無職お金作り方

無職生活をしているときに急な出費が重なると、貯金が急激に減るのであせってしまいますよね。

仕事を始めてもすぐに給料が入るわけではないですし、そもそも働けない事情があって無職になっていることが多いはずです。

そんなときのために、無職で収入がないときでも使える金策方法について知っておくと安心です。

無職のお金の作り方!素早くお金を作る金策方法とは?

無職お金作り方

無職でも急いでお金が必要になることはよくあることです。

今からアルバイトをして給料日を待っても間に合わないという状況なら素早くお金を借りるキャッシングが利用できれば便利ですよね。

無職でもキャッシングやクレジットカードは利用できるのか考えてみましょう。

無職でも即日融資でキャッシングできる?

急いでお金を借りるとなると、大手消費者金融のキャッシングが便利ですが、こちらは基本的に無職の人は利用できません

キャッシングは担保も保証人もなしなので、利用者の収入から返済していく必要があるからです。

無職がキャッシングできるとすれば、配偶者の承諾をとって配偶者貸付で申し込むか、学生が親の収入で申し込む場合です

年金生活をしている人は年金収入で借りられることもあります。

無職でもクレジットカードは作れるか

現金を借りるキャッシングではなくて、クレジットカードなら無職でも作れる場合があります

世の中にはたくさんのクレジットカードがありますので、審査難易度も様々です。

初心者でも作りやすいと言われるクレジットカードで、キャッシング枠もなしで申し込めば、現状働いていない無職でも合格できるかもしれません。

一般的に流通系や消費者金融系のクレジットカードは合格しやすいと言われています。

ただし、無職でも何らかの収入があるか、預貯金額がしっかりあることが重要です。

カード代金の支払いを毎月問題なくできることが大前提だからです。

とりあえず10万円必要!ならこの方法

無職お金作り方

とりあえずすぐに10万円が必要なときはどんな金策方法があるのでしょうか?

無職でも問題なくできる方法をいくつか見ていきましょう。

無職でも体が健康なら金策方法はある!

現在仕事に就いていない状態だったとしても、体が健康体なら金策方法はたくさんあります。

やはり手っ取り早い方法は、単発でもよいのでアルバイトに応募して給料をもらうという方法です。

最近はネットで無料で利用できる求人広告が充実していますので、派遣会社に登録すれば即日仕事に入ることができる場合もあります。

短期バイトというと工場のバイトをイメージする人が多いかもしれませんが、オフィスワークや官公庁の仕事でも派遣なら日払いができることがあります。

アルバイトで働くのは大変というときでも、治験モニターや覆面調査など、体力もスキルも不要なお仕事もあります。

目標の金額を稼いだら短期間で辞めることもできますので、体が健康ならチャレンジしてみるのもひとつの方法です。

無職でもネットがあれば10万円作れる!

無職でも自宅にネットに繋がるPCやスマホがあれば、10万円程度のお金を作る方法はいくつかあります。

ネットで申し込みできる買取業者を利用したり、ネットオークションやフリマアプリを利用して自宅にあるものを売ることもできます。

オークションやフリマアプリは、売りたいモノの写真をスマホで撮影して、簡単な商品説明を添えるだけで出品できますので、初めての人でも簡単です。

無料で始められてすぐに慣れることができますので、金策方法としてチャレンジしてみるのがおすすめです。

ネットでお金を稼ぐその他の方法としては、ポイントサイトやアフィリエイトのセルフバック、クラウドソーシングなど探してみれば色々見つかるはずです。

確実にお金を作れる金策方法はコチラ

投資や転売などは儲からない可能性もありますので、より確実にお金を手に入れられる金策方法を知りたいと思う人もいるでしょう。

確実に素早くお金を手に入れる金策方法はどんな方法があるのでしょうか?

手元に売れるものが無いか探してみる

ネットオークションやフリマの転売は難易度が高いと思うなら、買取業者を利用して手元のものを売るという方法もあります。

買取業者で素早く買取してもらえるものとしては以下のようなものがあります。

  • ブランド品
  • DVD、ゲーム
  • 特にブランド品はスマホアプリを使って現品の確認前に前払いでお金を受け取れるサービスも登場しています。

    また、以下のようなものは査定に時間がかかりますが高額になりやすいです。

  • バイク
  • PC、スマホなど
  • 身の回りに売れるものがないか探してみましょう。

    万策尽きたなら公的な制度を利用する

    色々金策をしてみたけど、上手くいかないというときは、役所に相談するという方法もあります。

    特に怪我や病気で働けなくなったり、病院の医療費が高すぎるときは公的な制度でお金を借りられることもあるのです。

    役所でお金を借りられるというのはあまり知られていませんので、制度の対象となっていても知らずにそのままになっているともったいないと言えます。

    消費者金融より安全に借りられますし、無職でも問題ありませんので、困ったことがあれば役所に相談してみるようにしてください。