福岡銀行カードローンを利用していて「今の利用残高を確認したい」ということはよくあるでしょう。



そのような時の残高確認も、福岡銀行カードローンは便利にできるようになっています。


ここでは、福岡銀行カードローンの残高確認のやり方や、その他利用明細に関する情報などをまとめます。



福岡銀行カードローンの残高確認はインターネットバンキングでできる





福岡銀行カードローンの今の利用残高を確認するには、インターネットバンキングを使うのが一番便利です。



福岡銀行カードローンではネットバンキングのことを別名で「ダイレクトバンキング」と呼んでいますが、そのサービスを利用します。



ダイレクトバンキングは福岡銀行の口座を持っている場合のみ利用できます。


それもすぐにインターネット上で登録できるわけではなく、福岡銀行で事前に手続きをする必要があります。



これはどの銀行のオンラインバンキングでも同じですが、私の経験からいうと大体手続きに1週間ほどかかります。


何はともあれ、一度オンラインバンキングの手続きさえ済んだら、その会員ページから福岡銀行カードローンの残高確認もできるということです。



もちろん、ネットバンキングの会員ページなので、自分の銀行口座の残高などもわかります。


残高だけでなく入出金明細・利用内容もWebで確認できる



福岡銀行カードローンのシステムでは、融資残高だけでなく入出金明細や借入・返済の内容もインターネットで確認できるようになっています。



もっともクレジットカードではなく銀行カードローンなので、入出金明細はそれほど複雑なものにはなりません。


どれだけ追加借入をする人でも、銀行カードローンの場合はせいぜい月に2回か3回でしょう。



また、返済にしても普通の人は月に何度も給料日があるわけではないので、多くて月数回しか臨時返済はしないはずです。



そう考えると、福岡銀行カードローンでも利用明細で記録する内容は特にないわけですね。


そのため、クレジットカードの入出金明細と比較するとかなり大雑把かつシンプルなものになりますが、利用履歴もしっかり見られるので安心してください。



福岡銀行の口座を持っていない場合の残高確認の方法



福岡銀行カードローンは福岡銀行の口座を持っていなくても借り入れができます。



しかし、福岡銀行の口座がなければダイレクトバンキングも利用できないので、ここまで書いてきた方法での残高確認はできません。


その場合はどうするのかというと「ATMにローンカードを挿入して確認する」という方法になります。



福岡銀行カードローンの審査に通貨すると、白銀色でICチップがついたローンカードが発行・郵送されます。


これをコンビニATMや提携銀行ATMに挿入して借入・返済をするのですが、残高照会もこのローンカードによってできるのです。



ATMによっては一部残高照会の機能が使えないこともありますが、基本的に借入・返済ができるATMなら残高確認も出来るようになっています。






口座なしでWebで残高確認をしたい場合、ネットワン支店がおすすめ



ここまで書いた通り福岡銀行の口座がない場合は「ATMでローンカードを挿入して残高確認をする」という方法になります。



しかし「ATMまで行くのは大変だから、パソコンやスマートフォンでネットで確認したい」ということもあるでしょう。



その場合はやはり福岡銀行での口座開設が必要になりますが、支店は「ネットワン支店」がおすすめです。


これはいわゆる「インターネット支店」で、通常の実店舗の口座開設より早く手続きが完了します。



インターネット支店ということで、多少利用できる機能に制限がありますが、福岡銀行カードローンの残高確認くらいは問題なくできます。


口座開設完了まで多少の時間はかかりますが、一度開設したら簡単に残高確認ができるようになるので、ぜひチェックしてみて下さい。



福岡銀行カードローンの残高確認をして、限度額が減っていた場合





銀行カードローンや消費者金融で残高確認をすると、借入限度額も同時にチェックできることがほとんどです。



今の利用残高だけでなく「残りの借入可能金額」も表示されるので、そこから与信枠をチェックできるわけですね。


この時「いつの間にか融資限度額が減額されていた」ということもあるでしょう。



減額については連絡してからする銀行カードローンやクレジットカードが多いですが、中には「連絡なしで減枠する」という所もあります。



福岡銀行カードローンの場合はどちらかわかりませんが、何も身に覚えがない場合は一度問い合わせをしてみましょう。



福岡銀行カードローンの側だけでなく、その時利用したATMネットワークの不具合で、限度額が間違って表示されることもあります。


ATMネットワークというのは、たとえばファミリーマートやミニストップなら「E-net」、ローソンなら「ローソンATM」などです。



福岡銀行カードローンの側に何もミスがなくても、こうしたATMの管理者側で間間違いが起きたという可能性もあるので、まずは一度問い合わせてみましょう。



そして、万が一「利用状況が悪かったので減額させていただいた」という回答だったら、延滞・滞納などその原因となった問題を解決して、信頼を回復させる必要があります。


私が過去にクレディセゾンのキャッシング枠で30万円から20万円に減額された時は1カ月で回復したので、意外と早く回復するものだと思ってください。



こうした体験談については、福岡銀行カードローンの利用全般についての口コミを調べると多く見つかるでしょう。



福岡銀行カードローンの残高確認を小まめにして早期完済しよう





福岡銀行カードローンだけでなく、どの銀行キャッシングや消費者金融でも同じですが、残高確認をひんぱんにすると早期返済がしやすくなります。



中には例外となる方もいますが、基本的に残高確認を小まめにするような人は完済へのモチベーションが高いので、返済の努力を自然とするからです。


全然返済をしない利用者にとっては残高確認はストレスになるので、なかなか返済できない人ほど、私の経験からと言うと「残高を見ない」ものです。



ある意味、銀行カードローンやクレジットカードの残高確認をするというのは「現実を直視する」ということなのです。



どんな分野でも現実を直視するほど結果を出しやすくなるのは、言うまでもないことでしょう。


そのため、福岡銀行カードローンでお金を借りた後早めに全額返済したいと思っている場合は、残高確認を定期的にするようにして下さい。



そうすれば早期に完済することができ、最終的な利子総額も小さくなるでしょう。