アイフル

アイフルのキャッシングは、限度額の範囲内で自由に借り入れと返済ができるのが便利です。

しかし、銀行振込やATMなど引き出し方法が豊富にありますので、どんなときにどんな方法で引き出しするのが便利なのか、引き出し時の手数料も気になりますよね。

アイフルで融資の引き出しをする手続き方法や、手数料の節約について解説します。

アイフルの引き出し方法

アイフル

アイフルでお金を引き出すには、どんな方法があるのか知っておきましょう。

コンビニから引き出す方法

アイフルのお金の引き出し方法として、基本的な流れは、ローンカードを使ってATMから現金を引き出す方法です。

アイフルのカードは、審査に合格した後、自宅にローンカードが送られてくるのを待つか、アイフル店舗の自動契約機で発行してもらうかいずれかの方法で受け取ります。

このカードを使えば、アイフルの店舗に設置されたATMや、提携先のATMで借り入れと返済ができます。

提携ATMとして使う機会が多いと思われるのは、コンビニに設置されたATMです。

アイフルで利用できるコンビニATMは以下のとおりです。

  • セブン銀行ATM
  • イーネット
  • ローソンATM
  • 私は、コンビニATMのメリットは、お金の引き出しを行う時間帯に制約がなくなるところにあると考えています。

    コンビニATMは深夜や土日でも稼働していますので、曜日や時間帯を気にせず千円単位でアイフルの借り入れができます。

    振込キャッシングは当日中に入金しない時間帯でも、コンビニATMならお金を借りることができて便利です。

    また、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートのすべてをカバーしていますので、日本全国どこにいてもすぐにアイフルの引き出しができます。

    注意点としては、コンビニはATM手数料がかかることです。

    私は、コンビニからお金の引き出しを行うなら、使い道をよく考えてから、計画的に利用することが大切だと考えています。

    必要な金額を考えて、できれば1回にまとめて引き出しするようにしましょう。

    銀行から引き出す方法

    アイフルの引き出し方法は、大手銀行や地方銀行のATMを使う方法もあります。

    コンビニから引き出しするのと同じように、一部の銀行のATMコーナーでアイフルのカードが使えます。

    提携先の主な金融機関は、以下のようなものがあります。

  • 三菱UFJ銀行
  • イオン銀行
  • 三菱UFJ銀行は全国展開の大手メガバンクなので、日本全国どこに住んでいても近くにATMが見つかるはずです。

    私は、上記の銀行の預金口座を普段使っているなら、アイフルの返済のときにも便利だと考えています。

    まとまった金額の返済をするときに、銀行の預金口座からお金をおろして、同じATMですぐにアイフルの返済ができるからです。

    コンビニと銀行ATMを有効活用して、アイフルの借り入れと返済を便利に行いましょう。

    なお、銀行ATMもコンビニと同じATM手数料がかかりますので注意してください。

    引き出しするときの手数料を節約するには

    アイフル

    アイフルの借り入れにかかる手数料について解説します。

    計画的に利用して手数料を節約することで、借り入れに必要なコストを下げることができます。

    手数料無料の引き出し方法は?

    アイフルの融資の引き出しを手数料無料で行うには、アイフルの店舗に行き、アイフルATMを使う方法があります。

    すでにご紹介したように提携先のコンビニや銀行ATMでは手数料がかかりますが、アイフルの自社ATMなら手数料無料で入出金可能です。

    たとえば、今月は何度かコンビニATMを利用して手数料が発生しているけど、どうしてもあと少し引き出したいというときは、アイフルATMを利用しましょう。

    アイフルの店舗に行けば、何度でも無料で引き出しできます。

    手数料が無料になるもう一つの方法は、銀行振込で融資を引き出す方法です。

    インターネットの会員ページから振込申請をしたり、コールセンターに電話をかけて手続きをすると、あなたの手持ちの銀行口座へ振込でお金を借りることができます。

    アイフルでは、このときの振込手数料が無料なので、何度振込依頼してもコストがかかりません。

    預金口座からキャッシュカードで現金を引き出すときに手数料がかからないようにできるなら、手数料無料でアイフルの借り入れができます。

    提携ATMから引き出しするときの手数料

    コンビニや銀行などアイフルATM以外の提携ATMから引き出しするときはATM手数料がかかります。

    1万円以下の借り入れは108円、1万円超の借り入れは216円の手数料がかかり、翌月の返済日に支払ったお金から引かれます。

    注意したいのは、ATM手数料は利用するたびに発生するということです。

    いきあたりばったりで少額ずつ何度も繰り返しコンビニからの引き出しすると、手数料の金額が大きくなりますので注意しましょう。

    たとえば、飲み会のたびに5千円ずつ引き出しするということを月に10回すると、ATM手数料だけで1,080円もかかってしまいます。

    これは返済のときも同様で、ATMから返済をするなら少額の返済を繰り返すよりも、一度にまとめて返済した方が手数料の節約となります。

    計画的に利用することが支払総額を減らし、返済期間を短くすることにつながります。

    振込キャッシングで引き出すには

    銀行振込で融資を引き出す方法を解説します。

    振込融資の申請方法

    アイフルでは、ATM以外にも銀行振込でお金を引き出す方法があります。

    振込キャッシングは、あなたの手持ちの銀行口座を受取口座として登録し、お金が必要になったときに振込申請を行うことで、必要な金額を銀行振込で受け取ることができるサービスです。

    たとえば、公共料金などの引き落とし資金を借り入れするときは、その引き落とし用口座に振込融資してもらえば便利です。

    そのときの状況に応じてATMからの引き出しと使い分けるようにしましょう。

    振込融資のデメリットとして、銀行口座にアイフルからの振込履歴が残るので、家族に内緒で利用したいときは使いにくいという点に注意しましょう。

    明細に記載される振込名義は「アイフル㈱」または「AIセンター」をあなたが選ぶことができます。

    内緒で利用するには「AIセンター」を選ぶべきですが、ネットで「AIセンター」と検索すると、アイフルの社名が出てきます。

    そのため、家族に怪しまれてしまうと最終的にはバレてしまう可能性が高いです。

    私は、家族にバレないためにはATMを使った取引がおすすめだと考えています。

    振込で当日中の引き出しをするには

    自宅にいながら手数料無料で引き出しできて便利な振込キャッシングですが、急ぎの事情でお金を借りるときは、振込申請をする時間帯に注意してください。

    アイフルの振込キャッシングは銀行営業時間の制約がありますので、平日の9時から15時の時間帯にしか入金しません。

    当日中に入金させるには、平日の午前中または14時過ぎ頃までには振込申請を済ませておきましょう。

    土日や夕方以降に振込申請したものは、翌営業日の入金となります。

    今すぐお金の引き出しにするためには、手数料はかかりますが、ATMから借り入れするようにしてください。