便利に使える楽天カードのキャッシングですが、気になるのはその利息。



例えば、楽天カードのキャッシングを10万円利用したら、どれくらいの利息がつくか知っていますか?


それを知らずに安易に使ってしまうと、後で後悔する事に!



知らないと怖い楽天カードのキャッシングの利息や、注意すべき返済方法まで詳しく解説しますので、是非参考にしてみてください。







楽天カードでキャッシング10万円で利息は?





早速、楽天カードのキャッシングの利息を確認しましょう。



実質年率 18.0%
遅延損害金 20.0%


銀行カードローンや消費者金融などは、キャッシング枠により実質年率は変わるものですが、楽天カードは一定の18.0%



キャッシング枠の金額が変わっても、利息は変わらない事になります。



この実質年率の18.0%は、特に高いわけでもなく、一般的なカードのキャッシングの利息と言っていいでしょう。



一括払いの利息はある?



ショッピング枠の場合、一括払いの場合は無利息ですよね。



だからキャッシングも無いと思っているあなたは大間違い!



キャッシングの返済は一括払いでも利息を払わなければいけません。


つまり、無利息期間や無利息回数が無いのです。



私は完全に勘違いしていた為に、結果「え〜!?」と痛い目にあった事があります。



ですので、一括払いでも利息がつく事は忘れず頭に入れておきましょう。


楽天カードのキャッシング10万円でも返済方法は選べる?





結論から言うと可能です。



分割返済というより、リボルビング返済になります。



そして、上で説明した一括払いを含めると返済方法は2つになります。



楽天カードのキャッシングで10万を利用した場合の返済方法を、実際の計算を用いて解説していきます。



一括払い



キャッシングを利用した際、その金額を一括で返済する方法です。



10万円を借りた場合の返済額は以下の計算になります。



100,000円+(100,000円 × 30日 × 0.18 ÷ 365) = 101,479円


なぜ一回払いなのに1日ではなく30日を掛けるかというと、楽天カードの一括払いの場合は借入日から30日ごとに返済する事を目安としているからです。



休日などをはさんだ場合は、日数が変わる為、金額も変わる場合もあるので注意しましょう。


リボルビング払い



最近よく使われるリボルビング払い。



楽天カードのキャッシングの返済でも、このリボルビング払いが使えます。



支払い回数ではなく、一定の金額+利息という支払い方なので、返済の計算と目処が立てやすいのが特徴です。



特に楽天カードの場合は、返済の一定金額を3,000円から設定できるので人気があります。



例えば、10万円を借りて、リボルビング払いで毎月3,000円で返済する場合は、計算を複数回行う為、以下のようになります。



(画像引用:楽天カード)




元金を3,000円とすると利息を合わせて34回(約3年間)に分割して払う事になります。



リボルビング払いの注意点



上の画像をみてわかると思いますが、一括払いとリボルビング払いでは、返済総額に大きな開きが出てきます。



これがリボルビング払いの一番注意しなければいけない点で、少額で払える分、都度利息が再計算されるので利息がかさみ、結果思いもよらない金額を払う事になるのです。


かなり損をする事は事実ですが、リボルビング払いが悪いという事ではありません。


私もリボルビング払いを利用した事がありますが、毎月の収入が少ない場合でも余裕をもって必要なものを手に入れる事ができた為、結果満足しました。



ですので、リボルビング払いを選ぶ場合は、「返済総額より、毎回返済する金額が少ない方がいい!」と割り切って使う事をおすすめします。







楽天カードはキャッシング10万円から返済額が変更





現在、楽天カードのキャッシングの返済を一括やリボルビング払いと指定しない場合、自動的にリボルビング払いに決定されます。



その際、借り入れ額が10万円以上になると、支払う元金が変わってきます。



自分が借りる金額が決まっている場合は、以下の表で必ず支払いを確認しましょう。



(画像引用:楽天カード)




楽天カードでのキャッシング10万円以上でリボルビング返済額を減らす方法





楽天カードのキャッシングの返済をリボルビング支払いにしたものの、やはり返済金額が多くなるのは嫌だと考えたあなた。



実は、リボルビング払いでも返済金額を減らせる方法があります。



「リボ残高のおまとめ払い」を利用しよう!



それは、「リボ残高のおまとめ払い」という方法です。



一般的に言えば「繰り上げ返済」。



リボルビング払いの残りの金額を次の支払い日に強制的に一括で支払う方法です。



これを行う事で利息を減らす事ができ、最終的に支払う総額を減らす事ができます。


楽天カードのキャッシング利用額が10万円以上であれば、数千円単位で安くする事も可能です。



楽天カードではなかったですが、私も繰り上げ返済を利用して、最終的な支払い総額を減らす事に成功した事があります。



変更方法は、まず以下のURLから変更画面に行きます。



楽天e-NAVI: リボ残高のおまとめ払い|お支払い方法



すると、ページ中央あたりに以下の項目が出て来るので、キャッシングの部分に残りの返済額を入力して申し込めば終了です。





もし手持ちに余裕があり、少しでも返済額を減らしたい場合は、積極的にこの方法を行いましょう。



電話で「銀行振り込で全て返済したい」でもOK



リボ残高のおまとめ払いは楽天e-NAVIで行うものですが、実は電話でも可能です。



楽天のサポートセンターに電話して、「キャッシングのリボ払いの残金を銀行振込で支払いたいのですが」と伝えれば完了です。



オペレーターが残りの支払総額と銀行口座を教えてくれるので、振込みしましょう。



ただし、1点注意する事があります。



それは、銀行の振込手数料の負担です。



リボルビング払いの残金があまり無い場合、振込手数料のせいで結果的に損する場合もありますので、必ず確認してください。



可能であれば、振込み手数料のかからない方法で振込みする事をおすすめします。



初めてのキャッシングで10万借りるならプロミスもおすすめ



最後に、キャッシング自体初めてで、10万円をかりたいなら、大手消費者金融のプロミスもおすすめです。



なぜなら、初めての人であれば30日間、無利子で借りることができる上、WEBなら最短1時間融資も可能だからです。