無職の金持ちがクレジットカードを作ることは可能です。

クレジットカードはもともと、無職でも資産が十分にあれば発行できることが多いのですが、金持ちなら資金力はあるので、審査に通る可能性は高くなります。

ここでは、無職の金持ちがクレジットカードの審査に申し込むにあたって、知っておくとプラスになる情報をまとめます。

無職の金持ちのクレジットカード審査は、銀行預金が重要

金持ちでも一般人でも、無職の人がクレジットカード発行をするためには、銀行預金・貯金の残高を見せる必要があります。

貯蓄の証明は銀行通帳でもいいですが、できれば銀行の支店に行って残高証明書をもらうのが理想でしょう。

私の経験からいうと、クレジットカードの審査だけでなくどんな手続きでも「発行が難しい書類」ほど信用される傾向があります。

銀行通帳だと、最後の記帳で高額の残高が記録されていても、直後に引き出して記帳していない可能性もあるのです。

会社の資本金もそのように増やすことができるくらいなので、個人のクレジットカード審査でもそれをやる申込者がいてもおかしくない、とカード会社は考えます。

そのため、できるだけ発行が難しく信用される残高証明書を提出した方がいいのです。

無職の資産家でプラチナカード所有者もいる

お金持ちだったら、無職でも仕事があってもクレジットカードの審査を通過することはそれほど難しくありません。

実際、私もリタイアした無職の資産家で、ステータスの高いプラチナクレジットカードを所有している人の話を聞いたことがあります。

金持ちということは、無職でも不労所得があることが多いですし、働いていた頃の収入でかなり良好なクレジットカードの利用実績を残しているのです。

そのクレジットヒストリーが評価されて、プラチナカードだけでなく、ブラックカードを持っているという無職の金持ちは多くいます。

収入があるなら個人事業主になれば無職でなくなる

私が思うに、金持ちなら無職でなく個人事業主か法人経営者になるのが一番です。

法人設立は多少の手間と時間がかかりますが、個人事業主として開業届を出すだけなら、無料で一日で終わります。

金持ちという時点で投資収入など何らかの所得があるでしょうから、それを事業化して個人事業主という属性を名乗ればいいのです。

そうすれば、無職・失業者として申し込みするより、断然クレジットカードの審査通過率が高くなります。

以下の記事では、個人事業主として申し込む時の注意点などについて解説していますので、参考にしてみてくださいね。

無職のキャッシングは自営業を名乗ればいい?収入はいくら必要?

無職の金持ちがクレジットカード審査に落ちる原因

無職の金持ちがクレカ審査に落ちる理由の1つは、現時点の収入がないということです。

お金持ちにも多くのタイプがいますが、現金預金は豊富にあっても投資をしていないという人もいます。

この場合は資産家ではありますが、今の収入はゼロとなり、クレジットカード審査ではかなり不利になります。

それでも資産が巨額であれば有利になりますが、現在の収入がある金持ちと比較すると、やはり不利になります。

無職の金持ちのクレジットカードならアメックスが一番?

無職の金持ちが比較的審査に通りやすいクレジットカードは、アメリカン・エキスプレスだと私は考えます。

私もアメックスを使っていますが、AMEXは職業・属性やクレジットヒストリーにはあまりこだわらず、実際の支払能力を高く評価します。

わかりやすく言うと「実際にお金があるかどうかがすべて」ということです。

クレジットヒストリーが良好でも現時点でお金がない人は、カードで高額決済をしても支払いができません。

多少過去の返済トラブルなどがあっても、現時点でお金があって、高額な支払いができる人をアメックスは信用するわけです。

その点、無職でも資産が豊富にある金持ちは、クレジットカード会社の中ではアメックスが一番相性がいいといえます。

無職の金持ちがVISAクレジットカードの審査に通るポイント

国際ブランドをvisaに絞って申し込む場合、無職でも定職があっても、金持ちでも普通人でも、審査通過のためのポイントは共通します。

過去に自分がいいクレジットヒストリーを残しているカード会社があったら、その関連会社が発行するVISAカードに申し込むということです。

クレジットカード審査では「グループブラック・内部ブラック」という言葉がありますが、これとは逆に「グループホワイト」というべき評価もあるのです。

金持ちという時点でクレカ審査はそれほど不利ではないのですが、過去のクレジットヒストリーが評価されるカード会社で申し込みをすれば、さらに有利になると言えるでしょう。