筑波銀行カードローンですでにキャッシングをしている場合は、今の与信枠では足りないということもあるでしょう。

筑波銀行カードローンでは最高限度額の増額も申請によって可能となっています。

この記事では筑波銀行カードローンの利用可能枠の増額と、借入や審査に関する口コミ・評判などをまとめていきます。

筑波銀行カードローンIMAは、借入枠の増額もできる

私の経験からいうと、どんな銀行カードローンや消費者金融でも、クレジットヒストリーの良い人は限度額の増額が可能となっています。

筑波銀行カードローンでも、大体半年以上利用して返済の延滞・滞納がないということであれば、増額申請できます。

実際に増額審査に通るかどうかは別ですが、申請自体は電話での問い合わせなどによって可能です。

一度でも支払いに遅延・延滞があったり、現時点で限度額いっぱいに借りているという時は、増額審査に落ちる可能性があると思ってください。

私が思うに、理想的なのは「毎月3分の1程度利用して翌月一括返済」というサイクルを繰り返すことです。

しっかり使用し、短期間で完済してくれるという利用者が、筑波銀行カードローンとしても一番信用できるからです。

つくばカードローンはアルバイトでも借入可能?

アルバイトなど非正規雇用であっても、筑波銀行カードローンではキャッシングをできるようになっています。

アルバイトと同じく、パートの主婦やフリーターなどの属性でも筑波銀行カードローンでは借入可能です。

キャッシング経験があれば理解できるでしょうが、基本的に消費者金融でも銀行カードローンでも、自分の収入がある場合は申し込めるようになっているのです。

ただ、審査通過率については安定した会社員・OL・公務員より厳しくなるので、その点のみ理解してください。

筑波銀行カードローンは自営業でもキャッシングできる

自営業・個人事業主など独立系の職業でも、筑波銀行カードローンで借り入れをすることは可能です。

サラリーマン・OLより少し審査基準が厳しくなるので、実際に事業をしているか確認できる収入確認資料なそが必要になります。

個人事業主・自営業というのは名乗るだけなら誰でもできるので、事業実態があることを年収証明書によって証明する必要があるのです。

そのような審査のルールの違いはありますが、申込資格自体は個人事業主やフリーランス、自営業という属性でもあると思ってください。

自分の収入がない専業主婦は申し込みできない

無収入の専業主婦は、筑波銀行カードローンで借り入れすることはできません。

筑波銀行カードローンも含めて、金融機関のキャッシングが今でも総量規制の対象外であることは変わりません。

しかし、専業主婦に対して融資することについて一時期社会的な批判があったため、今では専業主婦が借り入れできる銀行カードローンはなくなっています。

専業主婦でもお金を借りたいという場合には、筑波銀行カードローンではなく、クレジットカードのキャッシングなどを利用するといいでしょう。

筑波銀行カードローンの審査の口コミ・評判

インターネット上でつくばカードローンIMAの審査の評判・口コミを見ると、基本的にいいものになっています。

たまに審査に落ちたという体験談もありますが、書かれている職業・属性や年収などの条件を見ると、妥当な審査結果だと私は感じます。

クチコミ・体験談を見る限り、筑波銀行カードローンの審査基準や難易度、審査通過率は他の金融機関とほぼ変わりません。

特別審査が厳しくもゆるくもないので、特に審査難易度を細かく調べる必要はないでしょう。

他社借入残高がない、ブラックリスト入りしていない、安定した収入があるという場合、ある程度審査に通る可能性があると思ってください。

筑波銀行カードローンの返済方法と返済日は?

筑波銀行カードローンの返済日は、毎月3日となっています。

銀行カードローンの返済日は毎月5日や10日、あるいは7日という設定が多いので、3日は珍しいものです。

私が思うに、月末が給料日の利用者から、最初に返済してもらえるようにするということでしょう。

他のクレジットカードや消費者金融などに返済した後では、口座残高がなくなっていて筑波銀行カードローンの支払いをしてもらえない可能性があります。

そのようなことがないように、早めの返済日を設定しているのだと思われます。

利用者としては、そもそも口座残高が不足しないよう、返済日の前に余裕を持って口座に入金しておくようにするべきです。

筑波銀行カードローンの返済方法では、コンビニATMでの支払いなども便利なので、これらの方法で追加返済もしていくといいでしょう。