お金借りる審査なし

急な事情ができて、どうしてもすぐにお金が必要というときは、即日融資で借りられるカードローンが利用できれば安心ですよね。

しかし、カードローンでお金を借りるためには審査がありますので、在籍確認などで手間取ってしまい、結局当日の借り入れに間に合わないという可能性もあります。

重要な事情があるときは、このパターンは何としても避けたいところですよね。

とにかく急いで借りたいときは、できるだけ審査の手続きが簡単な会社を探すことが重要です。

申し込みをした即日で、審査や電話連絡なしで借り入れできるカードローンはあるのか考えてみましょう。

お金借りる!即日で審査なしは可能?

お金借りる審査なし

申し込み手続きのスピードが最優先ならば、審査なしのカードローンがあれば便利ですよね。

審査なしでキャッシングする方法はあるのでしょうか?

審査なし即日は不可能

まず結論からになりますが、「審査なし」でお金を貸してくれる会社はありません。

消費者金融の中には融資スピードを速くするために審査手続きが簡略化されている会社はありますが、審査自体をしない会社は絶対に存在しません。

私は、もし審査なしのカードローンの案内があったとしても、絶対に申し込むべきではないと考えています。

審査なし・ほぼ審査なしのカードローンは、かなりの確率で闇金業者だからです。

審査なし・ほぼ審査なしが存在しない理由

そもそもカードローンの申し込み時になぜ審査があるかというと、貸したお金を返済できる人かを見極めるためです。

カードローンは担保も保証人も設定しませんので、万が一返済不可能になったとしても、代わりの請求先がありません。

つまり、あなたの収入や返済能力をしっかり見極めた上で、あなたを信頼してお金を貸してくれるわけです。

もし審査なしお金を貸すとすれば、無職の人や、すでに借金を滞納している人にもお金を貸してしまうことになります。

そうすると、かなりの確率で貸し倒れになってしまい、カードローンのサービスが運営できなくなります。

もし審査なしでお金を貸している会社があるとすれば、法律の上限を超えた金利で貸しているかもしれませんし、個人情報を裏取引して儲けているかもしれません。

何か裏でルール違反をしないと、審査なしでは成り立たないのです。

安心して利用できる商品ではありませんので、手を出さないでおくのが無難です。

在籍確認なし・電話連絡なしなら大手カードローンでも可能

お金借りる審査なし

審査なしのキャッシングは存在しませんが、電話連絡なし・在籍確認なしの会社はあります。

即日振込で借りやすい大手消費者金融でも職場や自宅への電話なしで借りられます。

電話連絡なしのカードローンは意外と多い

電話連絡なしのキャッシングは、大手消費者金融でも複数あります。

一般的にカードローンの審査で行われる電話連絡は以下の2つがあります。

  • 申し込み内容の確認電話
  • 勤務先の在籍確認の電話
  • このうち、自宅宛の申し込み内容の確認電話をなくすことができる会社は意外とたくさんあります。

    例えば、プロミスではネット申し込みの方式として、「カンタン入力」と「フル入力」という2種類があります。

    「カンタン入力」は、パソコンからの入力項目が少ない代わりに、プロミスのコールセンターから電話がかかってきて、口頭でヒアリングがあります。

    一方、「フル入力」を選べば、パソコンからの入力項目は細くなりますが、申し込み内容の確認電話なしで借りることができます。

    私は、パソコン操作がそこまで得意でなくても、カードローンの申し込み情報の入力はそこまで難しくないと考えています。

    ほとんどの人がネット通販などの会員登録で自分の名前や住所などを入力した経験があるはずなので、そういった内容に勤務先や他社利用状況の入力が加わるだけだからです。

    入力に時間がかかりすぎて即日融資に間に合わなくなるという心配はありませんので、自宅への電話を省略したいならぜひ検討してみてください。

    在籍確認なしで借りるには

    カードローンの審査で行われる電話連絡のもうひとつは、職場への在籍確認です。

    これは、申込者が申告した勤務先で本当に働いているのかを確認するための電話連絡です。

    消費者金融、銀行カードローンなど、種類を問わずほとんどの会社が、審査担当者による電話連絡で在籍確認を行っています。

    しかし、一部の大手消費者金融では、在籍が確認できる書類を提出することで、電話連絡なしで借りられる会社もあります。

    例としては、特定の条件を満たせば利用できるSMBCモビットの「Web完結申込」や、アコムやアイフルのキャッシングがあります。

    モビットのWeb完結は、三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行いずれかの口座を登録し、社会保険証など決められた書類を提出することが条件となります。

    条件を満たせば、申し込み内容の電話も勤務先へ電話連絡も両方なくなりますので、審査結果が大変素早く確定します。

    口コミ情報では、申し込みをして10~15分程度で審査結果の連絡が来たという体験談もあるほどです

    アコムの場合は、勤務先で発行された社会保険証(会社の保険証)を提示することで電話の在籍確認の代わりとしてくれます。

    アイフルでは、社会保険証のほかにも、源泉徴収票や給与明細在籍などでも在籍確認が可能です

    書類で在籍確認ができると、夕方以降や土日など、電話で在籍確認がしにくい時間帯でも審査が止まらないというメリットがあります

    どうしても今日中に借りたいのに、会社が閉まっていて在籍確認ができないので借り入れが翌営業日になってしまうという事態を避けることができるのです。

    私は、書類で在籍確認ができる消費者金融は、会社バレせずに借りたいときにもメリットもあると考えています。

    書類で在籍確認をすれば勤務先に電話が入りませんので、会社の上司や同僚にバレずにお金を借りることができます。

    信用情報がブラックでもお金を借りるには

    審査なしのカードローンを探す理由として、信用情報に事故情報が残っているからということもあるでしょう。

    長期滞納や債務整理の経歴があると大手は利用できませんが、代わりの借り入れ先としてどのような方法があるのでしょうか?

    過去ではなく現状を見てくれる消費者金融

    あなたが過去の事故情報が気になって審査なしの会社を探しているとしても、すでにご紹介した理由で審査なしのカードローンを利用するのは避けるようにしてください。

    事故情報があると確かに大手消費者金融の審査には合格できませんが、過去ではなく現在を見てくれる中小消費者金融ならお金を借りられる可能性があります。

    中小消費者金融なら、何年か前に債務整理の記録があったとしても、現在の状況が改善しておりしっかりと収入があればお金を借りられる可能性があります。

    私は、中小消費者金融は大手と比較して借入や返済の利便性は劣るものの、金利や利息は大きく変わらないと考えています。

    消費者金融の金利上限は10万円までは年20%、100万円までは年18%と法律で決められているからです。

    信用情報にブラックの記録があり、それでも合格できる消費者金融を探すなら、大手ではなく中小消費者金融を検討するようにしてください。

    公的な制度を使ってお金を借りる方法もある

    中小消費者金融の審査でも合格できそうにない状況なら、公的な制度を使ってお金を借りる方法もあります。

    例としては、以下のようなものがあります。

  • 生活福祉資金制度
  • 傷病手当金
  • こういった制度は適用してもらうには、所得が基準より低かったり、病気や怪我で働けないなど、正当な理由が必要です。

    収入が得られない理由によって適用される制度が変わります。

    審査の仕組みは消費者金融や銀行カードローンとは根本的に違いますので、信用情報機関の記録は関係ありません。

    ブラックでも、他社利用が多くても関係なく、制度が適用される条件を満たしていればお金を貸してもらえます。

    お金を借りられることになれば利息がとても安いか、または無利子になることもあります。

    どうしようもない事情があるときは市役所などで相談してみるとよいでしょう。