あなたがライフカードの審査に申し込んでいたら、その審査状況を知りたいと思うでしょう。



ライフカードは審査状況が今どうなっているか、照会することができます。


この記事ではその照会方法を解説します。



ただ、ライフカードの審査に手間取るくらいなら、即日融資もOKな『SMBCモビット』からお金を借りたほうが、断然、話が早く、メリットも大きいです。 ※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。



なぜなら、SMBCモビットなら、来店不要で即日融資もできる上、入力項目が業界最小級であり簡単だからです。その上、電話連絡もないので、職場や家族にバレずに融資を受けられます。




●SMBCモビットなら最短30分で即日融資もok。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビット


・ 最短30分で来店不要
・ WEB完結なら電話も郵送もなし
・ だから、家族バレの心配なし

審査に通るか不安なら・・・

・ 10秒簡易審査


SMBCモビットバナー


ライフカードの審査状況は公式サイトの照会画面でわかる





ライフカードの公式サイトには、審査状況照会というページがあります。



このページであなたの生年月日など、審査申込みの時に入力した個人情報を書き込めば、それで審査状況がわかるのです。


どのくらいの日数で、どのレベルまで審査状況が進んでいるかは、申込者によってケースバイケースです。



いわゆる瞬殺と呼ばれる形ですぐに落ちる申込者もいれば、2週間程度経過してからようやく通るということもあります。


私の場合、アメックスゴールドの審査は3週間程度してから通りました。



あまりに長かったので落ちたと思いましたが、特にある程度審査が厳しいクレジットカードの場合はこのように長引くこともあります。



もちろん、アメックスゴールドで審査時間が長くなったのは私の信用度・クレジットスコアが低かったというのも大きな原因です。



何はともあれ、総合的な状況・条件によって審査時間や日数がどうなるかはケースバイケースなので、あまり焦らないようにしてください。



合否の連絡にかかる時間は長い?結果が来ない場合は落ちている?



上にも書いた通り、ライフカードからの合否連絡が遅くても、審査落ちしているとは限りません。



確かに数日で通るほどの信用度・クレジットスコアはなかったということですが、それでも逆に瞬殺で落ちるほど悪くはないということです。


つまり、審査に通るかどうかの瀬戸際ということですね。



このような審査状況の場合、私の経験からいうと焦って何度も照会をしない方がいいものです。


おそらくライフカードは、申込者が審査状況を照会するかどうかもチェックしています。



あまり頻繁に照会をする人は落とす可能性があるでしょう。



お金に困っている可能性がありますし、このような方は仕事もうまくいかないことが多いからです。


これは何となく、あなたも感覚で納得できるのではないかと思います。



「自分でコントロールできないことは気にしない」というタイプの人の方が、仕事もできるし生活も健康になることが多いのです。



そのため、ライフカードから審査結果の連絡がこなくて不安になる気持ちはわかりますが、あまり頻繁に審査状況を照会しないようにして下さい。



この部分も審査のうちだと思い、面接のような感じでじっと我慢しましょう。



以下の記事では、審査結果が出るのに時間がかかる場合の対応方法について解説していますので、参考にしてみてくださいね。



ライフカードの申し込み状況の照会方法は?審査結果はいつわかる?



ライフカードの審査状況は、電話・メールで問い合わせできる?



審査状況照会の画面を見ても内容が全然変化していない、という場合には電話・メールで問い合わせをしたいと思うかもしれません。



しかし、これはできないですし「やらない方が良い」というのが私の結論です。


これはあなたがライフカードの審査担当者であると想像すればわかりやすいでしょう。



毎日大量の申込者を審査していて忙しい時に、「私の審査状況はどうなっていますか」などとわざわざ電話・メールで問い合わせされたら、おそらく落としたくなるでしょう。



個人的な感情の問題ではなく、実際にこのような申込者の方がいたらご本人のためにも落とすべきです。



審査状況の問い合わせを電話・メールで受け付けると書いているからまだしも、ライフカードではそのようなことは書いていないからです。


それで問い合わせをするという時点でルール違反であり、こうしたユーザーは仮に審査に通ってもその後に返済の延滞・滞納をする可能性がかなり高いです。



クレジットカードの審査でも何でも忍耐力は必要であり、忍耐力が欠けているユーザーは、他のユーザーのためにも審査に通さない方がいいわけですね。



共産主義と資本主義の違いもそうですが、誰に対しても優しいというのは、結局全体の利益を損ねてしまうことが多いのです。


まじめなユーザーのためにも、不真面目なユーザーは最初から審査を通さないというのが、クレジットカード会社として正しい姿勢なのです。



そのため、審査結果の問い合わせをするようなユーザーはライフカードも落とすでしょうし、あなたもくれぐれもしないようにしてください。



ライフカードの審査状況は個人信用情報の照会でも一部わかる



ライフカードの審査状況は公式サイト以外にも情報源があります。



JICC・CIC・KSCなどの指定信用情報機関が提供している個人信用情報です。


これで何がわかるかというと「ライフカードが、あなたの個人信用情報をすでに照会したかどうか」です。



まだ照会していないという場合、その時点で審査に落ちているということは確実にありません。


個人信用情報を見ないで申込者を落とすクレジットカード会社というのは、ほぼないからです。



以前にライフカードやアイフルなどの関連会社で、ひどい返済トラブルを起こしているなら別です。



その場合は個人信用情報を見なくても「内部ブラックリスト」という形で履歴が社内に残っているため、それで瞬殺されることはあります。


そのような例外を除けば、ライフカードもその他のクレジット会社も個人信用情報は必ず見ます。



そのため、まだ見られていないようなら「審査に落ちても通ってもいない」とひとまず安心してください。



逆にすでに個人信用情報がチェックされているなら、ここから落ちる可能性があります。



もちろん、通る可能性もあるので確率は半々です。



あまりに時間がかかっている場合、ライフカードが「あなたの他社借入の変化」を見ている可能性があります。


つまり、下のような点を時間をおいてから再度チェックしようとしているのです。



  • 他社借入が増えていないか
  • 他社で返済の延滞・滞納をしていないか
  • 追加で他のクレジットカードに申し込んでいないか


これらのいずれに該当してもアウト、審査落ちとなります。



逆にこれらの条件に該当しなければ、再度ライフカードが個人信用情報をチェックした後「合格」となる可能性もあります。


このように、ライフカードが個人信用情報を照会してから審査結果が出るまでの流れは千差万別です。



何にしても、公式サイトの審査状況以外の情報が欲しい場合には、JICC・CIC・KSCなどであなたのクレジットヒストリーの開示請求をするようにしてください。



ライフカードの審査状況が気になる場合、体験談・口コミもチェック





インターネット上には、クレジットカードの審査に関するクチコミ・体験談が集まったサイトが多くあります。



どうしてもライフカードでのあなたの審査状況が気になるという場合は、それらの体験談・口コミを見るのもいいでしょう。


自分と同じように審査結果の連絡を待たされているユーザーがどのくらいいるか、そうした方々がどのくらいの確率で審査に通ったかという点を見ると役立つでしょう。



中には「それだけ待たされるとかなりの確率で落ちる」という結論が出ることもあるかと思います。



その時はその時で、特に悩まずに受け入れるようにしましょう。



たとえばモーニング娘。のエースと呼ばれる女性でも、最近クレジットカードの審査に落ちたという話をテレビでしていました。


それなりに地位や収入がある人でもクレジットカードの審査に落ちることがあるわけですから、あなたがライフカードの審査に落ちても別に気にする必要はありません。



「気にしない」というのは、それで劇的なピンチを招くという場面でなければ大事なことです。



たとえば、世界三大幸福論と呼ばれるアランの幸福論では「軍隊生活は体に良い」ということが書かれています。



理由は、彼らは故郷に帰りたいので、病気の兆候が出ると喜ぶからです。


「やった!病気になったから軍隊から解放されるぞ」と思って喜ぶため、幸か不幸か病気が治ってしまうそうです。



戦場の軍隊は運動量は多いですが、生活は不規則になりますし栄養も偏ることが多いので、本来は不健康になるはずです。



それでもアランが書いているように「病気がすぐに治る」というのは、やはり「気にしないどころか喜ぶ」という点にあるのでしょう。



私は無宗教ですが、キリスト教の最も有名な伝道師・パウロの一番の教えも「喜びなさい」という言葉です。



一休さんのアニメの主題歌も「気にしない~♪気にしない~♪」と連呼していますが、古今東西多くの哲学者や宗教家が、同じことを主張してきたわけです。



このように、人生の根本に通じる話でもありますが、ライフカードの審査に落ちても全然大したことではないので、気にしないようにして下さい。



気にしてしまうことも、もちろん気にしなくていいでしょう。


ライフカードの審査状況がわからない間は、他の借入審査に申し込まない





これは基本中の基本ですが、ライフカードの審査状況がわからないうちは、他のクレジットカードや消費者金融などの審査に申し込まないようにしましょう。



先にも書いた通り、ライフカードが審査結果をなかなか出さない理由は「その間の申込者の動きを見ている」可能性があるからです。


しびれを切らして他のクレジットカードに申し込むようなユーザーは、大抵何か問題を抱えています。



現時点でお金がなくて、とりあえず目先の支払いをクレジットカードでするために、クレカの審査に申し込んでいるという状況でしょう。



特にこれが消費者金融だと「確実にお金がない」ということが見て取れます。



もちろん、お金がないことが悪いわけではないのですが、クレジットカード会社はビジネスでやっているのでリスクは避けたいのです。


お金がない人に融資をすることはリスクですし、金融庁も貸金業法・割賦販売法によって禁止しています。



そのため、ライフカードが善意でクレジットカードを発行しようとしても、法律のためにできないのです。



このような理由から、ライフカードでもその他のクレジットカードの審査でも「お金に困っている」と思われてはいけないわけですね。



審査結果待ちの間に他社の審査に申し込むことは、そのような誤解を受ける可能性があります。



そのため、くれぐれもライフカードで申し込んだら審査結果が出るまでは連続申込みなどをしないようにしてください。