あなたがこれから北海道銀行カードローンの審査に申し込もうとしていたら、保証会社がどこかが気になるでしょう。



保証会社とは審査を担当する会社のことですが、その保証会社次第で審査基準や難易度も変わるからです。


ここでは北海道銀行カードローンの保証会社と審査について詳しくまとめていきます。



北海道銀行カードローン・ラピッドの保証会社はアコム





道銀カードローン「ラピッド」の保証会社を務めるのはアコム株式会社です。



アコムは日本最大手の消費者金融の一つなので、知っている人がほとんどでしょう。



「消費者金融のアコムが保証会社ということは、北海道銀行カードローンの審査基準は消費者金融並みなのか?」と思うかもしれません。


しかし、そのようなことは全くありません。



アコムはあくまでキャッシング審査のノウハウやスコアリングのシステムを提供するだけであって、審査基準は北海道銀行カードローンや金融機関のレベルに合わせています。


つまり「審査するのはアコムだけど、決して審査が甘くはない」ということです。



銀行カードローンの平均レベルということで、消費者金融やキャッシング業者と比較すると厳しくなります。



住宅ローンやマイカーローンなどの目的別ローンと比較するとやや甘くなるので、要は比較の対象にもよります。


ただ、多くの人がイメージする「審査がゆるい」に該当することはまったくなく、北海道銀行カードローンの審査基準は厳しいと考えてください。



道銀カードローンの審査に落ちた!原因は保証会社?



この記事を読んでくれているあなたは、すでに北海道銀行カードローンの審査に申し込んで落ちてしまった後かもしれません。



その場合「審査落ちの原因は保証会社がアコムだったことか?」と疑問に思っていることもあるでしょう。



過去にどこかのクレジットカード会社や銀行カードローン、あるいは消費者金融などで、返済の延滞・滞納などの何らかのトラブルを起こしている場合、その可能性があります。


キャッシングの知識がある人ならよく知っているでしょうが、これは「グループブラック・内部ブラックリスト」というものです。



アコムは北海道銀行カードローン以外でも保証会社を担当しているので、それらのクレジットヒストリーが共有されているということですね。


具体的には下のような内容が共有されている可能性があります。



  • 審査申込みの履歴(落ちたことも含め)
  • 現時点での借入状況
  • 過去の審査で申告した職業や年収
  • 返済状況(延滞・滞納などを含む)


これらの内容で何か問題があれば、それが北海道銀行カードローンの審査でも共有されて、審査に通らなくなるという可能性はあります。



遅延・延滞などは誰でも想像がつくでしょうが、一番落とし穴といえるのは「過去の審査で申告したデータ」です。


  • 年収・収入
  • 貯金額
  • 居住年数
  • 勤続年数


これらの、申込み時に申告するデータですね。



北海道銀行カードローンも含めて、ほとんどのキャッシング審査では年収は自己申告で、収入証明書を提出する必要はほぼありません。



そのため「審査に通るために年収を多めに書く」という申込者は多くいます。



しかし、もし前回の借入先の保証会社がアコムだった場合、その時の情報が北海道銀行カードローンの審査でも再度チェックされます。


そして、前回の申込情報と相違点があれば、下のように不審がられるわけです。



  • あれ、何で1年でこんなに年収増えているんだ?
  • 同じ勤務先なのに、何で勤続年数が急に伸びているんだ?
  • 居住年数も計算が合わないぞ


審査に通るために多めの収入を申告するというのは、多くの人がよくやってしまうことですが、保証会社のことを考えると「実はかなり危険」なんですね。



このような理由で、過去にアコムが保証会社を務めるクレジットカード会社などで虚偽申告も含めて何らかの問題を起こしていた場合は、ラピッドでも審査落ちの原因となります。



北海道銀行カードローンの審査基準は厳しい?それとも甘い?



北海道銀行カードローンの審査基準が甘い・ゆるいか、それとも厳しいかは、比較する借入先によります。



簡単に分けて書くと、下のようになります。



  • 住宅ローン・教育ローンなどと比較…ゆるい・甘い
  • 消費者金融・クレジットカードと比較…厳しい


住宅ローンや教育ローンと比べると審査が甘くなるというのはわかるでしょう。



住宅ローンはありとあらゆる個人の借り入れの中で最も審査が厳しいものですし、教育ローンも子供の大学進学など決まったタイミングでないと申し込みにくいからです。


一方、消費者金融と比較すると北海道銀行カードローンの方が断然審査が厳しいというのも、一般常識で理解できるかと思います。



クレジットカードについては、クレカによって審査難易度・審査通過率が大分異なるので、どのクレジットカードと比べるかにもよります。



例えばアメックスプラチナと比べると北海道銀行カードローンの審査は断然甘いですし、三井住友VISAのゴールドなどと比べても、やはりラピッドの方が審査に通りやすい可能性があります。


逆にクレジットカードの中でも特に審査基準が緩いといわれるアコムのACマスターカードなどは、北海道銀行カードローンより断然審査に通りやすいでしょう。



他にも即日発行ができる流通系クレジットカードなどは、北海道銀行カードローンよりやや審査が甘いと言ってもいいかと思います。



このように、北海道銀行カードローンの審査難易度がどのくらいのレベルかは比べる貸付商品によるのですが、全体的には「銀行カードローンの標準レベル」と思ってください。



以下の記事では、北海道銀行カードローンの審査に関する口コミを紹介していますので、参考にしてみてくださいね。



北海道銀行カードローンの審査の口コミは?限度額増額も可能?



北海道銀行カードローンの審査になぜ保証会社があるのか?



「そもそも、北海道銀行カードローンも含めて金融機関のキャッシング審査でなぜ保証会社があるのか」という疑問もあるかもしれません。



北海道銀行が自分で審査すればいいのでは、ということですね。


結論を言うと「自社で審査をしてもいいが、時間や手間がかかる」という理由で外部に発注しているのです。



これは全然おかしな話ではなく、たとえば「製造から流通まで全て手がける」業態でのし上がったユニクロでも、素材は東レなどに任せています。



どんな業界のどんな巨大企業でも、すべての事業過程を自社でこなすということはできないのです。


これは銀行カードローンの審査でも同じで「審査に関して優れたノウハウを持っている会社があれば、そこに任せた方が合理的」ということは多いのです。



アコムは1960年代から消費者金融事業を始めた、個人向けキャッシングのパイオニアと言える企業です。


すでに50年以上という長い年数、この事業を営んでいるのですが、そこで蓄積された審査に関するノウハウは膨大なものです。



「この職業でこの年収で、初回でこれだけ借りた人の貸し倒れ率は○○%」というように、大量のデータが蓄積されているのですね。


そこに現代のAI(人工知能)の技術が加わるので、自動与信システムだけでもかなりの精度で審査をできるのです。



さらにそこから人間による審査もしますが、その時のノウハウもやはりアコムが長年培った独自の高い技術があります。



このような与信・審査のノウハウは一朝一夕で真似できるものではないので、北海道銀行カードローンもアコムを信頼して任せているのです。


もちろん、実際にしっかり返済してくれるかどうかは利用者次第なので、たまには貸し倒れが発生することもあります。



その場合は保証会社という名前通り、アコムが連帯保証人のようになって、その利用者の返済分を肩代わりします。


これにより、北海道銀行カードローンは督促などをかけなくてもよくなるのです。



代わりに、立て替えた分はアコムが利用者に対して回収にかかります。



正確には債権回収会社という専門の企業を通して行いますが、こうした「貸し倒れ時の責任も取ってくれる」ということで、保証会社は銀行カードローンにとって便利なのです。


これらの理由を知れば、北海道銀行カードローンも含めて多くの銀行キャッシングで、アコムやSMBCコンシューマーファイナンスを保証会社として利用していることも納得できるでしょう。



北海道銀行カードローンの保証会社は、道銀の他商品でも共通?





北海道銀行は、カードローン「ラピッド」以外にも多くの貸付商品を提供しています。



それらの他の貸付商品でも保証会社はアコムなのかが気になるかもしれません。



結論を言うと、他の貸付商品ではアコム以外の保証会社が付いているものもあります。


たとえば、マイカーローン・教育ローン・リフォームローンでは、2種類の保証会社がついています。



1次保証会社が道銀カード株式会社、2次保証会社が株式会社オリエントコーポレーションです。


1次・2次というのは「一度審査に落ちてももう一度チャンスがある」ということです。



つまり、あまりクレジットスコアが高くない申込者の場合は、2次のオリエントコーポレーションの方で審査に通ることが多くなります。



この北海道銀行の二段階の審査サービスを「リトライサービス」といいます。


私も北海道銀行とは別の賃貸マンションの審査で体験したことがありますが、これはクレジットスコア・信用度が低い利用者にとっては便利なシステムです。



私の時は、一度目の保証会社で断られて、その後もう少し保証料が高い保証会社で申し込んだら通りました。



その時の不動産会社の担当者の方も「私も一度落ちた後、別の保証会社で通りました」と言われていたので、不動産の賃貸審査では、リトライサービスのような仕組みはよく見られるのかもしれません。


何はともあれ、このようにカードローン・ラピッド以外の貸付商品だと、北海道銀行ではアコム以外の保証会社が付くこともあります。



北海道銀行カードローンの保証会社のクレヒスを有効活用しよう





ここまでは「保証会社の内部ブラックリストが原因で審査落ちすることがある」という風に、ネガティブな側面を書いてきました。



しかし、裏を返せば北海道銀行カードローンでいいクレジットヒストリーを積んでいれば、それが保証会社のアコムを通じて他でも生かされるわけです。


たとえばアコムは多くのクレジットカードの保証会社を担当していますが、そのクレカの審査で通りやすくなるわけですね。



クレジットカードだけでなく、アコム自体で借りる時もそうですし、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」など、アコムと関連する銀行カードローンで申し込む時も同じです。



いわばアコムは「顔の広い会社」なので、そこでいい利用実績を積むことは、多くの場所で有利になるのです。


このように、北海道銀行カードローンでお金を借りていい返済実績を積むことは、あなた自身にとってもプラスになります。



本来、遅れないように返済するのは当たり前のことですが、上のような意味もあるので、その点も意識して、しっかり支払いをしましょう。