インターネット上でクレジットカードについての口コミ・評判を見ていると「ライフカードからの乗り換え先を探している」という内容が多く見られます。

なぜライフカードから乗り換えるのかという点がまず疑問に感じられるでしょう。

この記事ではその点から解説し、ライフカードからの乗り換え先としてどのクレジットカードがおすすめかをまとめます。

ライフカードからの乗り換え先を探すユーザーが多い理由

ライフカードから他のクレジットカードに乗り換えようとするユーザーが多いのは「改悪」が原因です。

ライフカードは「誕生月のポイント還元率の高さ」がメリットだったのですが、それが下がってしまったんですね。

具体的にどのくらい下がったのかを解説します。

誕生月のポイントの交換レート改悪で、5%から3%にダウン

改悪前のライフカードのポイント付与率は、誕生月は常時5.0%というものでした。

たとえば10万円のショッピングをしたら5000円のポイントをもらえたということです。

100万円なら5万円なので、かなり大きなメリットだったことがわかるでしょう。

この誕生月のポイント付与率・交換レートが3%まで下がってしまったため、改悪という不満の声が多くあがったのです。

そして、ライフカードから他のクレジットカードへの乗り換えを検討する利用者が増えたんですね。

ライフカードの改悪についての利用者の評判・口コミ

ライフカードのポイント還元率が下がったことについての評判・口コミの内容はさまざまです。

その中で私が賛同したのは「クレジットカード全体でポイント付与率の下落が続いているから仕方がない」というものです。

たとえば、以前高還元クレジットカードの代表として知られていた「漢方スタイルクラブカード」は、今は廃止されてしまいました。

また、税金でポイントを貯めるテクニックとして有名だった「楽天カードからnanacoへのチャージ」も、ポイントが付与されなくなりました。

このように、あらゆる場所でポイント・マイルの還元に関する改悪が続いているんですね。

「クレジットカード業界全体の流れだから仕方がない」という意見は、一番正しいと私は思います。

ライフカードの乗り換え先を探すより、サブカードとして残すべき

あくまで私見ですが、ライフカードからの乗り換え先のクレジットカードを探すよりも、サブカードとして保有し続ける方がいいかと思います。

理由は、誕生月のポイント付与率では今でもライフカードが圧倒的に高いからです。

3.0%というのは、楽天カードを使って楽天市場でショッピングをする時の還元率です。

それがどんな買い物でも適用されるわけですから「誕生月専用のサブカード」として持っておくのは悪くないでしょう。

なお、乗り換え先を探す場合、アイフルが保証会社を担当しているクレジットカードは避けた方がいいかもしれません。

理由は、アイフルはライフカードの親会社なので「解約した」というマイナスの事実が審査で不利に働く可能性があるからです。

アイフルが保証会社になっているクレジットカードはほとんどありませんが、一応申し込み前にそのクレカの保証会社を確認するようにしましょう。

ライフカードからの乗り換え先は、オリコカードがクチコミで人気

ライフカードからの乗り換え先として口コミ・評判で人気になっているクレジットカードの1つがOrico Card THE POINTです。

私が見る限り、理由は「ポイント還元率が高い」ということです。

Orico Card THE POINTはamazonで2%、Yahoo!ショッピングと楽天市場で3%と、ネット通販で非常に高い還元率を誇っています。

また、ネットショッピングだけではなく、どこで買い物しても適用される常時還元率も1.0%と高還元になっています。

加えてQUICPayとiD(アイディー)の2種類の電子マネーの一体型なので、コンビニエンスストアなどでの支払いも非常にスムーズです。

このように総合的に利便性が高いクレジットカードなので、オリコカードザポイントがライフカードからの乗り換え先として人気なのだと私は感じます。

ライフカードの乗り換え先、メインにするならジザイルもおすすめ

ライフカードをメインカードにしていた状態から、乗り換え先のクレジットカードをメインカードにする場合、DCカード Jizile(ジザイル)もおすすめです。

理由は常時還元率が1.5%と、全てのクレジットカードの中で最高になっているからです。

先に紹介したオリコカードザポイントの場合、常時還元率は1.0%でした。

つまり、どんな店舗やネットショップで買い物しても還元される度合いとしては、DCカード Jizile(ジザイル)はOrico Card THE POINTの1.5倍なのです。

「いや、私はamazonや楽天市場でよく買い物するから」という場合は、Orico Card THE POINTの方がいいでしょう。

しかし、そうでないならDCカード Jizile(ジザイル)の方が全体的に得する可能性もあります。

あなたがどんな場所で普段買い物するかも考えながら、ライフカードからの乗り換え先を探してみて下さい。