楽天カードはポイント還元率が高いことや、ハワイのホノルル国際空港のラウンジ特典があるなど、多くのメリットがあることで評判です。



その特典が、楽天ゴールドカードになることでさらに豊富になると聞いたら、あなたもゴールドカードに興味を持つかもしれません。


ここでは、楽天カードの特典がゴールドカードになるとどのようにアップするのか、申し込みにはインビテーションが必要なのか、などの情報をまとめます。







楽天カードゴールドの審査にインビテーションは不要





楽天ゴールドカードの申し込みに、楽天カード株式会社からのインビテーションは必要ありません。



一般カードやピンクカード、イーグルスカードなどと同様に、最初から審査申込みができるルールになっています。


もちろん、普通の楽天カードよりはゴールドカードの方が審査が厳しくなっています。



難易度も上がりますし、審査通過率もやや低めになるでしょう。



しかし、他のクレジットカード会社のゴールドカードと比較してそれほど審査基準が厳しいということはないので、最初から申し込んで発行できることもよくあります。



楽天カードのポイント還元率をさらに上げるために、最初からゴールドカードの審査に申し込んでみるというのもいいかと、私は思います。



プラチナカード(ブラック)なら楽天カードの招待状が必要



ゴールドカードの入会ではインビテーション・招待状は不要ですが、さらに上のステータスのプラチナカードになると必要です。



楽天カードではゴールドカード・プレミアムカードの次がプラチナカードですが、これはブラックカードとも呼ばれます。


商品名は楽天ブラックカードですが、券面にはプラチナム(Platinum)と書かれており、サービスの内容なども実質プラチナカードとされています。



何はともあれ、このような「ブラックカード兼プラチナカード」という種類が楽天カードにはありますが、こちらはインビテーションがないと申し込めません。


楽天ゴールドカードやプレミアムカードから利用を始めて、ある程度のクレジットヒストリーを積んだ後に招待状が届くのを待つ、という流れになります。



私が口コミ・評判をチェックした範囲では、ブラックカードやプラチナカードになると、楽天のポイント還元率や特典はさらに大きくなります。


ポイント還元率の高さや特典を目当てに楽天カードを発行する場合、将来ブラック・プラチナを取得することも視野に入れ、楽天ゴールドカードを発行するのもいいでしょう。



楽天カード特典、ダイヤモンド会員とゴールドの違いは?



楽天カードの特典の中には、ダイヤモンド会員というランクがあります。



楽天カードの使用状況に合わせて、レギュラーから始まりシルバー、ゴールド、そしてプラチナからダイヤモンドとランクアップしていきます。


これは楽天クレジットカードのステータスとは関係ありません。



極端な話、普通の楽天一般カードでショッピングを大量にしていれば、ダイヤモンド会員になれます。


もっとも私が見る限り、それだけ楽天市場や楽天ビューティーなどでショッピングをしている人は、大体途中でゴールドカードのDMやプラチナカードのインビテーションが届くので、グレードアップすることが多いです。



何はともあれ、ダイヤモンド会員は「高額決済を楽天市場などで継続している人が対象」という風に理解してください。



特典の内容については、空港ラウンジが利用できるなどの点で、ゴールドカードの方が優れています。


しかし、キャンペーンで定期的にもらえるポイントなどは、ダイヤモンド会員の方がメリットがあるともいえます。



一番いいのはやはり「楽天ゴールドカードを保有して、さらにダイヤモンド会員になる」ということでしょう。



以下の記事では、ダイヤモンド会員になると、どのようなメリット・特典があるのかを解説していますので、参考にしてみてくださいね。



楽天カード・ダイヤモンド特典にランクアップするメリットは?



楽天カードゴールドとプレミアムカードはどう違う?



楽天ゴールドカードとよく似た種類のクレジットカードに、楽天プレミアムカードがあります。



「この2つのクレジットカードの違いがわからない」というクチコミもよく見られるものです。



楽天プレミアムカードは、楽天ゴールドカードのステータスが1つ上がったものと考えてください。


年会費については、楽天ゴールドカードは2000円台ですが、楽天プレミアムカードは1万円台となっています。



今後の変更で金額は多少前後する可能性がありますが、年会費から比較すると「楽天プレミアムカードの方が、5倍ステータスが高い」ということになります。



私が思うに、他のクレジットカード会社のゴールドカードは大体年会費1万円か2万円はするので、プレミアムカードが一般的な意味でのゴールドクレジットカードに相当するでしょう。


通常の楽天ゴールドカードは「下位ゴールド」と認識するのがいいかと思います。



しかし、あくまでランクがそのようになっているだけで、楽天カードのゴールド特典は非常に豊富です。



ゴールドカードでもその他の種類のクレジットカードでも、楽天カードはコストパフォーマンスが非常にいいと私は感じます。



楽天カードゴールドの特典は、家族カードでも使えるか





楽天ゴールドカードの特典は、家族カードでも適用されます。



たとえばポイント還元については、楽天ゴールドカードを持つ本会員に集中するという形になります。


家族カードを持つ一人ひとりにポイントが還元されるわけではありません。



しかし、家族全体でみれば「家族カードに対しても高いポイント還元率が適用されている」ということです。



また、すべての家族カードのポイントをまとめることができるサービスも評判です。


家族の中で楽天市場や楽天トラベルを使う人もいれば、使わない人もいるでしょう。



使わない家族のポイントを使う家族に移行すれば、より便利にゴールドの家族カードを利用できます。


家族で利用するにも、楽天カードゴールドはメリットが大きいクレジットカードだと評価していいでしょう。



楽天カード特典、ゴールドだとラウンジもランクアップ?





通常の楽天カードでもホノルル国際空港などの専用ラウンジが利用できます。



楽天ゴールドカードに切り替えると、このラウンジ特典がさらにパワーアップするのか、気になることでしょう。



結論を言うと、利用する口コミによってゴールドカードの方がラウンジの利用特典が大きくなります。


私の経験からいっても、国内の主要空港でも「クレジットカード会社に関係なくゴールドカード会員だったら利用できる」というラウンジが多くあります。



対象外となるクレジットカード会社もありますが、楽天カードだったらほとんどの空港で対象となるでしょう。



このため、特に国内旅行・海外旅行によく行く場合は、楽天カードをゴールドにグレードアップする価値があります。


インビテーションなしで最初から申し込むことができるクレジットカードなので、ポイントキャンペーンなどのタイミングに合わせて、ぜひ申し込んでみてください。