りそな銀行カードローンは都市銀行が提供するキャッシング商品ということで「銀行から借り入れをしたい」と思った時、選択肢に入れる人も多いでしょう。



特に「今すぐキャッシングをしたい!」「大至急お金が必要」という場面では、審査時間がどのくらいかかるのかを知りたいはずです。


ここでは、りそな銀行カードローンの審査の所要時間や期間、借入可能金額の増額についてのクチコミなどについて解説します。







審査にかかる時間は不明だが、Webで完結可能





りそな銀行カードローンもその他の金融機関の貸付商品も、審査にかかる日数や時間については明言していません。



以前は銀行カードローンでも「最短即日」など審査に必要な日数が書かれていましたが、今ではこれは規制されているのです。


私個人としては「審査の所要時間が明記されているのはいいこと」だと思っています。



しかし、「急ぎでお金が必要な人にどんどん融資をしていると、多重債務者が増えてしまう」という金融庁の配慮もあるのでしょう。


このような理由から、りそな銀行カードローンも他の銀行キャッシング同様に、審査時間やスピードはわかりません。



しかし、来店や郵送不要のインターネット申込のみで利用できるWEB完結のシステムがあるので、かなり短時間で借り入れができるのは、間違いないでしょう。



提出書類は主に身分証明書のみでOK



りそな銀行カードローンの審査で必要になる書類は、主に身分確認資料のみです。



各種健康保険証や運転免許証・パスポートなど、公的書類の写しやスキャンした画像を提出します。


私の経験からいうと、りそな銀行カードローンだけでなくほとんどの大手の消費者金融や銀行キャッシングが「本人確認書類の提出のみでOK」というルールでやっています。


収入証明書が必要になるケースは、個人事業主・自営業などの属性で申し込む時に限定されています。

りそな銀行カードローンで審査に落ちる原因



年収が低い、不安定な職業である、勤続年数が短いなどの条件が揃っていると、りそな銀行カードローンの審査でも落ちる原因になります。



特に過去に自己破産などの債務整理をしていたり、クレジットカードの強制解約などでブラックリスト入りしているという人は、ほぼ審査に通らないと思ってください。


自分がブラックリストに入っているかどうかは、JICC・CIC・KSCなどの個人信用情報機関に開示請求をして、自分のクレジットヒストリーを調べるとわかります。



審査通過率を上げる&スピード借入を実現する方法



りそな銀行カードローンで審査通過率を高めるにはどうしたらいいか、と悩んでいる人もいるかもしれません。



私が思うに、まずクレジットカードの保有枚数が多い人は、不要なクレジットカードを解約して手持ち枚数を減らすというのが効果的です。



理由は、クレジットカードが多いと破産のリスクが高くなるため、りそな銀行カードローンも警戒する可能性があるからです。



月収を増やしたり正社員になったりすることはすぐにできませんが、クレジットカードを退会することならすぐにできるので、有効な手といえます。


このようにして、少しでも審査担当者から信用されるようにすれば、審査スピードも上がり、急ぎのキャッシングもしやすくなるでしょう。







限度額を増額したい時の問い合わせ方法





りそな銀行カードローンでも与信枠を増額することは可能です。



借入枠を増やしてもらいたい場合、まずはりそな銀行カードローンに電話などで問い合わせるようにしましょう。


私の経験と口コミ・評判の内容を合わせて判断すると、消費者金融などは自主的に限度額増額の営業をかけてくることもありますが、りそな銀行のような金融機関ではそれはほぼありません。



このため、借入可能金額をアップしたいなら、自分から申し込み・申請をする必要があります。



毎月5日が返済日、支払方法は口座引落とATM





りそな銀行カードローンの返済日は毎月5日に統一されています。



銀行口座からの引き落としによる約定返済が基本ですが、それとは別にATMでの臨時返済も可能です。


りそな銀行のATMは当然利用可能ですし、埼玉りそな銀行や近畿大阪銀行などのATMも利用できます。



特にファミリーマートやローソン、セブンイレブンなどのコンビニATMでも返済・借入ができるようになっている点が便利です。


りそな銀行カードローンの最低返済金額は月々1万円からですが、お金がある時にはできるだけ追加返済をして、早期完済を目指しましょう。