じぶん銀行カードローン問い合わせ方法

KDDIなど大企業が出資していて、安心して利用できるじぶん銀行カードローンですが、申し込み方法などわからないことがあればフリーダイヤルで問い合わせできます。

しかし、銀行カードローンなので土日祝日も平日と同じくフリーダイヤルの対応をしてもらえるのか気になりますよね。

じぶん銀行カードローンの問い合わせ方法、フリーダイヤルの営業時間や利用方法を解説します。

じぶん銀行カードローンの問い合わせ方法

じぶん銀行カードローン問い合わせ方法

じぶん銀行カードローンの申し込みや利用方法でわからないことがあるときに、どのように問い合わせすればよいのか確認しておきましょう。

フリーダイヤルの電話番号と営業時間

じぶん銀行カードローンには、「ローンセンター」と呼ばれる問い合わせフリーダイヤルがあります。

ローンセンターでは、じぶん銀行カードローンの申し込みや利用方法について、不明点や相談したいことがあるときに電話で問い合わせをすることができます。

ローンセンターには、それぞれ役割が違う2つの電話番号があります。

  • 新規申し込みについての問い合わせ…0120-926-800
  • 契約後の各種手続きや利用状況の照会…0120-926-222
  • 申し込みをして契約手続きが完了し、お金を借りるまでの流れについては新規申し込み用の番号を利用します。

    申し込みをする前に借り入れ条件などを相談したいときや、審査結果がなかなか来ないとき、契約手続きのやり方で分からないことがある時などはこちらです。

    もうひとつは、実際にお金を借りた後の利用方法や限度額など、契約後の会員向けフリーダイヤルです。

    借り入れ残高や返済についての問い合わせや、ATMの使用方法、返済が遅れそうなとき、カードを紛失してしまったとき、再発行が必要なときなどはこちらの番号を利用します。

    フリーダイヤルの受付時間は、平日は9:00~20:00まで、土日祝日は9:00から17:00までです。

    ただし、年末年始は休業のため自動音声しか利用できません。

    年末に相談したいことがあるときは、早めに問い合わせをしておくようにしてください。

    オペレーターに繋がるまでの操作方法

    じぶん銀行カードローンのフリーダイヤルでは、電話がつながるとすぐにオペレーターが出るわけではありません。

    電話がつながるとまず自動音声が流れますので、問い合わせ内容に該当するメニュー番号を数字で入力します。

    担当者が混み合っていなければその後すぐにオペレーターにつながります。

    問い合わせ内容によって電話番号が変わりますので、事前に確認してから電話をかけましょう。

    さらに、相談する内容に応じた適切なメニュー番号を入力することがスムーズな問い合わせのコツとなります。

    申し込み、審査に関する問い合わせ

    じぶん銀行カードローン問い合わせ方法

    これからじぶん銀行カードローンに申し込む場合や、審査の手続きについての問い合わせ方法を詳しく見ていきましょう。

    新規申し込みについての問い合わせ

    じぶん銀行のローンセンターでは、カードローン申し込みにあたって不明点があるときは、事前に新規申し込みについての相談ができます。

    例えばau限定割や借り換えコースなど、金利が優遇されるコースがありますが、あなたの状況でそれらが適用されるかどうか分かりにくい場合は、念のためローンセンターに問い合わせしておいた方が安心です。

    そうすることで、申し込みをした後に適用されないことが判明するといった時間の無駄を防ぐことができるからです。

    その他にも、在籍確認についての要望が聞いてもらえるかどうかや、自営業や個人事業主が申し込むときに、借り入れ条件を満たすかどうかなど、不安な点があれば何でも相談してみましょう。

    フリーダイヤルで通話料はかかりませんので、時間は気にせず納得できるまで相談できます。

    審査結果メールが届かないときは

    じぶん銀行カードローンに申し込みした後の審査の進行状況についてもフリーダイヤルから問い合わせすることができます。

    たとえば、審査結果のメールがなかなか届かないときは、メールアドレスの登録が間違えていたのではないかなど不安になりますよね。

    気になることがあるときは遠慮なく電話をかけて相談してみましょう。

    フリーダイヤルにつながった後に音声ガイダンスが流れ、要件に応じて数字を入力するようになりますが、審査に関する問い合わせは「申込み中の手続きに関する問い合わせ」の2番を入力します。

    私は、平日の夜や土日にフリーダイヤルで相談できるのは、じぶん銀行カードローンのメリットだと考えています。

    他社の銀行カードローンは土日は閉まっており、フリーダイヤルで相談できないこともあるからです。

    じぶん銀行はKDDIと三菱UFJ銀行が出資した大手銀行なので、このあたりのサービスはさすがと言えるでしょう。

    返済についての問い合わせ・相談方法

    じぶん銀行カードローンでお金を借りた後の限度額や返済についての問い合わせ方法も確認しておきましょう。

    特に、万が一支払いが遅れそうなときのフリーダイヤルでの相談は大変重要なポイントとなります。

    限度額や返済額の確認はネットの会員ページで

    じぶん銀行カードローンの現在の限度額や借り入れ残高、次回の返済日や返済額などはネットの会員ページで簡単に確認することができます。

    会員ページは「じぶんローン取引サイト」という名称で、あなたの自宅のPCやスマホからログインして各種手続きをすることができます。

    一般的にネットの会員ページは銀行カードローンよりも消費者金融の方が充実していることが多いですが、じぶん銀行カードローンの会員ページは消費者金融に匹敵する便利さがあります。

    ここはじぶん銀行を選ぶメリットとなるでしょう。

    現現状いくら借りてるかや、次回の返済がどのようになるかなどは、スマホでささっと確認することができます。

    私は、PCやスマホの操作が苦手でも、できるだけ会員ページの使い方は覚えておいた方が良いと考えています。

    ネットの会員ページなら24時間365日いつでも確認できるため、フリーダイヤルが閉まっている時間でも確認できるからです。

    さらに銀行振込での借り入れ申請も会員ページからできますので、急いでお金を借りたいけどATMに行く暇がないという状況でも借入申請がしやすいです。

    PCが苦手でも使い方はすぐに覚えられますので、ぜひ積極的に活用するようにしてください。

    以下の記事では、じぶん銀行カードローンのログイン方法について解説していますので、参考にしてみてくださいね。

    じぶん銀行カードローンにログイン!金利・限度額・審査も紹介

    返済についての相談はフリーダイヤルへ

    じぶん銀行カードローンのローンセンターでは、毎月の返済についての相談をすることもできます。

    例えば今月の返済にどうしても遅れてしまいそうという状況ならば、返済日が来る前にフリーダイヤルに相談しておくことをおすすめします。

    フリーダイヤルで遅れてしまうやむを得ない事情を相談することで、どのように対応すればよいか案内をしてくれるからです。

    大切なのは返済に遅れそうになったことがわかった時点で、できるだけ早く相談するということです。

    私は、万が一返済に遅れる場合でも、こういったフリーダイヤルでの相談を行うことで、突然出金が停止されるといった事態を避けることができると考えています。

    同じ返済遅れでも、無断で遅れるのに比べて早い段階で相談していた方が印象が良くなるからです。

    また、返済日の当日に引き落としされていないことに気づいたときも、すぐにフリーダイヤルに電話をして相談することが大切です。

    銀行営業時間内なら、その日のうちに返済額を振り込みで支払うことで、当日の返済に間に合った扱いにしてもらえる場合があります。

    しかし、連絡が翌日になると返済を1日遅れたという扱いになりますので、増額審査をするときなどに要因となってしまいます。

    期日通り約定返済を行うことはカードローンの返済で最も重要なことなので、引き落とし日当日は引き落とされてるか確認をして、万が一引き落とされていなかった場合は、すぐにフリーダイヤルで相談するようにしてください。