もみじ銀行

もみじ銀行は広島県に本店がある地方銀行です。

使い道自由のカードローンが便利ですが、審査に合格できるか不安になりますよね。

もみじ銀行カードローンの審査の詳細や保証会社、返済や限度額増額について解説します。

もみじ銀行カードローンの金利と限度額

もみじ銀行

金利や限度額などの借り入れ条件、プランの選び方、参考になる口コミ評判をご紹介します。

商品の特徴・メリット

まずは各プランの商品詳細を見てみましょう。

もみじ銀行カードローンには以下の3つの商品があります。

  • マイカードもみじ君
  • マイカードプレミアム
  • ミニカードローン
  • 「マイカードもみじ君」の金利は年4.5~14.5%で限度額は30~300万円です。

    WEB完結で申し込みができ、パートやアルバイト、派遣社員でも申し込みできるのがメリットです。

    「マイカードプレミアム」は、前年度年収が200万円を超える正社員または公務員が申し込みできるカードローンです。

    限度額は最大500万円で、金利は年2.85~11.25%と借り入れ条件がよくなります。

    「ミニカードローン」は、もみじ銀行のキャッシュカードを持っていて、給与振込口座または公共料金の引き落とし口座として利用している場合に申し込みできます。

    限度額10~50万円で気軽に利用でき、金利が年10.5%と低いのがメリットです。

    借り入れプランや収入の状況に応じて最適なプランを選べるため、利用しやすいカードローンと言えるでしょう。

    利用者の口コミ評判

    もみじ銀行カードローンの口コミ評判を調べてみると、以下のような体験談が見つかりました。

  • 平日はコンビニATM手数料が無料なので便利
  • 審査結果が意外と早くでて当日中に合格の連絡が来た
  • 金利は銀行カードローンの中で標準的
  • もみじ銀行の口コミでは、コンビニATMが便利という感想が目立ちます

    平日は手数料無料なので、自由に借り入れと返済ができるのとても利便性が高いと言えます。

    審査については、マイカードもみじ君は特別低金利な商品でもないため、意外とすんなり合格できたという感想があります。

    安心の銀行カードローンをアルバイトや派遣社員でも利用できるというのは魅力的ですよね。

    金利については、特別低金利という感想はないものの、高すぎるということもなく標準的と言えます。

    審査の詳細と保証会社

    もみじ銀行

    審査基準は厳しいのか、甘いのか、気になりますよね。

    保証会社の詳細も確認しておきましょう。

    審査基準と保証会社

    マイカードもみじ君の保証会社は、株式会社ワイエム保証、中国総合信用株式会社、またはSMBCコンシューマファイナンスです。

    正社員向けのマイカードプレミアムの保証会社は中国総合信用株式会社またはオリエントコーポレーションとなっています。

    私は、このように複数の保証会社があるカードローンは、比較的審査に合格しやすくなるのではないかと考えています。

    複数ある保証会社のどれかひとつの保証が受けられれば、審査に合格できる可能性があるからです。

    マイカードもみじ君の保証会社に「SMBCコンシューマファイナンス」がありますが、これは消費者金融のプロミスのことです。

    プロミスの審査が甘いわけではありませんが、消費者金融の元祖とも言える会社で、アルバイトや派遣社員でも積極的に融資してくれる会社です。

    審査に合格するには?

    審査に合格するためのポイントとして、以下のような点に気をつけましょう。

  • 勤務先や収入に応じて最適なプランを選ぶ
  • 他社のカードローンと同時に申し込むのは避ける
  • 借り入れ希望額は最小限にして申し込む
  • すでにご紹介したように、もみじ銀行カードローンには3つのプランがあります。

    あなたがアルバイト、派遣社員、パート主婦ならば「マイカードもみじ君」を、正社員または公務員で勤続年数が長いなら「マイカードプレミアム」を選びましょう。

    他社のカードローンやキャッシングの申し込み情報は、信用情報機関を通して判明しますので、複数のカードローンに同時申し込みすると審査落ちの原因となることに注意しましょう。

    借り入れ希望額は必要最小限にして申し込むことが大切です。

    借り入れ金額が大きくなるほど高い返済能力が求められるので、審査のハードルが上がってしまうからです。

    私は、審査に合格できるか不安ならば、まずは10~30万円程度で合格を目指し、のちほど限度額増額を申し込むのがよいと考えています。

    限度額10~30万円程度なら、仮に年収が200万円以下でも十分合格できるからです。

    返済方法と返済日、返済額

    もみじ銀行カードローンの毎月の基本的な返済方法を解説します。

    返済日、返済額もしっかり確認しておけば安心して借り入れできます。

    返済方法の基本

    もみじ銀行カードローンの返済方法は、自動引き落としが基本です。

    返済日は毎月10日(休日の場合は翌営業日)で、返済用口座から最低返済額が自動で引き落とされます。

    最低返済額は、借り入れ残高が50万円以内なら1万円、100万円以内なら2万円、100万円を超えると3万円という形で、1万円ずつ増えていきます。

    毎月の返済日以外にも、ATMからいつでも追加返済ができます。

    もみじ銀行ATMのほかに、全国のコンビニATMが使えますので、お小遣いに余裕があるときは積極的に随時返済を行いましょう。

    コンビニATM手数料は8:45~18:00の時間帯は無料で、それ以外の時間帯は108円です。

    私は、コンビニATMの手数料が無料になるのはもみじ銀行カードローンの大きなメリットだと考えています。

    追加返済の手数料が無料なら、余裕があるときにこまめな追加返済ができるので、返済期間が短くなり利息の節約になるからです。

    限度額の増額方法

    もみじ銀行カードローンは最大限度額が高く、総量規制対象外なので、まとまった金額を借りたいときは限度額増額の申し込みがおすすめです。

    他社に新規で申し込みをすると借り入れ件数が増えてしまいますので、借り入れ先は最小限に、できれば1か所からまとめて借りるのが理想です。

    もみじ銀行カードローンにはネットの会員向けページがありませんので、限度額の増額申し込みはフリーダイヤルに電話をかけて手続きします

    半年以上の返済実績ができた段階でフリーダイヤルのオペレーターに増額を希望していることを伝えると、増額審査を開始してくれます。

    増額審査は、もみじ銀行の返済で遅れずに返済し、他社の借り入れも増えていない状態で申し込むようにしましょう。