2017年度に84回開催されたtoto BIGの売上金額は約1,080億円で、BIG系が9割、toto系が1割でした。



購入ルートはインターネットが75%で、高額当選者は楽天グループのサイトが一番多い、と言われています。



あなたが高額当選をめざすなら、楽天を利用しない手はないですよね。



しっかり調べて、上手に活用しましょう。



楽天でtoto BIG買うと高額当選確率が高いの?



インターネットを利用して高額当選をねらう人が増えている中、楽天は2018年1月、「楽天グループの販売サイト、「BIG」1等6億円以上当せん口数において、5年連続1位に」というプレスリリースをしました。



それによると、2013年からの「BIG」1等6億円以上当せん口数は、販売チャネル別に次のようになっています。



2013年40口【内訳】
楽天グループ:10、totoオフィシャルサイト:10、toto売り場:9、
コンビニエンスストア:6、その他オンライン販売チャネル:5



2014年46口【内訳】
楽天グループ:14、totoオフィシャルサイト:13、toto売り場:8、
コンビニエンスストア:6、その他オンライン販売チャネル:5



2015年37口【内訳】
楽天グループ:9、totoオフィシャルサイト:6、toto売り場:7、
コンビニエンスストア:9、その他オンライン販売チャネル:6



2016年37口【内訳】
楽天グループ:10、totoオフィシャルサイト:10、toto売り場:4、
コンビニエンスストア:5、その他オンライン販売チャネル:8



2017年44口【内訳】
楽天グループ:12、totoオフィシャルサイト:11、toto売り場:4、
コンビニエンスストア:7、その他オンライン販売チャネル:10



確かに、5年連続、単独もしくは同率首位です。



同プレスリリースでは、6億円未満を含めたすべての1等当せん口数においては、2016年を除き、過去5年で4回年間1位ともいっています。



ここまでをみると、楽天グループでくじを購入することが、高額当選への第一選択といえます。


楽天では高額当選確率がアップしていた





先ずは売上シェアが伸びているインターネットでのくじの購入は、当選確率が高いのかどうかです。



各販売チャネルの売上シェアの数値に比べて、高額当選確率(口数のシェア)が高いか低いかで判断しましょう。



2017年度の販売チャネル別売上シェアは、toto売り場が13.1%、コンビニエンスストアが11.9%、インターネットが75.0%でした。



同年度の高額当選確率は、toto売り場が9.1%(4口/44口)、コンビニエンスストアが15.9%(7口/44口)、インターネットが75.0%(33口/44口)になります。

それでは、売上シェアと高額当選確率を比べてみましょう。



2017年度はコンビニエンスストアでくじを購入すると、高い確率で高額当選が出たことがわかりました。



いっぽう、実店舗のtoto売り場で購入すると、ずいぶんきびしい確率になりますね。



インターネットは、売上シェアと当選確率が75%で一致しました。



それでは、もう少しさかのぼって調べてみましょう。



  • 2016年度、売上シェア&高額当選確率
  • toto売り場:13.4%&10.8%(4口/37口)
  • コンビニエンスストア:12.9%&13.5%(5口/37口)
  • インターネット:73.7%&75.7%(28口/37口)


  • 2015年度、売上シェア&高額当選確率
  • toto売り場:14.1%&18.9%(7/37)
  • コンビニエンスストア:14.1%&24.3%(9/37)
  • インターネット:71.8%&56.8%(21/37)


  • 2014年度、売上シェア&高額当選確率
  • toto売り場:15.7%&17.4%(8/46)
  • コンビニエンスストア:16.6%&13.0%(6/46)
  • インターネット:67.7%&69.6%(32/46)


  • 2013年度、売上シェア&高額当選確率
  • toto売り場:16.2%&22.5%(9/40)
  • コンビニエンスストア:19.6%&15.0%(6/40)
  • インターネット:64.2%&62.5%(25/40)


  • 私が過去5年を分析した結果、2015年に一度落ちこむものの、インターネットの確率が年々アップしていることが判明しました。


    同様に、コンビニエンスストアは横ばい、toto売り場は確率がダウンしています。



    楽天は、高額当選の確率が年々アップしているインターネットのサイトです。



    そして、全ての販売チャネルの中で、高額当選5年連続首位です。



    やはり楽天グループのサイトでくじを購入することが、高額当選確率がアップ、つまり高額当選者への道といえるでしょう。


    もっと確率をアップさせる方法とは



    2018年12月、BIGの当選金(売上金額の50%)配分割合を、1等については従来の76%から80%に変更されて、より高額の賞金が期待できるようになりました。



    その分、2等が9%から7%へダウンしたりしています。



    この変更は2019年1月からの適用となっており、BIGはより魅力が増しました。



    サッカーくじのtoto BIGには、他のくじにない特徴があります。



    それは試合中止の場合に、当選確率が大幅にアップするということです。



    スポーツ振興くじのオフィシャルサイトには、次のように記載されています。



    「天候の悪化その他やむを得ない事由により試合が開始される前に中止となった場合については、BIG、100円BIG、BIG1000、mini BIG、toto、mini totoの場合、「1」「0」「2」のいずれに投票されていても的中扱いとなります。 また、totoGOAL3及びtotoGOAL2の場合、「0」「1」「2」「3」のいずれに投票されていても的中扱いとなります。」



    つまり、開始前に試合が中止になった場合は、投票内容にかかわらず、全て的中扱いになるわけです。



    BIGの場合、試合結果は勝ち、負け、引き分けの3通りあります。



    したがって当選確率は、1試合中止で3倍、2試合中止で9倍、3試合中止で27倍、4試合中止で81倍となります。



    なお、5試合以上の中止は「くじ不成立」となって払い戻しとなります。



    インターネットだと、試合中止が分かってからも購入できるため、当選確率アップがねらえますね。



    問題は天候しだいですが、初夏から晩秋までの台風シーズンが一番期待できます。



    私はこれから地球温暖化の影響で荒天が増え、さらに確率アップの機会が増すのではないかと思います。



    あなたが高額当選の確率をアップさせたいなら、台風の進路や影響を見定めながら、じっくり購入タイミングを待ちましょう。

    楽天でtoto BIG高額当選した人達の傾向





    ここでは、楽天totoのサイトに載っている「6億長者当せんデータ集」より、引用して紹介します。



    しかし高額当選者のデータを参考にするにしても、誕生月(9月、3月、6月の順)やイニシャルなどは、簡単に変更したり合わせたりできません。



    いっぽうで、自分でコントロールできる事が幾つかあります。



  • 購入曜日:土曜日が1位、金曜日が2位
  • 購入時間帯:10時台1位、次が11時~12時台
  • 購入口数:10口以上がとても多い


  • ざっくり、こんなデータが高額当選者から得られています。



    それを参考にするもよし、独自のゲン担ぎをするもよしです。



    確かなことは、くじは買わないと当たらないということです。



    楽天totoと楽天銀行toto、違いは何?



    いざ購入となった時、楽天totoと楽天銀行totoの2種類があって、どちらにしたらよいのか、考えることになります。



    両者は同じ楽天グループではありますが、管理している企業が異なります。



    楽天toto:楽天株式会社
    楽天銀行toto:楽天銀行株式会社



    そのため、使い勝手やキャンペーンなどに違いがあります。



    あなたにとって、メリットが多い方を選んでください。



    決済方法とポイントの違い



    先ず、利用できる支払い方法が違います。



    楽天toto:クレジットカード(楽天カードなど)、楽天銀行口座、楽天キャッシュ
    楽天銀行toto:楽天銀行口座



    楽天totoは各種クレジットカードが利用できるのに対して、楽天銀行totoは楽天銀行口座からの引き落としのみとなります。


    付与されるポイントがちがいます。



    楽天toto:楽天スーパーポイントが貯まる(1口につき1ポイント)
    楽天銀行toto:楽天銀行totoポイントが貯まる(1口につき1ポイント)



    楽天totoなら、くじを購入するときに楽天カードで決済すると、さらに購入金額の1%分の楽天スーパーポイントがもらえます。



    楽天スーパーポイントは楽天市場での買い物に、1ポイント=1円として利用することができます。



    使用期限の無い通常ポイントで、楽天会員ランクのアップ対象にもなっています。



    ただし、楽天スーパーポイントで、楽天toto、楽天ナンバーズは購入できません。



    楽天銀行totoポイントは、楽天銀行でtoto BIGを購入する際に利用できます。



    くじ購入の際に、100ポイント以上から利用することができます。



    楽天銀行totoポイントの有効期限は最終購入日から1年間で、くじを1年間買わないとポイントが無効になってしまいます。



    楽天スーパーポイントと違い、交換・換金・楽天市場での買い物にも利用できません。



    サービスの充実度はどうか



    楽天totoの方がtoto BIGを購入する際に役立つコンテンツがかなり豊富です。



    たとえば「totoBIG当せん虎の巻」では、購入時に参考となるデータがわかりやすくまとめられていたり、編集部のアドバイスのコラムがあったりします。



    また各自がtoto予想を公開して、お互い参考にできる「toto予想広場」もあります。



    楽天totoの専用スマホアプリもあり、とても使いやすくて楽しいと評判です。



    楽天銀行totoは、銀行のホームページに追加された形でとてもシンプルな内容です。



    銀行のキャンペーンやサービスを見ながら、くじも購入するのならともかく、高額当選をめざす人には物足りないのではないでしょうか。



    私なら楽天totoの利用をおすすめします。



    楽天銀行totoを選ぶメリットはあるの?



    最後に、楽天銀行totoにするメリットを考えてみましょう。



    銀行がとくに強調しているのは、楽天銀行totoはハッピープログラムの対象サービスだということです。



    ハッピープログラムについて



    ハッピープログラムは楽天銀行の顧客優遇プログラムです。



    ハッピープログラムでは「ベーシック」「アドバンスト」「プレミアム」「VIP」「スーパーVIP」の5種類の会員ステージを設け、それぞれに特典があります。



    会員ステージは「毎月25日終了時点の資産残高」、または「前月26日~毎月25日の対象商品・サービスの取引件数」で決定します。



    プログラムにエントリーするだけで、たとえば取引ごとに楽天スーパーポイントが貯まり、楽天スーパーポイントを振込手数料に利用できるようになります。



    またATM手数料が最大7回/月、振込み手数料が最大3回/月まで無料になる仕組みです。



    また、楽天銀行でtotoやBIGを購入すると金額に応じてレベルが付与され、獲得したレベル数に応じた特典を受けることができます。



    楽天銀行をメインバンクとして活用する場合には、便利なプログラムとなるでしょう。



    高額当選者になるには、楽天でtoto BIGを購入すると良さそうだ、そしてその理由も分かっていただけましたか?



    この記事があなたの参考になれば幸いです。