あなたがフリーターだったら、「自分の属性でも楽天カードの審査に通るか」が不安かもしれません。



インターネット上でクレジットカード審査に関する評判・口コミを見ると「フリーターは審査落ちしやすい」ということも書かれています。


楽天カードの場合はどうなのか、ここではフリーターの申し込みに関する楽天クレジットカードの審査基準についてまとめます。







楽天カードの審査はフリーターでも通る





結論を言うと、フリーターでも楽天カードの審査には問題なく申し込めます。



申込資格があるというだけで、必ずしも審査に通るとは限らないという点に注意してください。


しかし、月収5万円や8万円以上など、安定した金額を長期に渡って稼いでいるフリーターの場合、審査に通る確率が高くなっていますs.



楽天カードが公式に審査通過率を公表しているわけではないので、評判・口コミからの推測です。


しかし、そうした推定とは言えやはり「安定収入があるフリーターなら、その月収・年収の範囲内で楽天カードを発行できる」ということは間違いないでしょう。



そのため、フリーターとしてこれから楽天カードの審査に申し込む場合にも、安心してください。



無職・ニートでも楽天クレジットカードは発行可能



楽天カードの審査は、ニート・無職あるいは失業者でも申し込めるようになっています。



これらの属性だと審査に通るのはかなり難しくなりますが、それでも資産証明さえできればいいのです。


たとえば十分な預貯金がある、不動産などの資産を保有しているという証明ですね。



預貯金の金額は銀行通帳で証明できますし、不動産は登記簿謄本などを提出すればOKです。



投資家で資産はあるけど無職という方は、以下の記事も参考にしてみてください。



クレジットカードの審査に関するポイントについて、更に詳しく書いています。



無職の投資家はクレジットカードを作れる?収入があっても不可?



経済力さえあれば、このように仕事がない属性の申込者でも楽天カードやその他のクレジットカードを発行出来るわけです。


まして仕事をしているフリーターだったら、給与・給料の範囲内でクレジットカード発行ができるというのは、ある意味当たり前なんですね。



フリーターと同じく、パートの主婦やアルバイトの学生なども楽天カードは申し込み可能となっています。



楽天カードの審査落ちメールはどのくらいの日数で届く?



楽天クレジットカードの審査に落ちる時は、クチコミ・体験談で「審査落ちメール」と呼ばれているものが届きます。



これがどのくらいの日数で届くものなのか、平均値が気になることもあるでしょう。



あまりに早く審査落ちメールが届いた場合、いわゆる瞬殺をされるほど、自分のクレジットスコア(信用度)が低かったということになりますからね。


結論を言うと、私が楽天カードの審査の評判・体験談をチェックした限りでは、審査落ちメールが届くまでの期間に特に法則や傾向はありませんでした。



一応、楽天カードの審査日数自体が数営業日程度なので、審査落ちメールもそのくらいのスピードで届くことが多いといえます。



何はともあれ、そうして審査に落ちてしまっても、楽天カードより審査が甘いクレジットカードを発行すれば問題はありません。


たとえばアコムが発行するACマスターカードなどは、楽天カードで審査に落ちるようなユーザーでも審査に通ることがあります。



どうしてもクレジットカードが必要な時は、ACマスターカードなども検討してみるといいでしょう。







楽天カード以外で審査なしで発行できるクレカはある?



フリーターにしてもその他の属性にしても、自分の職業や収入、クレジットヒストリーなどに自信がなければ「審査なしで作れるクレジットカード」を知りたいかもしれません。



しかし、審査なしで発行でこいるクレジットカードは一枚もありません。


強いて言うなら、プリペイドカードやデビットカードは審査なしのクレカに近いイメージではあります。



プリペイドカードは、電子マネーのSuicaのようにカードの中に現金をチャージして、その金額の分だけ買い物ができるというものです。


自分が先払いするので、クレジットカードと違って「借金」ではないんですね。



そのため、プリペイドカードだったら審査なしでコンビニエンスストアなどで買うことができます。



もう一つのデビットカードは、ショッピングをする度に銀行口座からすぐお金を引き出すクレジットカードです。


これもやはり実際に銀行口座にある現金分しか利用できないので、借り入れではありません。



そのため、デビットカードもほぼ審査なしで発行できるようになっています。



単純にVISA・Master Card・JCBなどの決済が必要なだけという時は、これらのカードを発行するのもいいでしょう。


しかし、楽天カードのような「普通のクレジットカード」を発行しようと思うと、やはり審査なしで作成するのは無理だと理解してください。



楽天カードの審査はフリーターだと期間・日数が長い?





WEB上の経験談やクチコミを調べていると、まれに「楽天カードの審査は、フリーターだと長引くことがある」ということが書かれています。



確かに、楽天カードも含めてすべてのクレジットカードの審査は、スコアリングで低スコアの申込者ほど審査期間が延長される傾向があります。


現時点でお金がない申込者は急ぎでお金を借りる必要があるため、待たされると他でクレジットカードを発行したり、キャッシングをしたりするからです。



そうした動きをするかどうかを、楽天カードなどのクレジット会社側はしばらく観察するんですね。



そのような危険な動きが1週間ほどないようであれば審査に通す、などのパターンがよく見られます。


楽天カードでのフリーターの審査期間がどのくらいになるにしても、セゾンカードやエポスカードなどのように即日発行できるということはありません。



急ぎでクレジットカードを発行したいという時には、楽天カード以外のクレカをチェックした方がいいでしょう。


しかし、ポイント還元率の高さなどのメリットも考えると、即日発行はできなくても楽天カードを持つメリットは大きいと私は考えます。


楽天カードの審査、フリーターの電話連絡は職場に来る?





クレジットカードの審査ではたまに勤務先への在籍確認の電話がありますが、楽天カードでもユーザーによってはあります。



フリーターの場合も勤務先に在籍確認電話がかかって来るのかどうか気になるでしょう。



私が知る限り、フリーターでも楽天カードからの会社への在籍確認の電話が来ないケースはよくあります。


しかし、申込者の状況によってはかかって来ることもあるので、一応「在籍確認電話はある」と思っておいた方がいいでしょう。



消費者金融や銀行カードローンなどと違い、クレジットカードなら職場にバレて恥ずかしいことは何もないので、勤務先への電話連絡を受けるデメリットは特にないと思って安心してください。