あなたが福岡銀行カードローンをすでに利用している場合「今の借入限度額では足りない」ということもあるでしょう。



そのような時、福岡銀行カードローンに増額申請をすれば極度額を増やしてもらえることもあります。


ここでは、福岡銀行カードローンで利用限度額を増額してもらうための方法やポイントをまとめていきます。



なお、福岡銀行で増額するくらいなら、即日融資もOKなSMBCモビットからお金を借りたほうが、話が早いです。


なぜなら、SMBCモビットなら、SMBCモビットなら、来店不要で即日融資もできる上、入力項目が業界最小級であり簡単だからです。



さらに、電話連絡もないので、職場や家族にバレずに融資を受けられる
など、メリットが多いです。




●SMBCモビットなら最短30分で即日融資もok。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット


・ 最短30分で来店不要
・ WEB完結なら電話も郵送もなし
・ だから、家族バレの心配なし

審査に通るか不安なら・・・

・ 10秒簡易審査


SMBCモビットバナー


福岡銀行カードローンの増額申請で、利用限度額はいくらまで増えるか





福岡銀行カードローンに増額の申し込みをして利用可能枠がどれだけ増えるかは、当然ユーザーによって異なります。



具体的には下のような条件によって金額が変わると思ってください。



  • 年収・月収
  • 他社借入総額・件数
  • 利用期間
  • 延滞・滞納の有無
  • 職業・雇用形態
  • 現時点の借入残高


それぞれ説明していくと、まず年収・月収については当然多い方が有利になります。



単純に年収の金額だけで決まるわけではなく、その人の職業の安定性なども考慮されます。


たとえば、同じ年収300万円だったとしても公務員と個人事業主・自営業では増額してもらえる確率がまったく異なります。



当然公務員なら増枠しやすく、自営業・個人事業主は不利となります。



明確な目安はありませんが、大体感覚的には、個人事業主・自営業やフリーランスだと公務員や正社員の2倍の収入が要求される、というのが自営業の私の実感です。


他社借入総額・件数については、当然少ない方が有利になります。



有利というより、むしろ福岡銀行カードローンのように審査が厳しいところでは他社借入があると増額できないことが大部分です。


ただ、これもその他社でのキャッシングの内容によります。



消費者金融で借りているよりは銀行カードローンやクレジットカード会社で借りている方が有利になりますし、それぞれ審査が厳しい業者・銀行で借りている方が有利です。


たとえば消費者金融だったら、モビット・プロミス・アイフルなどの大手は有利になり、中小業者で借りている場合は不利になります。



「大手で借りられなかったから、こういう街金業者で借りたんだな」と思われるからです。



借入件数については明確な基準はないものの、消費者金融の世界で「3件規制・3件ルール」というものがあります。



すでに3件以上借りている人に対しては融資しないというもので、これは増額審査の時も適用される可能性が高いでしょう。


つまり、もし福岡銀行カードローンも含めて全てのキャッシング件数が3件以上だったら、他の条件がいくらよくても増額申請はできないということです。



利用期間については、当然長い方が有利になります。



長期間返済の延滞・滞納がなく利用していたという場合、そのクレジットヒストリーによって信用されるので、同じ条件でも増額審査の通過率は高くなるのです。


職業については、業界自体の安定性、勤務先の規模や知名度などあらゆる条件で審査されます。



また、派遣社員やアルバイト・パートなどの雇用形態も当然重要になります。


同じアルバイトでも民間の零細企業で働くよりは、官公庁などで勤務している方が信用されます。



このように、借入審査の時と同様あらゆる方面から信用度をチェックされるのが増額審査です。



福岡銀行カードローンでもこれらの条件を元に信用度・クレジットスコアが審査され、あなたの利用限度額が決定されると思ってください。



以下の記事では、増額の問い合わせ方法や金額アップの条件について解説していますので、参考にしてみてくださいね。



福岡銀行カードローンの審査&増額の口コミ!金利は低い?高い?



福岡銀行おまとめ・フリーローン「ナイスカバー」も極度額を増額できる?



福岡銀行には、カードローンとは別に「おまとめ・フリーローン ナイスカバー」という商品もあります。



例外はありますが、このフリーローン・おまとめローンの方でも増額は可能です。


ただ、通常の福岡銀行カードローンの増額・増枠よりは、少々難しくなると思ってください。



理由は、フリーローンやおまとめローンは、その性質上何度も増額するものではないからです。


まず、おまとめローンの増額が基本的にあり得ないというのはわかるでしょう。


「多重債務の一本化をして、そこから借入残高を減らしていく」という目的のローンですから、増えたらおかしいのです。



一方のフリーローンはどうかというと、これも「家のリフォームのために50万円必要なので融資してください」と、利用目的と金額を告げて、その金額分を借りるものです。



このフリーローンで増額をするということは「また別の用事でお金が必要になった」ということです。


「リフォームが思ったより金額が必要でした」というのは、それがやむを得ない事情でない限りは「何かにつけて見通しが甘い人」ということで、福岡銀行の側も信用してくれないですからね。



そのため、別の利用目的で申し込むことになりますが、その場合も「何でそんなにお金が必要になるのか」という点で、厳しく審査されます。



普通の人は、どんな用事にしても1回借金が必要になった時点で「今後は支出を減らすようにしよう」と思うものです。



私も多重債務者なので人のことは言えませんが、こうした節制が苦手な人というのは、金融機関からは信用されません。


そのため、フリーローンの増額はカードローンの増額よりも厳しいのです。



代わりに利用用途によってはかなりの低金利で借りられるので、審査に通る自信があればフリーローンを利用するのもおすすめです。


何とも、福岡銀行のナイスカバーをすでに利用している場合、増額・増枠の申請はかなりの信用度がないと厳しいと思ってください。



福岡銀行カードローンと目的別ローンの違い、限度額はどっちが多い?



あらためて、福岡銀行も含めたすべてのカードローンと、目的別ローンの違いをまとめると下の通りです。



  • カードローン…限度額の範囲内で何度でも借入・返済できる
  • 目的別ローン…最初に一度、必要金額をまとめて借りる。後は返済するだけ


利用用途については下のような違いがあります。



  • カードローン…資金使途自由(事業性資金は除く)
  • 目的別ローン…申請した使い道のみ(請求書や見積書などを提出することも多い)


「目的別ローン」という名前通り、利用目的を明確にして審査でも証明する必要があるんですね。



明確な資金使途があり、しかもそれが真面目な使い道だったら返済不能のなる可能性は低いと見られ、低金利で借りられるのです。


住宅ローンや自動車ローン、教育ローンやトラベルローンなども、すべて目的別ローンです。



最近では歯科治療専用のデンタルローンなど、資金使途がさらに限定された目的ローンも登場しています。


何とも、これらの場合は「いくら必要か」というのが明確に決まります。



そのため、最初に必要な金額がまとめて融資されて、それ以後はひたすら返済するだけという流れになるのです。



一方、カードローンの場合は、福岡銀行でもその他の銀行でも「借入限度額」が与えられるだけです。



その与信枠の範囲内ならいつでもいくらでも、自由に借入・返済ができるというシステムです。


また、与信枠だけもらってまったく借りないということも可能です。



福岡銀行でもその他の金融機関やキャッシング業者でも、カードローンの方が目的ローンより自由度が高い分、金利が高めに設定されています。



しかし、長期間・高額融資を受けない限りは実際の利子総額の差はたかが知れているので、普通の借り入れだったら金利をそこまで気にする必要はありません。


福岡銀行カードローンの増額審査に通りやすくする方法・コツ



福岡銀行カードローンの増額審査で通過率を上げるための方法・コツは、すぐにできるものとしては「クレジットカードの解約」があります。



使っていないクレジットカードを解約することで、増額でも借り入れの審査でも通りやすくなるのです。


理由は、クレジットカードが少ない方が破産のリスクが低くなるからです。



たとえば、一枚のクレジットカードで20万円のショッピング枠があったら、その申し込み者は今から20万円借金することが可能です。



現時点ではまだ借りていなくても「借り入れ予備軍」と言えるわけです。


福岡銀行カードローンの審査担当者としては、当然「借り入れする可能性がある人」よりは「ない人」の方を信用するでしょう。



そのため、使っていないクレジットカード解約した方がいいのです。



「逆に、使っているクレジットカードはどうしたらいいか?」と思うかもしれません。



これは、まだ融資残高が残っていたらすぐに解約はできないものです。



しかし、ショッピング枠を減額してもらうことはできるので、クレジット会社に問い合わせて減枠をしてもらいましょう。


そうすることで「追加の借金を他でする意志がない」ということを福岡銀行カードローンに示せば、増額してもらえる可能性が高くなります。



このような対策は金額自体に価値があるというより「そういう姿勢を示すこと」に価値があるのです。


たとえば10万円の減額をして臨むだけでも「少なくとも、この申込者は福岡銀行カードローンを甘く見てはいない」ということが伝わります。



「内心では甘く見てるかもよ?」と思うかもしれませんが、それは違います。



「甘く見ていると思われてはいけない」と、丁重な態度を取る時点で、たとえ演技でもその人は、相手を甘く見てはいないのです。


少なくとも「演技をする必要があるくらいには、価値がある存在」として相手を認めているということです。



そのように銀行カードローンや消費者金融に対する「礼儀」をわきまえている人は、大体返済でも遅延・延滞をする確率が低いものです。



また、万が一遅れてしまう場合も、しっかり連絡するものです。


私は逆のタイプなのでこれを書きながら深く反省していますが、カードローンの申し込みでも増額審査でも「外面の行動を正しく整える」というのは大事なのです。



福岡銀行カードローンの増額審査のためにクレカを解約するという「外面を整える行為」も、そうした本質的な意味があると理解してください。



福岡銀行カードローンで増額ができる金額は、年収の3分の1まで?





福岡銀行カードローンの増額についての口コミ・評判を見ていると「最大で年収の3分の1までしか増額されない」というものがよく見られます。



このようなクチコミ・評判がある理由は、消費者金融を規制する貸金業法の総量規制というルールがあるからです。


総量規制では「年収の3分の1までしか融資してはいけない」という規則になっています。



「年収の3分の1以上借りてはいけない」とユーザーの側を規制するものではなく、「貸してはいけない」と融資する側を規制する法律です。


どちらを規制するかはともかく、消費者からしたら、消費者金融では「年収の3分の1以上は絶対に借り入れできない」ということになります。



では銀行カードローンはどうかというと、貸金業法ではなく銀行法で管理されているので、総量規制は関係ありません。


しかし、あくまで法的には関係ないというだけであって、実際には銀行カードローンも総量規制はある程度意識しています。



また、2017年の1年間銀行カードローンに対する規制が検討された結果、「年収の2分の1まで」という総量規制のようなルールが制定される可能性があります。


これは、2018年1月27日の朝日新聞の「カードローン、年収の2分の1 各銀行が融資上限 金融庁検査」という記事に書かれています。



この報道通りに法律が決まれば「福岡銀行カードローンで増額される金額も年収の半分まで」となるでしょう。



ただ、実際にはこれはあくまで「マックスで借りられたら」の話であって、実際にはもっと低い金額で与信枠が設定されることが多いと思ってください(たとえ増額されても)。


福岡銀行カードローンの増額審査で収入証明書の提出は必要?





福岡銀行カードローンで融資極度額の増枠を申請するとき、所得確認資料を提出する必要はあるか、気になるところでしょう。



クチコミ・体験談を見ていると、必要だったこともあれば、なかったこともあるようです。


私が思うに、最終的にその申込者の信用度・クレジットスコアや借入状況次第でしょう。



すでに多くの融資残高があれば、当然十分な年収があるか、年収証明書を審査するべきです。


逆に借入残高がほとんどなく、また現時点の融資限度額も低いということであれば、収入確認資料をチェックせずに増額してしまっても問題ないでしょう。



また、会社員・OL・公務員だったらあまり年収が変動しないため、1年間なら年収証明書を審査しなくても増額してしまってかまわないといえます。


逆に会社経営者や個人事業主・フリーランスになると、毎年年収が激しく上下するので、やはり所得証明書を提出させるべきです。



このように、その増額申請をした利用者の年収・職業・キャッシング状況などによって、福岡銀行カードローン側の判断も分かれるでしょう。



何はともあれ、収入証明書を提出して増額ができないようであれば、金融のプロから見て「増額しない方が本人のため」ということですから、それは素直に従ってください。


私も多重債務者なのでよくわかりますが、お金を借りる人よりお金を貸す人の方が、お金のことはよく知っているのです。



お金を借りようとしている時点で、自分は金融やファイナンスのことについて何もわかっていない、少なくとも銀行員や消費者金融の社員さんほどではない、ということをよく理解しましょう。


金銭感覚が人間の全てではないので、別にお金のことがわかっていないから悪い、ということではありません。



ただ、自分より優れている人の決定には、素直に従った方がいいということです。



福岡銀行カードローンの増額審査の合否も含め、生活のあらゆる場面でこのような哲学があると思ってください。



●SMBCモビットなら最短30分で即日融資もok。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット


・ 最短30分で来店不要
・ WEB完結なら電話も郵送もなし
・ だから、家族バレの心配なし

審査に通るか不安なら・・・

・ 10秒簡易審査


SMBCモビットバナー