あなたが楽天銀行カードローンを利用する場合も「家族に内緒でお金を借りたい」と思うことは多いでしょう。



その時、楽天銀行カードローンの審査では郵送物があるかどうか、という点が気になるかと思います。


この記事では、楽天銀行カードローンの審査における郵送物・郵便物について解説していきます。







楽天銀行カードローンの郵送物は簡易書留で自宅に届く





楽天銀行カードローンの審査では郵送物が必須です。



私が把握する限りでは簡易書留で自宅に届けられるようになっています。


ただ、状況・条件によっては簡易書留以外の郵送方法がとられる場合もあるようです。



しかし、基本的には簡易書留で送られて来ると思って下さい。



簡易書留は自宅に誰がいれば受け取れるので、あなた本人がいなくても、家族がいれば受け取ることが可能です。


裏を返せば「あなたが不在の時に楽天銀行スーパーローン(カードローン)の郵送物が来てしまったら、家族が受け取ってしまい借り入れがバレる」ということです。



つまり、楽天銀行カードローンの審査に申し込む時には、郵送物の受け取りに細心の注意を払う必要があります。



もし家族もいなかった場合は、簡易書留は「不在通知」がポストに投函されます。



そして、その不在通知を郵便局に持参すれば、やはり本人でなくても家族でも受取可能となっています。


このように郵送物の受取りのみ楽天銀行カードローンは少々厄介ですが、これは他の銀行キャッシングやクレジットカードでも同じだと思って下さい。



クレジットカードだったら問題なく堂々と家族に受け取ってもらえるでしょうが、やはり銀行カードローンだとそうはいきません。



そうかと言ってアコム・アイフル・プロミスなどの消費者金融のように「自動契約機でカード発行ができる」という仕組みにすると、コストがかかる分高金利になります。


楽天銀行カードローンのように低金利でキャッシングのサービスを提供するためには、このような受け取りの手間については仕方ないことと受け入れて下さい。



楽天銀行スーパーローンは家族に内緒で審査に通ることが可能



郵送物の受け取りについては少々手間がかかりますが、楽天銀行カードローンは家族に内緒でお金を借りることは非常にしやすいキャッシング商品です。



楽天銀行カードローンで家族に内緒でキャッシングしやすい理由は、ほとんどの審査手続きがWEB完結で済むことにあります。


楽天銀行カードローンの審査でネット完結でできないのは、勤務先への在籍確認の電話や本人の携帯への確認電話くらいです。



その他、最後のローンカードの郵送もありますが、これら3つの作業以外はすべてWEB完結で審査できるようになっているのです。



身分確認資料についても郵送で提出する必要はなく、スマートフォンで撮影した写メや、パソコンからスキャンした画像などをアップロードするだけで完了します。


来店する必要もありませんし、ローン契約機などに足を運んでテレビ電話で審査するなどの必要もありません。



自宅の固定電話に連絡が来ることもないので、完全に家族に内緒で審査を通過することが可能というわけです。


そのため「お金を借りたいけど家族・夫・旦那・嫁・妻にバレるのが不安」という時でも安心してください。



楽天銀行カードローンは主婦でも夫・旦那にバレないで借入できる



楽天銀行カードローンはパートの主婦でも借入可能ですが、パートの主婦がキャッシングをする時、夫・旦那にバレないように借りることができます。



パートの主婦だから何か特別な審査システムがあるというわけではなく、もともと楽天銀行カードローンの審査システム自体が借り入れがバレないようになっているからです。


そのため「夫・旦那にバレないようにキャッシングをしたい」と思っているパートの主婦でも安心してお金を借りることができます。



なお、自分の収入がない専業主婦については楽天銀行カードローンでの借り入れはできないので注意してください。


楽天銀行カードローンで主婦がお金を借りるためには、あくまでパート・アルバイトの収入が必要という審査基準になっています。



これは楽天銀行カードローンだけではなく、どの銀行キャッシングでも共通のルールなので理解してください。







楽天銀行カードローンの郵送物にローンカードがある理由



楽天銀行カードローンの郵送物の中にローンカードがあるのはなぜかというと「ATMで借入・返済するため」です。



当然ながらATMを操作するためには何らかのカードが必要です。


将来的に指紋認証などでカードレスで操作できるATMも導入されるようですが、そのような未来になっても、やはりATMはカードで動かすことが多いでしょう。



そして、楽天銀行カードローンのようなキャッシングのサービスでもやはり、ATMを動かすために「ローンカード」が必要なのです。



銀行預金のキャッシュカードが、ローンカードに変わるというだけです。


ローンカードを銀行ATM・コンビニATMに差し込めば、借入・返済・残高照会などのメニューが起動します。



あとは銀行預金の引き出しや預け入れと同じように操作するだけです。



郵送物の受け取りが少々手間であるというのはわかりますが、やはりATMで返済・借入や残高照会ができるというのは非常に便利です。


私はATMでの借入・返済ができない学生専用ローンを利用していたことがありますが、非常に不便でした。



特に不便だったのは追加返済・臨時返済をする時で、事前にその貸金業者に電話連絡をしないといけないのです。



1万円未満の少額の任意返済だとわざわざ電話するのも申し訳ないので、いつも1万円まで貯まってから返済の連絡をしていました。


これではなかなか追加返済ができず、借入残高が減らないというのは想像できるでしょう。



やはり楽天銀行カードローンのように「コンビニエンスストアでいつでも、1000円単位で返済できる」というのは非常にいいサービスなのです。



そのサービスを利用するにはローンカードが必要であり、ローンカードをもらうためには郵送で受け取る必要があるということです。



そのため、楽天銀行カードローンの審査通過後には、郵送物の受取りは欠かせないと理解してください。



楽天銀行カードローンの郵送物、審査申込時に提出する書類はある?





基本的にキャッシングの郵送物というと「受け取るもの」を指しますが、「自分から送付するもの」を指すこともあります。



あなたがこれから楽天銀行カードローンの審査に申し込む場合、郵送によって提出する書類があるかが気になるでしょう。


結論を書くと、楽天銀行カードローンの審査で本人確認資料や収入証明書などの必要書類を郵送で提出することはありません。



提出書類はすべてインターネットのアップロードによって送れます。



郵送で何らかの書類を提出するというのは、特別な事情がある時のみです。


そのため、審査申込時に楽天銀行カードローンに対して何かを郵送で送るということはないと思って下さい。



楽天銀行カードローンの郵送物、親バレしないで受け取る方法





楽天銀行カードローンの審査についてのインターネット上の口コミ・評判を見ていると、「親バレしないように楽天銀行カードローンからの郵送物を受け取りたい」という内容がたまに見受けられます。



「親バレしないように」ということはおそらく学生の方々でしょうが、結論を書くと、学生の借り入れ自体が楽天銀行カードローンではできません。


以前は学生でも楽天銀行カードローンでお金を借りることができましたが、2017年からは出来ないようになっています。



つまり、親バレしないように郵送物を受け取る方法以前に、そもそも借り入れ自体が学生ではできないということです。



学生でなくアルバイト・フリーターなどの職業・属性の場合は、20才以上であれば借入可能です。


未成年者では借り入れできませんが、年齢が20才以上になっていれば、職業・属性が非正規雇用であっても楽天銀行カードローンで借り入れできるのですね。



このようにすでに働いている若い申込者でも、親と同居していれば親バレが気になるかも知れません。



この点については、やはり「郵送物を自分で受け取るよう、なるべく自宅にいる」というのが一番の対策になるでしょう。