楽天カード審査

仕事はしていないけど預金で生活している人、定職には就いていないけど不労所得がある人など、無職でもクレジットカードを持ちたいと思うこともありますよね。

カードがあればポイントを貯めたり、海外旅行での安心が得られたりとメリットがたくさんあります。

無職でも作れるカードとして人気が高いのは楽天カードですが、審査を受けるときの年収の申告はどうすればよいのでしょうか?

楽天カードの審査では無職は年収をどのように申告すればよい?

楽天カード無職

無職が楽天カードの審査を受けるときは、職業や年収はどのように申告すればよいのでしょうか?

何も考えずに入力していると審査落ちしてしまう可能性がありますので、重要ポイントを確認しておきましょう。

無職の人は職業や年収をどう申告する?

無職が楽天カードに申し込む場合、専業主婦や学生は家族の収入で審査を受けられますが、そうではない一般の無職(ニート)の場合は、可能ならば自営業として申し込みした方が合格率が上がります

働いて給料をもらっている状態ではなくても、何らかの方法で少しでも収入が発生していれば、自営業と申告して審査を受けることができます。

そうすることで、無収入の無職よりは格段に印象がよくなりますので、合格率もアップします

アフィリエイトやポイントサイトで稼いでいたり、クラウドソーシングで収入があったり、オークションやフリマで転売しているなど、なんでもよいので収入が発生していれば自営業として申告できます。

逆に、学生でも主婦でもない人が年収0円の無職として申し込みすると、よほど資産がない限りは審査落ちしてしまう可能性が高いです。

まずは自営業として申し込みできないか考えてみてください。

年収や預貯金額の目安

自営業やフリーランスとして楽天カードの審査を受けるときは、年収はどれぐらい必要なのでしょうか?

楽天カードから明確な金額が提示されているわけではありませんが、実際に申し込みした人の口コミ情報などから推測すると年収100万円前後でも審査に合格することは可能です

預貯金額については、なし~300万円以上という範囲で申告しますが、こちらは実際の金額を入力しておけば問題ありません。

私が申し込みをしたときも預貯金額をそのまま入力しましたが、その金額が本当なのか確認されるということは当然ありませんでした。

年収がある程度あれば預貯金額はなしでも審査に通りますので、ウソの申告にならないように気をつけながら一番近いものを選んでおいてください。

年収0円でも審査に合格する方法とは?

楽天カード審査

収入が少しでもあれば自営業として申し込むのがおすすめですが、収入が全くない年収0円の場合は楽天カードを発行できないのでしょうか?

実は本人の年収が完全に0円の無職でも審査に通る方法があります。

世帯年収が300万円を超えれば合格できる可能性が高い

楽天カードの審査の特徴として、無職で本人に収入がなくても、世帯年収が十分なら審査に合格しやすいということがあります。

自分は働いていない無職で年収が0円でも、家族にしっかり収入があれば楽天カードを発行できるのです。

世帯年収とは、自分と家族の収入を合計した年収のことです。

たとえば、父親の年収が400万円で、母親のパート年収が100万円、自分が年収0円なら、世帯年収は500万円ということになります。

楽天カードでは、この世帯年収の目安として300万円以上あれば合格できる可能性が高いのです。

私は、このことが楽天カードが無職でも発行しやすいカードと認知される大きな理由になっていると考えています。

世帯年収300万円というのは、かなり多くの家庭がクリアしている金額と言えるからです。

このようなことから、楽天カードは夫の収入で生活する専業主婦や親に養ってもらっている学生も発行しやすいクレジットカードとなっています。

住居の種類や家族と同居しているかも重要

学校に通っていない無職(ニート)が世帯年収を頼りにするときは、家族と同居していることが望ましいと言えます。

クレジットカードの審査では、住居の種類や家族構成、居住年数なども申告します。

住居の種類が持ち家で居住年数も長く、家族と同居しているなら、本人の年収が0でも世帯年収が十分なら合格できる可能性が高いです。

私は年収が0円の無職は家族と同居している人がほとんどだと思いますので、この条件は満たされる可能性が高いと思います。

以下の記事では、無職の人がクレジットカードを作るために知っておくべき審査のポイントについてご紹介しています。

併せて確認してみてくださいね。

無職でもクレジットカードのvisaが欲しい!審査を通る方法は?

無職の楽天カード審査対策

無職が楽天カードに申し込むときに気をつけておきたいその他のポイントについても確認しておきましょう。

他社利用状況や信用情報はどう影響する?

無職の人は働いて収入がある人に比べると信用が低くなってしまいますので、他社の利用状況や信用情報にも十分に気を付ける必要があります。

他社利用が多かったり信用情報に不安な点があると、無職や年収の低い自営業の場合は、すぐに審査落ちに直結する可能性があります

注意したいのは以下のようなことです。

  • 他社利用件数、金額が多すぎる
  • 他社の支払いを滞納している
  • 他社のクレジットカードやキャッシング、カードローンの利用が多いと、そちらの返済もしつつ楽天カードの支払いもするということになりますので、審査のハードルが上がります。

    もともと発行できるか否かギリギリのラインにいる無職の場合、少し他社利用が多いだけで審査落ちということも考えられます。

    他社の滞納については、携帯電話端末の分割払いの長期滞納も影響しますので注意してください。

    カードローンやクレジットカードを利用したことがない人も、信用情報に問題がないか一度振り返ってみることが大切です。

    職業をスナイパーにすると合格できるって本当?

    楽天カードにまつわる有名な都市伝説として、無職でも職業を「スナイパー」として申告すると審査に通るというウワサがあるようです。

    しかし、これには全く根拠はなく、実際にスナイパーで審査に通った報告もありませんので、実行するのは避けましょう。

    日本国内ではスナイパーは職業として成立しませんし、在籍確認もできませんので安定収入とは認めてもらえません。

    イタズラ目的の申し込みと判断されてしまいます。

    しかし、こういったウワサが発生するということは、それだけ楽天カードが注目されていて、無職の人からの申し込みも多いことを表していると言えますよね。

    しっかりと対策して申し込めば無職でも発行できる可能性は十分にありますので、ウソの申告はなしで審査にチャレンジしてみましょう。