あなたがオリコカードのユーザーで引っ越しをしたら、住所変更のやり方が気になるでしょう。



引越し後は何かと手続きが多いものですが、オリコカードを含めたクレジットカードの住所変更の手続きも、スムーズに済ませたいものです。


この記事では、オリコカードでの住所変更のやり方を解説していきます。



オリコカードの住所変更の方法





オリコカードで住所変更をする方法はいくつかあります。



すべての方法は、公式サイトの「お客様サポート」→「各種お手続き」→「住所・電話番号変更」の順番にページを開くと閲覧可能です。


これで見つかるページに書かれているやり方は、下のようになります。



  • ネット(eオリコサービス)から
  • 郵送(諸届出申請書を提出)
  • 電話(オリコテレホンサービスなどの各種窓口)から


このように、大別して3通りになります。



ここでは、それぞれの住所変更の方法について解説していきましょう。



インターネット



ネットから変更する場合「eオリコサービス」を使います。



eオリコサービスは他のクレジットカードにもある「会員ページ」です。


eオリコサービスから変更する場合の流れは下のようになります。



  • TOPメニュー
  • 各種登録・変更
  • お客様情報変更


最後の変更画面で、新しい住所などの必要項目を入力したら「確認」を押します。



これだけでオリコカードの住所変更が可能です。



特に新住所での身分証明書などをアップロードする必要はありません。



郵送



郵送で変更する場合「諸届出申請書」という書類を提出します。



この書類は、Webと電話の両方から申請可能です。


Webから申請する場合は、冒頭で書いた「住所・電話番号変更」のページで「諸届出申請書のご請求はこちら」という部分をクリックします。



ここをクリックすると、自分の名前や住所・電話番号などを入力するページに進むので、各項目を記入しましょう。



そうすると、その住所あてに住所変更の申請書が届きます。



ただ、私としてはこのやり方はあまりおすすめできません。



理由は、申請書の請求でどの道住所を記入するので、それならeオリコサービスで新しい住所を記入した方がいいからです。


何らかの事情でどうしても書面で手続きをしたいという場合は、いいでしょう。



しかし、特に書面にこだわるのでないなら、少なくともWebから書類の請求をする方法は二度手間だといえます。



なお、申請書の請求はもう一つの方法でも可能です。



もう一つの方法では「電話窓口」から請求します。



電話で申請書を取り寄せ、それが届いたら記入して郵送するということです。



ただ、これもやはり二度手間になるので、変更するならそのまま電話口でする方がいいでしょう。



基本的に郵送での住所変更は、よほど特殊な事情がある場合のみ使用するもの、と思ってください。



電話



電話からのオリコカードの住所変更には、2つのパターンがあります。



1つ目は先にも書いた「申請書を電話口で請求する」という方法です。



この場合、まずはオリコテレホンサービスにかけます。



ここでサービス番号「77」を入力し、カード番号を打ち込んだ後、資料請求番号「40100」を打ちましょう。


これによって資料請求が完了するので、後は届いた書類に記入して返送するのみです。



ただ、「郵送」の段落でも書いた通り、この方法は二度手間になるのでおすすめできません。



電話口だけで住所変更をできる、2つ目のパターンの方がいいでしょう。



2つ目のパターンでは「オリコカードセンター」にかけます。



先ほどの「オリコテレホンサービス」は自動音声対応ですが、オリコカードセンターはオペレーター対応です。


人間のオペレーターさんが対応してくれるので、その場で口頭での住所変更が可能となります。



ただ、オペレーター対応である以上は混み合うことが多く、少々待たされることは覚悟しておく方がいいでしょう。



オリコカードセンターの電話番号は、他のクレジット会社と同じように「繋がらない」という評判もたまに見られます。



この点は下の記事を参考にしてみてください。



オリコカードの電話窓口の番号は?土日は繋がらない?



その他、オリコカードではないのですが、オリコの各種ローンの場合は「クレジットセンター」という窓口にかけ、住所変更をします。



住所変更用の電話番号は?





オリコカードの住所変更用の電話番号は2通りあります。



固定電話からかける場合は「0120-911-004」、携帯電話・PHSからかける場合は「03-5877-5555」です。


携帯電話やスマートフォンからかける場合は通話料金がかかるということですが、それほど高い値段にはならないので安心してください。



この窓口は「オリコテレホンサービス」というものです。



24時間対応で、自動音声の窓口となっています。



住所変更の資料請求の番号は「77」なので、番号の入力を求められたら77を打ち込んでください。



その後は「カード番号」「資料番号」の順番に入力します。


カード番号は自分のオリコカードの16桁の番号で、資料番号は「40100」です。



これらはオリコカードの公式サイトにも書かれているので、最新の情報を念のために確認していただくのがいいでしょう。



住所変更をしないとどうなる?





オリコカードで住所変更をしないとどうなるのか、という点も気になるでしょう。



これは「大事なお知らせ」が届かなくなり、何らかのトラブルにつながる可能性がある、というのが結論です。


基本的に、クレジットカード会社からの大事なお知らせというのはめったにきません。



最近では毎月の利用明細もWebだけというクレジットカードが多く、オリコカードでもそのようにできます。



大事なお知らせで特に重要なのは「督促の連絡」です。


これが届かなくて、滞納したままの状態が続くのは間違いなく危険といえます。



普通は電話番号に連絡が来るものですが、やはり両方から連絡を受け取る方が安心でしょう。




それ以外の重要な連絡というのは、私の経験からいうとそれほどないものです。



DMなどは無視しても問題ありませんし、たまに「限度額を増額させていただきました」という連絡が来ることもあります。



これも「増額を希望しない場合は連絡をください」というだけなので、無視してかまいません。



また、減額の手続きはWebからもできるので、気づいたときに会員ページから変更すればいいのです。



このように「支払いに遅延しない限りは郵便物が届かなくても困ることはない」といえます。



ただ、やはりどんなサービスでも手続きの類はしっかりしておくべきです。



引っ越しなどをしたら、オリコカードの住所変更も忘れないようにしましょう。