visaのクレジットカードは特に便利なので「無職でもビザカードが欲しい!」ということは多いでしょう。



visaに限らず、どの国際ブランドのクレジットカードでも資金力がある無職の人なら作れるようになっています。


ここでは無職でvisaクレジットカードを作るために知っておくべき審査のポイントなどをまとめます。







無職でもvisaクレジットカードは作れる





visaクレジットカードを提供する会社・業者は多くあるので、それぞれの審査基準によっても変わります。



しかし、私の経験では銀行口座の通帳などで資産証明ができれば審査に通るクレジットカードはある程度あるものです。


無職・ニートだと資産や貯金も少ない人が多いですが、もし以前の職業などで多くの預貯金をしていたら、それでvisaの審査に通る可能性もあると思ってください。



無職がクレジットカードvisaの審査に通るための対策



無職や失業者の人が、visaクレジットカードの審査にできるだけ通りやすくするためにはどうすればいいか、申し込みの前に気になる点ですよね?



対策は多くありますが、そのクレジットカードの保証会社を調べておき、自分が過去に延滞・滞納したカードローンなどと関係があったら避ける、というのが1つのポイントです。


保証会社は過去のクレジットヒストリーも保管していて、審査を担当するすべてのクレジットカードやキャッシングについて、その過去の履歴を参照するのです。



以前に返済トラブルを起こしたカードローン商品の保証会社に審査されると落ちやすくなるので、そのようなカード会社は回避しましょう。


無職・ニートに対するvisaクレジットカードの審査基準



ニートや無職、あるいは求職者という職業・属性だと、勤務先の安定度はクレカの審査基準に含まれません。



月収・年収についても無収入である以上関係がないので、もっぱら現在の保有資産が融資条件となります。


また、私の体験からいうとクレジットヒストリーは特に重要になります。



無職でも定職があっても、過去の借入・返済の履歴は、その人の信用度を測る上で非常に役立つからです。



無職でもこれまで利用したキャッシングやクレジットカードでいい利用実績を残している人は、審査通過率が高まることがあると考えてください。


失業者・求職者は無職と同じ職業・属性になる?



現在勤務先を探して求職中・失業中という人は、visaクレジットカードの審査でも無職という属性になります。



ハローワークの職業訓練を受けているなどの状況でも、クレジットカード会社にとっては無職・無収入であることに変わりはないからです。


休職者についても同様で、休職中ということはいつ仕事を辞めるかわからないと判断されます。



私が思うに、短期の休職ですぐに復職する予定があるなら、あえて審査で言わなくてもいいかと思います。







無職でもvisaのクレジットカードを作るメリット





クレジットカードのことをあまり知らない人だと「visaにこだわる理由はあるのか?」と思うかもしれません。



無職でも会社員やアルバイト・パートの人でも、クレジットカードで1枚visaを持っておくことのメリットは大きいものです。


visaはMaster Cardと並んで、世界のほとんどの国で利用できますし、ネットショップでもほとんどで利用できます。



逆にJCBやアメックス・ダイナースなどは利用できる国やネットショップが限定されることがあります。


そのため、無職でも主婦や学生の人でも、visaかマスターカードのどちらかを持ちたがることが多いのです。



退職して無職になる前にクレカを発行しておこう





現時点で会社などに勤務している人は、退職して無職という属性になってしまう前に、欲しいビザクレジットカードを発行しておいた方がいいでしょう。



すぐに退職する予定でも、クレジットカードの審査ではそのような内容は質問されません。


つまり、クレジットカードを入手した後ですぐに仕事を辞めても特に問題はないのです。



私の経験からいうと、仕事を辞めて月給がなくなったらそれで返済が苦しくなることはあります。


その点は対策や配慮が必要ですが、十分な貯金や生活資金があるなら、先にvisaクレジットカードを作成しておくというのもいいでしょう。