アイフル

アイフルは最短30分審査でお急ぎ審査ダイヤルもあり、即日融資で借りやすい消費者金融です。

しかし、銀行振込で借りるなら、振込申請を行う曜日や時間帯に気をつけておかないと、入金が翌営業日にることがあります。

せっかく審査結果が当日中に出ても、振込が遅くなって、急ぎの事情に間に合わなくなるのが心配ですよね。

アイフルで振込融資を利用するときの入金タイミングについて解説します。

アイフルの振込はいつ?

アイフル

インターネットや会員向けダイヤルで振込申請をしてから、手持ちの口座に入金するのはいつなのか解説します。

振込キャッシングの入金タイミング

アイフルの振込キャッシング入金タイミングは、銀行営業時間内ならすぐに入金します。

銀行営業時間とは、平日9:00~15:00のことです。

たとえば、平日の昼の12時にアイフルの会員サイトで振込申請をすると、その10分後ぐらいに入金します。

しかし、すぐに入金するのは銀行営業時間のみです。

たとえば、午前7時に振込申請をするとその日の9時ごろに入金しますし、夕方の17時に振込申請すると、翌営業日の9時ごろに入金します。

土日祝日には入金しませんので、休日に申請した場合は週明けの平日9時に入金します。

私は、振込融資を利用するときは、常に曜日と時間帯を気にしておく必要があると考えています。

たとえば、その日が祝日だったということを忘れていると、入金が後日になりますので、すぐにお金を引き出すことができなくなるからです。

特に借り入れを急いでいないなら、ATMに行かずにあなたの自宅のPCやスマホから借り入れ申請ができますので、とても便利な方法です。

振込申請の方法

振込融資を申請する方法は以下の2つがあります。

  • インターネットの会員ページから振込申請
  • 電話で振込申請
  • インターネットの会員ページは、あなたの自宅のPCはもちろん、スマホから利用することもできます。

    最初にあなたの銀行口座を登録しておけば、会員ページから振込金額を入力するだけであとは自動的に処理されます。

    私は、特に借り入れ方法にこだわりがなければ、振込融資を利用するのがおすすめだと考えています。

    一度振込申請をすればすぐにやり方は覚えられますし、振込融資ならATMのような手数料がかからずにお金を借りることができるからです。

    会員ページはモバイルでも使えますので、外出先でスマホから簡単に振込申請ができます。

    PCやスマホの操作が苦手なら、会員向けダイヤルに電話して、口頭で振込申請することもできます。

    オペレーターに振込でキャッシングしたいということを伝えて、あとは案内に従って希望金額など申告すれば手配してくれます。

    どちらの方法で申請しても入金タイミングは同じなので、手続きしやすい方法を選びましょう。

    融資されたお金を引き出す方法は、銀行振込やATMなどいろいろあります。

    以下の記事では、アイフルで融資の引き出しをする手続き方法や、手数料の節約について解説していますので、参考にしてみてくださいね。

    アイフルの引き出し方法を解説!手数料無料で引き出しするには?

    アイフルで即日振込を利用するには?

    アイフル

    アイフルで振込申請したその日のうちに入金させる方法を解説します。

    早めの振込申請が重要

    アイフルで即日振込でキャッシングするためには、申し込みを開始する時間に注意する必要があります。

    振込キャッシングの入金タイミングは銀行営業時間の9:00~15:00のみなので、できるだけ早めに振込申請をする必要があります。

    審査に合格して契約手続きが完了した後の振込申請が15時に間に合う必要がありますので、審査に必要な時間を逆算して考える必要があります。

    振込申請が15時ちょうど、または直前になってしまうと、当日の処理に間に合わず翌営業日の入金となってしまうことがありますので注意してください。

    アイフルの審査は最短30分なのでとても素早いですが、勤務先の在籍確認もありますので、全員が必ず30分で終わるわけではありません。

    私は、どうしても今日中に借りたい事情があるなら、できるだけ午前中のうちに申し込みを開始しておくと安心だと考えています。

    2~3時間の余裕があれば、書類の準備などで手間取っても当日の融資に間に合う可能性が高いです。

    土日は翌営業日になる

    アイフルで即日振込を利用するときは、申し込みをする曜日も重要です。

    アイフルの振込キャッシングは銀行営業時間にしか入金しませんので、土日祝日に振込申請をすると翌営業日に入金します。

    インターネットの会員ページやコールセンターは土日祝日も営業していますが、土日の振込申請は受付のみとなります。

    大手消費者金融のプロミスやアコムでは、振込先の銀行によっては土日祝日も入金する即時振込があります。

    プロミスなら三井住友銀行やジャパンネット銀行、アコムなら楽天銀行は銀行営業時間外でも即時入金しますが、アイフルにはこのようなサービスがありません。

    どの銀行を受取口座にしても入金するのは銀行営業時間内のみとなりますので、注意しましょう。

    アイフルで即日融資で借りるために

    アイフルに新規申し込みしたその日に、即日融資で借りるために便利な方法を解説します。

    お急ぎ審査フリーダイヤルとは?

    アイフルにはお急ぎ審査フリーダイヤルというオリジナルなサービスがあります。

    これは、融資を急いでいる人向けの専用フリーダイヤルで、ネットから申し込みした後に電話をかけることで優先的に審査をしてもらえるというものです。

    当日の振込入金に間に合わせるために5分でも早く審査を完了させたいというときに利用すれば安心です。

    アイフルの審査が最短30分なので、平日の午前中に申し込んでおけば当日振込に間に合うことが多いです。

    しかし、申し込みがお昼の13時を過ぎてしまったなど、間に合うか微妙な時間なら、お急ぎ審査フリーダイヤルを利用するのがおすすめです。

    電話で今日中に振込融資で借りたいということをオペレーターに相談しておけば、できる限りの努力をしてくれます。

    もちろん、切迫した事情があり借り入れを急いでいるということを相談しても、審査でマイナス評価されることはありません。

    在籍確認の方法として、源泉徴収票や給与明細などの書面で確認してもらう方法もありますので必要があれば相談してみましょう。

    当日振込に間に合わなかった場合

    アイフルは素早く審査結果が出るのが特徴ですが、審査の進行状況によっては予想外に時間がかかることもあります。

    一番多いのは在籍確認に時間がかかることですが、個人事業主やフリーランスの場合は、審査の途中で収入証明書類の提出を求められ、準備に時間がかかるといったケースもあるからです。

    もし審査回答が15時をまわりそうなら、その時点で振込融資をあきらめて、自動契約機の手続きに切り替えるという方法もあります。

    自動契約機になら15時を過ぎても即日カードを発行してもらうことができますので、併設のアイフルATMを利用してすぐにお金を借りることができます。

    アイフルATMの営業時間は23時までですし、コンビニATMは24時間営業なので、カード発行が当日中に間に合えば即日融資が可能です。

    アイフルで平日15時以降や土日の即日融資を希望するなら、自動契約機を利用すれば可能ということを覚えておきましょう。