企業勤務の場合、大手の銀行カードローンより有利
  • 上限金利が大手の銀行カードローンより低い

まず、福岡銀行の口座をメインで利用していると有利になるというのは、ここまでも書いた通りです。

2つ目の「地元の中小企業勤務」というケースですが、これは「大手の銀行カードローンだと評価してもらえない勤務先が評価される」ということです。

日本全国を見れば、従業員数名程度の小さな零細企業でも優れた町工場というのは多くあります。

また、町工場でなくても一見平凡な中小企業ですぐれた会社は多くあります。

そのような会社の良さは、福岡銀行のような地方の金融機関の方がよく理解しています。

他地域の中小企業については当然知りませんが、福岡県や九州地方などの中小企業は、大手の銀行カードローンよりもよく理解しているわけです。

そのため、小規模でもいい会社に勤務している申込者の場合、大手の銀行カードローンより福岡銀行カードローンの方が審査で有利になる可能性があります。

これは会社員やパート・アルバイトの方々だけではなく、そうした会社を経営する会社代表者の方でも同じです。

3つ目の「上限金利が大手の銀行カードローンより安い」という点ですが、上限金利というのは100万円未満の借り入れで主に適用される金利です。

つまり、ほとんどの人の適用金利は上限金利になります。

福岡銀行カードローンの上限金利は実質年率14.0%で、三井住友銀行カードローンの14.5%などと比較して、かなり低くなっています。

メガバンクの銀行カードローンと比較しても、福岡銀行カードローンの方が低金利なのです。

これら3つの点が、福岡銀行カードローンの評判でも「メリット」として語られています。

逆にデメリットとされるのは、在住・在勤エリアに制限があることです。

九州地方か山口県に在住・在勤していなければ、福岡銀行カードローンでお金を借りることは出来ません。

他のエリアに在住・在勤していても「福岡銀行の口座を持っている」という条件なら、借り入れできます。

しかし、他のエリアに在住・在勤していて福岡銀行の口座を持っているということは少ないでしょう。

このように、基本的に九州地方か山口県の人でなければ利用できないというのが福岡銀行カードローンのデメリットです。

逆に言えば、これらの対象地域に在住・在勤している場合は、大きなデメリット(短所)はないと理解して下さい。