消費者金融やキャッシングの審査では勤務先への在籍確認の電話が必須なことが多いですが、楽天カードの入会審査でも同じなのか気になるでしょう。



楽天カードの入会審査で職場への電話連絡が必要かどうかについては、口コミ・評判も錯綜しており、結論が出しにくい状態です。


ここでは、楽天カードの入会審査で電話はあるのか、会社にかかってくる場合はなしにすることもできるのか、などのポイントをまとめます。







楽天カードの入会は、会社の電話番号に在籍確認されることも





楽天カードの入会審査では、会社への在籍確認の電話がかけられることもあります。



私はクレジットカードも消費者金融などのカードローンも利用してきましたが、クレカはカードローンと比較して、あまり在籍確認電話がない印象です。


楽天カードも他のクレジットカード会社と同じで、在籍確認電話を必ずかけるというわけではないといえます。



しかし、不安定な職場で働いていたり、クレジットスコア(信用度)に問題があると判断された場合は、在籍確認電話が必要になることもあります。


このように申込者をスコアリングして電話連絡をするかどうか決めるのは、どのクレジットカード業者やカードローン会社でもやっていることです。



楽天カードの入会与信でも、同じように信用度を審査した上で在籍確認が必要になるかどうかが変わると思ってください。



「電話きたけど出れなかった」という場合はどうする?



楽天カードの審査に申し込んだ人のクチコミ・体験談でよく見られるのは「電話きた」というものです。



「何で電話きたのかわからない」「電話きたけど出られなかった」など、口コミ・経験談の内容はいろいろです。


どちらにしても、自分の携帯に確認電話が来るのは、特にまずいことではありません。



職場への在籍確認の電話をかけないクレジットカード会社でも、本人の携帯にだけは連絡するというケースはよくあります。


電話に出られずに不在着信になっていた場合は、できるだけ早めに折り返すようにしましょう。



楽天カード入会で、自営業の在籍確認の電話はどうなる?



楽天クレジットカードで審査に申し込む時も、銀行カードローンなどのキャッシングで申し込みをする場合でも、自営業だと「在籍確認電話はどこにかけるのか」と気になるでしょう。



これは、仕事専用のオフィスを設けているならそちらにかかり、自宅兼オフィスだったら自宅にかかるという風です。


要は、普段仕事の電話連絡を受けている場所で、そのまま楽天カードからの在籍確認を受けるということです。



個人事業主・法人経営者として働いている私の経験からいうと、自宅で在籍確認電話を受けると、消費者金融などは家族にバレるのが怖いものです。


しかし、楽天カードの発行だったら何も恥ずかしいことはないので、別に在籍確認電話を気にする必要はないでしょう。







専業主婦の審査では、夫・旦那の職場に電話連絡される?



自分の収入がない専業主婦でも、楽天クレジットカードに入会することは可能です。



しかし、その時「夫・旦那の勤務先に在籍確認電話をかけられるのでは」と心配に思うこともあるでしょう。


結論を言うと、そのような電話連絡をすることは楽天カードでもその他のクレジットカード会社でもありません。



私が思うに、そこまで疑って審査してコストをかけるよりは、審査で落としてしまった方が楽だからです。


また、10万円くらいなら専業主婦のいる日本人の普通の家庭なら、確実に返済できます。



そのため、専業主婦でも10万円程度のショッピング枠なら審査通過することが多く見られるのです。


楽天カードの審査基準・難易度だとどうなるかわかりませんが、10万円という少額の与信枠から徐々に増額されていったという体験談・口コミは多く見られます。



このような方法で、専業主婦のように無収入の申込者であってもうまく与信できるわけです。



そのため、専業主婦が楽天カードに入会する時も、配偶者の会社の電話番号に連絡されることはないと思ってください。



楽天カードの入会審査で電話がかかってくる時間帯は?





楽天カードの審査で、電話連絡が来る時間帯は決まっているのか気になることもあるでしょう。



電話がかかってくる時間帯は、大体午前10時~午後5時の間です。


一般的な常識として午前10時より前に電話連絡をするのは、迷惑になるでしょう。



消費者金融など「急ぎでお金を借りたい」というユーザーが多く集まるサービスなら、午前9時でもむしろかけるべきです。



しかし、楽天カードのようなクレジットカードだったらそのような切羽詰まった申し込み者は少ないので、やはり午前10時以降になることがほとんどです。


また、17時以降にかけるのも一般常識としてよくないので、やはり17時より前だと考えられます。



このような時間帯だと、会社員・OL・公務員の人なら平日は仕事をしているということは、楽天カードも当然理解しています。



そのため、電話に出られなくてもまったく問題ありません。



あくまで「その電話番号が本物か」を確認するための電話なので、折り返せば問題ないと思ってください。



楽天カードの入会申し込みで、電話連絡なしにする方法は?





勤務先に在籍確認の電話をかけてほしくないという場合「電話連絡なしでカード発行をする方法」を知りたいでしょう。



私の経験からいうと、楽天カードの一定数の申込者は何もしなくても在籍確認なしでカード発行ができています。


そのため、特に在籍確認の回避の方法について、意識しなくてもいいでしょう。



何らかの事情で確実に在籍確認電話を回避したいという時には、事前に楽天カードに問い合わせて相談するのがいいでしょう。


たとえば「勤務先が外部からの電話を取り次いでくれない」「私用電話は完全禁止」などの事情を伝えれば、楽天カードの側が配慮して「電話連絡なし」としてくれることもあります。



あるいは私が知る限り、会社の保険証や給与明細書を提出することによって、在籍確認の代替手段とすることも多いものです。


何はともあれ楽天カードから見て問題ないだけの支払能力・クレジットスコアがある人なら入会はできるので、電話連絡についてあまり心配する必要はないと思ってください。