あなたが今18歳未満なら「楽天カードは18才以上でなくても発行できるか」という点が気になっているかもしれません。

タバコや飲酒など、多くの法律が20歳以上を一つの年齢制限の境目としていますが、楽天カードのようなクレジットカードではどうなのかは気になる部分です。

ここでは楽天カードは18歳未満でも発行できるのか、大学生など18才以上なら作れるのかなどの点を解説していきます。

楽天カードは18歳未満の高校生は作れないが、大学生なら作れる

18歳未満だと、職業・属性としては高校生か専門学校、あるいは中卒で働いている社会人の方になるでしょう。

結論を書くと、これらのどの職業・属性であっても18歳未満という年齢条件では、楽天カードを発行することはできません。

これは楽天クレジットカードに限った話ではなく、どのカード会社が発行するクレカでも同じです。

デビットカードやプリペイドカードのような借金でない形式のカードの場合は15歳以上であれば持つことができますが、借金であるクレジットカードの場合は、18歳以上でなければ発行できないのです。

そのため、楽天カードだけが18歳未満の申込者・ユーザーに対して厳しいというわけではないので、その点は理解してください。

なお、大学生や専門学校生、あるいは高専生の4年生以上となれば、大抵は18歳以上なので楽天カードを作ることができます。

これもやはり、他のクレジットカード会社でも同じルールとなっています。

専門学校生や大学生であっても、万が一年齢が18歳未満という場合には楽天カードは作成できません。

しかし、飛び級がほぼない日本の大学や専門学校ではそのようなことはめったにないので、基本的に「大学生・専門学校生なら楽天カードは作れる」と思っていいでしょう。

未成年は親権者の同意書があれば楽天カードを発行可能

未成年者でも18才以上であれば、親権者の同意書があるという条件で楽天カードを発行できます。

字面だけ見ると18歳未満と未成年者は同じ意味に見えますが、18歳・19歳なら未成年であっても18才以上です。

要は「18歳と19歳」についての審査基準ですね。

18歳・19歳の社会人・フリーター、あるいは専門学校生や短大生、大学生などが楽天カードに申し込む時には、親権者の同意書が必要ということです。

これは民法に記載されている未成年者の契約取消権という条文によるルールです。

私は昔消費者金融で働いていたので、このあたりのルールは仕事でよく触れましたが、要は「未成年者は借金を踏み倒してもいい」ということです。

「踏み倒す」というのはわかりやすくした表現ですが、要は「未成年者が親権者の同意書なしで締結した契約は無効である」ということです。

法律のことや社会のことを何も知らない未成年者が騙されないように、このような法律があるわけですね。

このため、楽天カードなどのクレジット会社の側からしたら「親権者の同意書なしでカード発行をしたら、返済をしてもらえない可能性がある」わけです。

当然それは楽天カードだけでなく、楽天カードの損失を他の利用者から回収しなくてはいけないということで、他の利用者にとっても不利益になります。

全員がしっかり支払いをしていれば楽天カードのロスもなくなり、もっと低金利で利用できるようになりますからね。

そのため、すべての利用者のためにも、貸し倒れのリスクがあるようなユーザーに対してはクレジットカードを発行しないことが正しいのです。

そのため、親権者の同意書がない未成年の申込者に対しては、大学生だろうと社会人だろうと「クレジットカード作成はできない」というルールを楽天カードは制定しているわけです。

これは裏を返せば、親権者の同意書さえあれば18才・19才でも楽天カードは作れるということになります。

もちろん、親権者の同意書さえあれば必ず審査に通るという意味ではありません。

しかし、とりあえず申込資格だけは「親権者の同意書を提出すれば18才・19才でも満たせる」という風に理解して下さい。

なお、未成年者の申し込みも含めて、楽天カードの審査基準については下の記事でも詳しくまとめています。

よろしければこちらも参考になさってみてください。

楽天カードの審査、最短の時間・期間は?申込後、即日発行も可能?

楽天カード以外のクレジットカードなら18歳未満でも作れる?

楽天カード以外のクレジットカードでも、18歳未満で発行できるものはありません。

どんな理由があろうと18歳未満の高校生や中学生が金銭感覚の未熟な状態でクレジットカードを持つことは危険だからです。

小学生に車を運転させて事故が起きたら、明らかに交通事故の責任は運転をさせた大人にあります。

同じように、18歳未満の若者に対してクレジットカードという形で融資をして借入超過者にしてしまったら、その責任は明らかにクレジット会社に対して発生するのです。

そのため、楽天カード以外のカード会社であっても、18歳未満の中学生や高校生に対してカード発行をしている業者はありません。

しかし、プリペイドカードやデビットカードだったら発行することができます。

まずプリペイドカードというのは、Suica(スイカ)やnanaco(ナナコ)などの電子マネーと似たような形式です。

事前にそのカードに現金で入金した金額分まで自由に使えるというシステムです。

たとえばVISAのプリペイドカードならVプリカ、JCBのプリペイドカードなら「JCBプレモ」といいます。

どちらも、そのカードをコンビニなどで買って、たとえば5000円をレジで入金したとしたら、その後5000円まであちこちでVISAカード・JCBカードとして使えるということです。

実店舗でも使えますし、Amazonや楽天市場などのネットショップでも使えます。

一部のネットショップはプリペイドカードには対応していないこともありますが、大部分の店舗では利用可能です。

デビットカードはプリペイドカードより一歩進んで、クレジットカードにやや近い形になります。

銀行口座と連動していて、使った分がすぐに銀行口座から引き落とされます。

もちろん、口座残高が不足している時には引き落としができないので、その買い物はできなくなります。

銀行口座に実際にある金額しか利用できないので、クレジットカードと違い借金ではないわけです。

このため、デビットカードなら「15歳以上なら発行可能」という銀行が多くなっています。

15歳以上なら中学生でも3年生なら発行できるのかと思うかも知れませんが、中学生は発行できないことがほとんどです。

学生の種別でいうと、下のような仕組みになっていると理解してください。

  • 中学生…プリペイドカードは発行可能
  • 高校生…デビットカードは発行可能
  • 大学生…クレジットカードも発行可能

「中学生ではプリペイドカードも作れない」というWeb上の口コミ・評判も見られますが、これはプリペイドカードの発行会社によります。

JCBプリペイドカードの公式サイトを見ると「ご利用対象年齢はカード発行会社によって異なります」とだけ書かれています。

つまり「13歳以上なら発行可能」「15歳未満は作成不可」などの年齢制限は明記されていないということです。

参考例としては、アプリなどのコンテンツの課金で使われるGoogle Playは13歳以上ならできるようになっています。

つまり、コンビニエンスストアのレジでGoogle Playのプリペイドカードを中学生が買って、そのまま課金に使うことはOKなのです。

こう考えると、JCBやVISAなどのプリペイドカードを中学生が使える・発行できるケースも多いと考えていいでしょう。

楽天カードを18歳以上でも発行できない、審査に通らない原因

「18歳以上だけど楽天カードを発行できなかった」「審査に落ちた」というクチコミ・体験談も、インターネット上ではたまに見られます。

私が見る限り、これらの原因は「学生でもなくアルバイトもしていない」という「完全な無職・ニートである」というケースが最多です。

「大学生・専門学校生・短大生も無職のようなものである」という見方もあるでしょうが、それはやはり違います。

高等教育を受ければ偉いというわけではありませんが、イノベーションを起こした企業の創業者で大学を卒業している人は多いからです。

また、現実に「学歴が高い方が生涯年収が高い傾向がある」というのを見ても、クレジットカード会社からしたら「将来的な返済能力が期待できる」といえます。

つまり、同じ18歳・19歳の若者でも、その時点で無職・ニートの人と、学生をしている人だったら「学生の方が将来の顧客として有望」ということです。

若いうちに「ロイヤリティの高い顧客」にすれば将来的にカード会社としても有利なので、学生は一つの職業として認められるのです。

これは高等教育を受けなければいけないということではなく「アルバイトすらしていない」という点が問題なのです。

アルバイトをしていて「フリーター」という職業・属性で審査に申し込めば、未成年者・18歳・19歳でも楽天カードを作ることはできます。

そうした自分の収入もなく学生でもなく、「ただのニート・無職である」というのが問題なんですね。

もちろん、うつ病などを発症していてやむを得ずそうしているということもあるでしょう。

それは人間としては配慮されるべきことですが、クレジットカード会社は私企業であり、ボランティア団体ではないわけです。

すべてのユーザーにとって利益になるように「支払能力のあるユーザーだけを選ぶ」必要があります。

EU(ヨーロッパ連合)が加盟基準に満たない国を参加させないように、クレジットカード会社も自社の審査基準に満たないユーザーは参加させないということです。

このため、学歴や属性で差別をしているということではなく、ビジネスとして自然な原理として、無職・ニートの人は18才以上でも楽天カードを作れないと理解してください。

逆に言えば、何らかのアルバイトを始めるだけで申込資格はできるということですから、むしろ審査基準はやさしいといえます。

楽天カードを18歳・19歳が親権者の同意なしで作る方法は?

「楽天カードを作りたいけど、親権者の同意書をもらうのが難しい」という事情もあるでしょう。

そのような時、「親権者の同意なしで楽天カードを作る方法があるか」を知りたいかと思います。

結論を言うと、これは楽天カードも含めてほぼすべてのクレジットカードで不可能となっています。

先にも書いた通り、民法4条に「未成年者の契約取消権」という条文がある以上、クレジットカード会社としては親権者の同意書を要求するしかないからです。

親権者の同意書をもらいにくいのがどのような事情かにもよりますが、「基本的にクレジットカードの審査で親の同意が得られない」ということは、あまりないかと思います。

消費者金融などのキャッシングだったら別ですが、クレジットカードだったら許可してくれる親は多いでしょう。

特に楽天カードは大学生向けのクレジットカードとして人気で、短大生・専門学校生・大学生などが多く発行しています。

そのことを説明すれば、クレジットカードに抵抗がある親御さんでも理解を示してくれることが多いかと思います。

楽天カードは18歳以上のアルバイト・フリーターも発行できる

ここまで書いた通り、楽天クレジットカードの審査基準は「年齢が18歳以上で一定の収入がる」ということです。

つまり、18歳以上であれば職業・属性がフリーターやアルバイトであっても発行できるものです。

むしろ学業でなくアルバイトに専念できる分、フリーターとして働いている18歳以上の方々の方が、審査通過はしやすいといえます。

もちろん、アルバイト・フリーターという非正規雇用ではなく、会社員・OL・公務員として勤務している18歳以上の人は特に発行しやすくなります。

逆に18歳未満だと、中卒で正社員として働いている人であっても楽天カードは持てないので、その点は理解してください。