ソニー銀行

インターネットバンキングはスマホや携帯電話で外出中に取引ができて便利です。



しかし、スマホを落としたり紛失してしまうとと、不正利用されないかという心配もありますよね。



ソニー銀行では、本人以外が不正に送金できないような対策がしっかり行われています。



ソニー銀行の預金口座を安全に利用するためのセキュリティについて解説します。



ソニー銀行のセキュリティ



ソニー銀行

ソニー銀行で安全に取引するために便利なワンタイムパスワードについて紹介します。



ワンタイムパスワードの使い方



ソニー銀行では、振込などの取引の安全性を確保するために、ワンタイムパスワード方式を採用しています。



ワンタイムパスワードとは、非常に短い一定時間のみ有効な、その場限りの使い捨てのパスワードのことです。



長期間同じパスワードを使用するとパスワード生まれてしまうことで不正利用のリスクがあります。



しかし、ワンタイムパスワードなら発行されるパスワードが30秒ごとに無効になりますので、不正利用の心配がありません。


ソニー銀行では、トークンという手のひらサイズのワンタイムパスワード生成器を使います。



インターネットバンキングで振込をするときに、このトークンを手元に用意して、その場限りのパスワードを発行して振込の認証をします。



私は、ワンタイムパスワードの生成はスマホアプリで行う金融機関もありますが、ソニー銀行は手元にトークンがあるため安心して利用できると考えています。



スマホアプリはスマホを紛失するとワンタイムパスワードが使えなくなってしまいますが、トークンならその心配がないからです。



また、ワンタイムパスワード方式は、合言葉方式のようにパスワードを記憶する必要がないため使いやすいです。



ソニー銀行の口座を使う頻度が低い場合は、久しぶりに使うときに合言葉を忘れてしまうリスクがあります。



ワンタイムパスワード方式ならパスワードを記憶する必要はありませんので、トークンを紛失しないようにしっかり保管しておけば、久しぶりに利用するときもスムーズです。



トークンの申し込み方法



ソニー銀行口座を開設したら、認証方法としてワンタイムパスワード方式と合言葉方式のどちらかを好みで選ぶことができます。



ワンタイムパスワード方式を利用するには、ソニー銀行のホームページからトークンの発行の手続きをする必要があります。



ソニー銀行のサービスサイトにログインして、「各種手続」のメニューから、「ワンタイムパスワードの手続」を選択し、案内に従って情報を入力します。



トークン発送の手続きが完了すれば、3か~5日後にあなたの自宅にトークンが届きますので、トークンが届いたら、キャッシュカードを用意してサービスサイトからトークン登録の手続きをしましょう。



サービスサイトでトークンの登録を行うと、合言葉方式の認証は使えなくなり、設定していた合言葉はリセットされますので注意してください。



ソニー銀行では、一つの口座に対してトークン最大2個まで作ることができます。


ひとつは自宅用、もう一つは職場用などのように、トークンを複数の場所に保管して使うことができます。



私は、トークンを2つ発行して家族で一つの口座を共有するという使い方も便利だと考えています。



最初のトークンの発行手数料は無料ですが、二つ目のトークンを発行するときや、トークンの紛失などで再発行する時は1,080円の手数料が発生します。



合言葉方式で取引の認証をするには



ワンタイムパスワードのかわりに合言葉方式で取引することもできます。



合言葉方式の使い方



ソニー銀行では取引時の認証のために秘密の合言葉を設定する合言葉方式の取引も可能です。



合言葉は、質問と質問の答えがひとつのセットになっています。



設定する合言葉の例は、母親の旧姓や出身地、初めて行った海外旅行の国などです。



ソニー銀行では合言葉を3つ事前に登録し、振込みなどの取引をするときに3つのうちのいずれかの質問がランダムで出現しますので、取引のたびに答えを入力する仕組みになっています。



私は、合言葉方式は質問の答えを記憶できるため、外出先での取引に向いていると考えています。



ソニー銀行のトークンはカードタイプではありませんので、財布に入れて持ち運ぶという運用には向いていません。



外出先でスマホや携帯電話から振り込みをすることが多いなら、合言葉方式の方が利便性が高くなります。



合言葉の変更方法



セキュリティ性を高めるためには認証に使う合言葉を定期的に変更するのが望ましいです。



合言葉の変更は、ソニー銀行のサービスサイトにログインして、「各種手続」のメニューから、「合言葉の変更」を選択し、画面の案内に従って新しい合言葉を入力します。



また、セキュリティを高めて安全に利用するには、メモなどに秘密の答えを残さず、合言葉を全て記憶することが大切です。



合言葉を手帳などにメモしていると、キャッシュカードと手帳を一緒にした状態で紛失すると簡単に不正利用されてしまうからです。



キャッシュカードのセキュリティ対策



ソニー銀行

ソニー銀行のキャッシュカードを安全に利用するためのセキュリティについて解説します。



キャッシュカードのセキュリティ対策



ソニー銀行はネット専業の銀行ですが、キャッシュカードの機能や取り扱い方法は一般的な銀行と同じです。



口座開設をすると、あなたの自宅にキャッシュカードが送られてきますので、届いたらカードを使って提携ATMで現金の入出金ができます。



ソニー銀行でキャッシュカードを安全に使うためのセキュリティ対策としては以下の3つがあります。



  • キャッシュカード利用時のメール確認
  • ATMでの引き出し限度額の設定
  • キャッシュカードの利用停止


  • まず、提携ATMでソニー銀行のキャッシュカードを使って取引したときに、ソニー銀行に登録したメールアドレスにお知らせメールを送ってもらうことができます。



    キャッシュカードを使って預金の引き出しをしたり振込をしたとき、キャッシュカードの暗証番号の誤入力があったときに、メールを受信することで万が一不正利用があった時に素早く気づくことができます。



    お知らせメールは利用があった直後にすぐに送信されますので、心当たりのないメールが届いたら、手元にキャッシュカードがあるかをすぐに確認し、万が一紛失していたらソニー銀行に届け出をするようにしましょう。



    お知らせメールの受信設定は、ソニー銀行のサービスサイトから変更することができます。



    普段あまり大きな金額の引き出しをしないならば、ATMの引き出し限度額の設定をしておけば安心です。



    ソニー銀行のサービスサイトからATMからの引き出しと振込の合計で1日に引き出しできる金額を設定できます。



    また、普段キャッシュカードあまり使わず、主にインターネットバンキングで利用するなら、キャッシュカードの機能を一時停止することもできます。



    例えばキャッシュカードを使って振り込みをする機会がないなら、キャッシュカードからの振込を停止しておくのがおすすめです。



    キャッシュカードを発行したけどしばらく全く利用する機会がないなら、キャッシュカードの全機能を一時停止することもできます。



    機能を停止しておけば、万が一キャッシュカードを紛失しても不正利用の可能性がないため安心です。


    キャッシュカードの機能を停止してもインターネットバンキングは通常通り使えますのでネット上での利用専用にすることもできます。



    サービスサイトの設定で、キャッシュカードの利用再開の手続きも簡単にできます。



    キャッシュカードを紛失したら



    万が一キャッシュカードの紛失に気づいたら、ソニー銀行のカスタマーセンターにできるだけ早く連絡することが大切です。



    キャッシュカード紛失の届出をすることで一時的に利用停止してくれますので、第三者に拾われても不正利用される心配がなくなります。



    ソニー銀行では、24時間365日フリーダイヤルで紛失盗難時の対応をしてくれます。



    土日や連休中の深夜でもコールセンターに繋がりますので、緊急時はすぐに連絡しましょう。


    電話で連絡ができない状況なら、インターネットのサービスサイトから紛失の届け出をすることもできます。



    ソニー銀行の窓口や、不明点の問い合わせ・相談方法については、以下の記事でも紹介しています。



    ソニー銀行の窓口はある?不明点の問い合わせや相談方法



    併せて確認してみてくださいね。