あなたが現時点でアイフルを利用していたら、アイフルから電話がきたということもあるかもしれません。



そのような時、どのような理由でアイフルが電話をかけて来るのか知っていれば、慌てることもなく精神的に落ち着きます。


この記事では、アイフルから電話がきた場合の理由や原因、対処法について解説していきます。







アイフルから電話がきたら、督促か限度額の定期見直しのことが多い





アイフルから電話が来る原因は、ほとんど下の2つのどれかです。



  • 返済の督促
  • 借入限度額の定期見直し


融資限度額の見直しについては、良い方と悪い方があります。



つまり、あなたの信用度が高いのでもっと借入限度額を増やすということもあれば、信用度が低いので減額・減枠するということもあるのです。


こればかりはケースバイケースなので、どちらの可能性が高いともいえません。



また、アイフルのその時々の経営状況にもよるので、必ずしも利用者の信用度(クレジットスコア)だけで決まるわけでもありません。



何はともあれ返済の延滞・滞納をしていないのであれば、限度額の見直しのことが多いと思ってください。



特に借りすぎる心配もなく、今後何かの理由でお金が必要になる可能性があるのなら、限度額の増額には応じておいた方がいいでしょう。


督促電話が会社・自宅にかかることは?着信を無視しても大丈夫?



アイフルで返済の延滞・滞納をしたとしても、督促電話が自宅や会社にかけられることはまずありません。



これはクチコミ・評判などでそう言われているというだけではなく、貸金業法によって禁止されているからです。


利用者が返済の延滞・滞納をした時、督促のために家族や勤務先などに連絡するというのは、反社会勢力・ヤクザがよくやることです。



彼らのそうした活動を禁止することも兼ねて、職場や家族、友人・知人などへの督促は禁止されているんですね。


アイフルは東証1部上場を長く維持している優良企業ですから、当然貸金業法に違反するような取立てはしません。



そのため、万が一アイフルで返済の遅延・延滞をしてしまったとしても、家族や会社に連絡されることはないと思ってください。



しかし、もちろん期日通りしっかり返済するのが最重要なので、その点は重々理解して下さい。



なお、アイフルからの着信を無視するのは絶対にNGです。


どんな内容であろうと、間違い電話でない限りは何か重要な用事があってかけて来たわけですから、必ず出なくてはいけません。



アイフルからの借入が現時点で一切ないというなら別ですが、借りている以上はアイフルのルールに従う必要があるので、電話への折返しは必ずしましょう。


なお、アイフルでも他の消費者金融でも、返済計画については相談することもできます。



アイフルの返済計画の相談については下の記事でも触れているので、ぜひ参考にしてみてください。



アイフルの一括返済案とは?全額支払いを条件に利息免除&減額



アイフルから在籍確認電話がきたら、どう対応すればいい?



アイフルの審査では、ほぼ確実に勤務先への在籍確認の電話があります。



私の経験からいうと、クレジットカードの審査では職場への電話連絡がない時もありますが、消費者金融の審査では必須なのです。


このように会社への在籍確認の電話自体はかなりの確率でありますが、それで職場バレするなどの心配はありません。



アイフルとしても、自分たちの在籍確認の電話によって職場バレしたらクチコミ・評判が悪くなるので、それは避けたいのです。



在籍確認の電話を受けた時の対応方法ですが、特にすることはありません。



職場への電話連絡の内容は明確に決まっているわけではありませんが、私の経験からいうと、大体下のようなことを言われます。



「○○様でしょうか。この度はありがとうございます。アイフルの××と申します。これで在籍確認が取れたので、ご融資させていただきます」


在籍確認を受けるあなたは「はい、ありがとうございます」などというだけです。



電話口の会話からキャッシングの在籍確認の電話であるとわかる人はまずいないでしょう。


このように非常に簡単で数秒で終わる内容なので、特に在籍確認の電話の対応については難しいことはないと理解してください。







アイフルの増額の営業電話は、断ると増枠できなくなる?



アイフルから電話がきたら、与信枠の増額の打診ということもあります。



「現時点では増額する必要はないけど、断ったらもう増枠できなくなるか不安」ということもあるでしょう。


私の経験からいうと、増額の営業は断っても後日また増枠するということは可能です。



もちろん、断る時に「また必要になったらお願いします」というような断り方をしておく必要があります。



「増額なんていりませんよ」というような口調で断ったら、やはり印象が悪くなるのでその後の増額・増枠はできなくなるでしょう。



そのような断り方をしない限りは、アイフルの増額の営業電話は断っても大丈夫です。



しかし今後少しでも増額する可能性があるなら、後で手続きするのも手間ですし時間がかかりますから、その場合で増額の打診を受ける方がいいかと、私は思います。


当然ながら、増額しても借りすぎないように注意してください。



アイフルから電話がきたら、なりすましでないかも確認する





アイフルから電話がきた時「それが本当にアイフルからの電話か」ということもしっかり確認しましょう。



詐欺師の集団がアイフルを名乗っている可能性もあるからです。



基本的に、何かあなたが支払いなどをする内容の場合は注意が必要です。


もちろん、あなたが返済の延滞・滞納をしているのであれば、それは督促されて当然なので、これは怪しい電話ではありません。



しかし「しっかり払っているのになぜか支払いを要求される」ということもあるでしょう。



その場合は詐欺の可能性があるので、一度電話を切ってかけ直すと伝えましょう。



「今立て込んでいるため」「運転中のため」などといえば、本当にアイフルからの電話なら「では、また折返しのお電話をお待ちしております」と言ってくれます。



それを言わず「いえ、今ここで対応を決めてください」などと急かすのは間違いなく詐欺師からの電話です。


そのような電話を受けたら、アイフルに対して問い合わせをして、その電話番号を報告しておくのもいいかもしれません。



アイフルのビジネスを円滑に進めることに協力したということで、信用度が上がる可能性もあります。



アイフルから電話がきた!支払いができない場合はどうする?





アイフルから電話がきた時、原因がはっきり「支払遅延」とわかっていることもあるでしょう。



わかっていても支払うお金がない時にはどうすればいいか、という点で悩んでいるかもしれません。


私の経験からいうと、とりあえず電話だけでもすぐかけ直すべきです。



「どうすればいいかわからない」という場合でも、とりあえずすぐにかけ直してくれたという時点で、アイフルなどの消費者金融の側は「この人には、最低限の誠意がある」と感じてくれます。



英語で責任という単語は「レスポンシビリティ」といいますが、これは「応答=レスポンス」が語源となっています。


責任とは「しっかり返事をすること」なのです。



これは私も仕事上なかなかできないことが多いので自戒を込めていますが、アイフルでもどこでも電話がきたら「とりあえず、早めに返事をする」というのが大事なのです。



返事さえすれば、たとえば「しばらくは利息の支払いだけでもOKです」など、返済の代替案を出してもらえる場合もあります。



元金も含めた支払いができない場合は利息だけでOKというのは、クレジットカードなどでもよく見られるルールです。


そのため、支払いができない場合でもまずはアイフルに対して電話をするようにして下さい。



なかなか勇気がいることだとは思いますが、それだけに普通の遅延者はほとんどしないのです。



その中でしっかり連絡をしてくれた人に対しては、アイフルなどの消費者金融の側も好意を持ってくれるものです。



このような理由から、支払いの遅れでアイフルから電話がきたら「すぐに対応する」ことをおすすめします。