福岡銀行カードローンの審査では、会社への在籍確認の電話があるのかないのか、これからお金を借りる時には気になるでしょう。

申込者によっては在籍確認電話を受けられないということもあるはずなので、こうしたルールを事前に調べることは必要です。

ここでは、福岡銀行カードローンの借入審査で、職場への在籍確認の電話があるかどうか、内容はどのようなものかなどをまとめます。

福岡銀行カードローンの在籍確認電話は、基本的に必須

福岡銀行カードローンのキャッシング審査では、基本的に勤務先への在籍確認の電話が必須となっています。

これは他の銀行カードローン・消費者金融でも同じで、福岡銀行カードローンだけが特別厳しいということではありません。

多くのキャッシングブランドの審査で職場への電話連絡が必須となっている理由は、標準的なものではありません。

実は、銀行法・貸金業法や割賦販売法などのキャッシングに関する法律では、在籍確認電話を義務付けるものはないのです。

あるのは「返済能力の調査義務」だけであり、「職場への電話連絡をすること」などの具体的な方法については法律的な規制はないんですね。

その為、福岡銀行カードローンなどの金融機関・キャッシング業者の側が「この申込者は在籍確認電話なしでも信用できる」と思ったら、それでなしにしてしまってもいいのです。

もちろん、その「信用できる」という基準が「金融庁が見ても納得できるレベル」でなくてはいけません。

しかし、そのようにしっかりした基準によって「信用度・クレジットスコアが高い」と判断できる申込者であれば、在籍確認電話がなしになることもあるのです。

福岡銀行カードローンの在籍確認は、条件によっては無しでもOK?

在籍確認は法的な義務ではないので、福岡銀行カードローンの審査でも状況・条件によっては電話連絡なしになることがあります。

具体的には下のような条件を満たすことが必要です。

  • 在籍確認をできないやむを得ない事情がある
  • 十分な信用度・クレジットスコアがある

前者については、たとえば「会社が外部からの電話を取り次いでくれない」というケースがあります。

これは特別厳しいルールではなく、私用電話だったら一切取り次がないという会社・職場はよくあるでしょう。

在籍確認電話では、福岡銀行カードローンでもその他の借入先でも「オペレーターさんの個人名で、普通の用事のようにかける」という仕組みになっています。

そのため、職場の同僚からしたら「ただの私用電話」なので、取り次いでもらえないことはよくあるのです。

このような場合は在籍確認以外の方法で勤務実態を確認する必要があるので、いわゆる在籍確認の代替措置が適用されることもあります。

その他の電話連絡をできない事情としては、たとえば「勤務先が閉まっている」というものがよくあります。

土日・祝日や夜間など、勤務先の営業時間外だと電話をかけてもつながらないことがほとんどです。

そのような時の申し込みでは、即日審査を謳うキャッシングブランドだと在籍確認の代替手段を適用するしかないわけです。

もっとも、福岡銀行カードローンは最短即日審査はしていませんし、土日・祝日や夜間は福岡銀行自体が営業していないので、この点は関係ありません。

何はともあれ、こうした事情があればどの大手の銀行カードローン・消費者金融でも、在籍確認の代替手段の適用を考えてくれるということです。

もう一つの条件の「十分な信用度・クレジットスコアがある」という点については、あらゆる条件によって判断されます。

  • 年収・月収が多いこと
  • 勤続年数・月数が長いこと
  • 借入希望金額が高額でないこと
  • ブラックリスト入りしていないこと
  • 安定した職業・勤務先であること
  • 自宅の居住年数が長いこと

このように、非常に多くの条件によって決まります。

特に福岡銀行カードローンの場合は、福岡銀行の口座の利用実績が良好かどうかという点も審査されます。

こうした要素からスコアリングした結果十分な信用度があり、かつ在籍確認をできない事情があるという時には、福岡銀行カードローンの審査でも「在籍確認なし」になる可能性があると思ってください。

会社への電話連絡の流れは、先に携帯電話への本人確認から

福岡銀行カードローンの会社への在籍確認の電話の流れは、完全には決まっていません。

しかし、まずあなたの携帯電話に本人確認の連絡が来ることが多いものです。

携帯電話に連絡して「間違いなく本人からの申し込みである」ということを確認した後で在籍確認電話に移るという流れがほとんどです。

もし誰かのいたずらだったら、それで職場に電話連絡をしてしまうと大変なことになるからです。

ただ、勤務中で本人の携帯への確認電話に出られないということもあるでしょう。

この場合も、一定時間内に折り返しの電話をすれば問題はありません。

特に平日の日中などは「仕事で電話に出られない」ということは福岡銀行カードローンの側も理解しています。

そのため、昼休みなどかけ直しできる時間ならいつでも大丈夫です。

しかし、消費者金融で勤務していた私の体験談からいうと、24時間以上経過するとそれが審査落ちの原因になります。

本当に審査に通るつもりがあるなら、福岡銀行カードローンからの着信があったら24時間以内には折り返すはずだからです。

このような折り返しがすぐにできない利用者はその後の借り入れでも延滞・滞納をする確率が高いので、審査で落とされることが多くなります。

福岡銀行カードローンからと思われる着信があったら、必ず早めに折り返すようにしてください。

福岡銀行カードローンの在籍確認で、同僚に借入がバレるリスクは?

福岡銀行カードローンから会社への在籍確認の電話がかかることで、職場の同僚に借り入れがバレるということはありません。

理由は「福岡銀行」とか「カードローン」という名前は一切出さないからです。

福岡銀行カードローンの在籍確認電話は必ず「オペレーターの個人名」でするようになっています。

たとえば、「山田と申しますが、木村さんはお見えでしょうか」という感じです。

もちろん、これだけだと「私用電話」と思われて取り次いでもらえないこともあります。

また、職場やその申し込み者の仕事内容によっては「外部からの電話がかかって来ること自体がおかしい」ということもあるでしょう。

そのような場合も、勤務先の同僚から「何か変だな」と思われることはあっても、借金がバレるというほどではありません。

また、もし心配であれば「クレジットカードの審査に申し込んでいるから、その在籍確認電話が来る」と事前に同僚に伝えておきましょう。

私の経験からいうと、大体半分程度のクレジットカードは審査で職場への電話連絡をします。

勤務先の同僚の中にもそれを経験している人は多くいるはずなので「ああ、クレジットカードの在籍確認ね」と納得してくれるでしょう。

黙っていると怪しまれるので、何かしらこういう「在籍確認の言い訳」をしておいた方が良いかと思います。

福岡銀行カードローンの在籍確認で審査落ちする原因・理由

福岡銀行カードローンでもどこでも、在籍確認のステップまで言ったら大体審査に通るものです。

しかし、それでもたまに「在籍確認の後で審査に落ちた」という体験談・評判は見られます。

この原因でよくあるのは、職場の同僚が名前を聞き間違えて「そのような人はいません」と言ってしまうものです。

この場合「申込者が勤務先について嘘をついた」と勘違いされて、それで審査落ちしてしまうということもあります。

ただ、大抵のオペレーターさんは、相手が聞き間違えていないか念を押して、たとえば名前の漢字を告げるなどして確認してくれます。

それができない場合は、たとえば「職場の同僚が怪しい電話だと思ってすぐに切ってしまった」などのケースがあります。

どのようなケースにしても「本当は在籍しているかもしれない」と福岡銀行カードローンの側も考えるので、何らかの代替措置が適用される可能性もあります。

たとえば、職場の保険証・給与明細書を提出するなどの方法ですね。

そうした方法も適用してもらえないというのは、「もともと信用度・クレジットスコアが低い場合」です。

つまり、福岡銀行カードローンから見て「それほど融資したい申込者ではない」というケースです。

高年収で職業も安定しているなど「ぜひ融資したい」と福岡銀行カードローンが思う申込者であれば、在籍確認の代替手段の適用などの配慮もしてもらえます。

しかし、そうした配慮がされないということは「在籍確認で成功しても失敗しても、もともと当落線上ギリギリだった」ということです。

ただ、基本的には在籍確認まで行ったら「かなりの確率で審査に通る」と思ってください。

私が消費者金融で仕事をしていた経験から語ると、在籍確認電話をかけるのはキャッシング業者や銀行カードローンの側にとってもコストがかかるのです。

つまり、「コストをかけるだけの価値がある」と判断されたということで、その時点であなたはある程度審査に通る確率が高くなっているのです。

後は在籍確認で何も問題がなければそのまま審査に通る、というパターンが多くなります。

そのため、職場に確認電話が来たのにその後で落ちたということであれば、確認電話に何か問題があったと判断して下さい。

福岡銀行カードローンの在籍確認についての口コミ・評判は?

私が福岡銀行カードローンの在籍確認に関する評判・クチコミをチェックした限り、特に他の金融機関と異なるということはありません。

やり方についても在籍確認のタイミングなどについても同じです。

強いて言うなら、在籍確認の代替手段が適用される割合が、モビット・プロミスなどの大手の消費者金融と比較すると少々低いというイメージです。

大手の消費者金融は銀行カードローンよりも回収能力があるため、多少クレジットスコアが低い利用者に融資してもしっかり返済させることができます。

そのため「この人に融資できる要素はないか」とできるだけ熱心に審査するのです。

少し意外かも知れませんが、消費者金融の側としては「できるだけ審査に通してあげたい」んですね。

その方が社員の実績になるというのもありますが、やはり心情的に通してあげる方が社員も気持ちがいいのです。

一方、福岡銀行カードローンのような地方銀行のキャッシングになると、督促や取り立ての能力が消費者金融に比べると劣ります。

そのため「何とか融資できないか」と真剣に考えることはありません。

そこまで真剣に考えなくても、福岡銀行カードローンのように低金利ならユーザーの方が借りに来るので、必要がないのです。

このような理由から、モビット・プロミス・アイフルなどの大手の消費者金融と比較すると、在籍確認の代替措置を適用できるケースが少ない印象です。

ただ、あくまでWeb上の評判・体験談を参考にしただけなので、実際にはどうか判定できません。

どうしても電話連絡なしでお金を借りたいということであれば、福岡銀行カードローンより消費者金融で申し込んだ方がいいでしょう。

在籍確認について問題がまったくなく、できるだけ低金利でキャッシングをしたいということであれば、福岡銀行カードローンを利用することをオススメします。