アイフル

アイフルは限度額の範囲内で自由に借り入れと返済ができますので、必要なときに必要な金額を借りることができます。

いつお金が必要になっても問題ないように、限度額に余裕があれば安心ですよね。

しかし、アイフルの利用状況や信用情報の状態によっては、急に限度額減額になってしまうこともあります。

余裕があった枠を生活費のあてにしている状態で減額されると、生活が苦しくなってしまうこともあります。

アイフルの限度額が減ってしまう原因や、どうすれば減らされずにすむか、その対策方法について解説します。

アイフルの限度額が減額される仕組み

アイフル

アイフルの限度額はどうやって決まるのか、限度額が減額されるのはなぜなのか知っておきましょう。

限度額はどのように決まるのか

アイフルの限度額は最大800万円と高額ですが、すべてのユーザーが800万円で契約できるわけではありません。

実際にお金を借りることができる限度額は以下のような要因で決定されます。

  • 借り入れ希望額
  • 返済能力の評価
  • 総量規制
  • 借り入れ希望額とは、アイフルの審査に申し込むときにあなたが申告する金額です。

    たとえば、冠婚葬祭や給料日までのつなぎとして10万円だけ借りたいというときは、借り入れ希望額を10万円で申告するかもしれませんし、将来の備えとして余裕がほしいなら、少し多めに30万円と申告するかもしれません。

    突然の引っ越しや習い事などでまとまったお金が必要なときは、50万円以上の限度額を希望することもあるでしょう。

    まず最初の申し込み時に、いくら借りたいかの希望を申告して、その金額の融資ができるかどうかが審査されることになります。

    返済能力については、あなたが申告した情報や信用情報をもとに審査で評価されます。

    あなたの勤務先の年収や勤続年数、家族構成や住居の種類、居住年数など、さらに信用情報機関の記録や他社利用状況によって、希望するする金額の融資が可能かどうかが審査されます。

    また、アイフルは消費者金融業者なので、総量規制の対象となります。

    総量規制とは、貸金業者からの借り入れは年収の3分の1が上限金額になるという、法律で決められたルールのことです。

    たとえば年収300万円の人がアイフルに申し込んだ場合、他社の貸金業者からの借り入れと合計して最大100万円を超える限度額で利用することはできません。

    限度額が減額になる場合がある理由は、返済能力の評価や総量規制の上限が、最初に契約したときと比べて変化する可能性があるからです。

    年収が下がると総量規制の上限も下がりますし、最初の審査のときと比べて他社利用が大幅に増えたりすると、返済能力の評価が下がります。

    初回契約時よりも評価が下がってしまうと、それに応じて限度額が減額になるという仕組みになっています。

    私は、借り入れ可能残高が残っていても、いつ減額されても問題ないように計画的にやりくりするべきだと考えています。

    限度額の評価基準については一般には公表されていませんので、本人には心当たりがなくても、突然減らされてしまう可能性があるからです。

    減額の申し込みも可能

    アイフルの限度額は返済能力の評価次第で減額されることがありますが、あなたの側から限度額を減らして欲しいと希望することもできます。

    私は、限度額の減額希望は、カードローンの使いすぎの防止に役立つと考えています。

    お金が必要だった事情が解消したのでこれ以上借りる必要がないというときに、限度額が残っているとまた使ってしまいそうで心配になるという人は多いはずです。

    そういうときは、限度額を必要最小限まで減らしてもらい、使えなくしてしまうというのもひとつの方法です。

    限度額の減額を希望するときは、アイフルの会員向けフリーダイヤルに電話をして、オペレーターに手続きをしてもらいましょう。

    限度額を減らされないためには

    アイフル

    アイフルの限度額を減らされないために気をつけておきたいことを解説します。

    返済で遅れないこと

    限度額を減らされないためにまず注意したいのは、毎月の返済を遅れないことです。

    カードローンの返済は毎月一回、約定返済というものがあります。

    この約定返済は利息やATM手数料の支払いも兼ねていますので、「2ヶ月に1回まとめて」といったことは認められず、必ず毎月1回支払う必要があります。

    毎月の返済に何度も遅れると、返済意識が低い顧客、または返済能力がないと判断されて、限度額が減らされてしまう可能性があります。

    私は、どうしても返済に遅れそうな事情があるときは、期日が来る前にできるだけ早くアイフルに相談すべきだと考えています。

    アイフルの担当者に相談してその指示どおりに返済すれば、1~2回程度の返済遅れで限度額が減らされる可能性は低いと考えられます。

    もうひとつ気を付けたいのは、アイフル以外の他社の返済遅れも、信用情報機関を経由してバレることがあるという点です。

    たとえば、あなたがアイフルで限度額増額を希望するときは、インターネットの会員ページで増額申請をして増額審査を受けます。

    このときに最新の信用情報が照会されて他社の返済遅れが判明すると、そこで評価が大幅に下がってしまい、増額どころか限度額が減ってしまうことがあります。

    アイフルのみでなく、カードローンやクレジットカードなどの返済は遅れないように着実に行いましょう。

    他社の利用は適度な範囲に

    アイフルの限度額が減額されてしまうもうひとつの要因として、他社利用額の問題もあります。

    アイフルの初回契約をしたときと比べて、他社の借り入れが極端に増えると、限度額が減らされてしまう可能性があります。

    他社のカードローンやクレジットカードをいくらの限度額で契約しているかは、信用情報機関に登録された情報で正確に判明します。

    アイフルの限度額と他社の限度額の合計が年収に対してあまりにも高すぎる状態になると、返済困難になる可能性があると判断されて、限度額が減らされてしまう可能性があります。

    減った限度額はもとに戻せる?

    限度額が減額された後に、もとの金額に戻す方法を見ていきましょう。

    減額後に増額申し込みするには

    アイフルで限度額を減額されてしまった場合でも、契約解除になったわけではありませんので、将来状況は改善すれば再度増やしてもらうこともできます。

    たとえば、限度額50万円だったものが限度額30万円に減らされた場合でも、それから半年程度経過した時点で年収が増えていたり、他社の利用が減っていたりすれば、再度増額申請をすることができます。

    短期間のうちに何度も増額申し込みをするのはよくありませんが、前回の限度額決定から半年以上経過していれば問題ありません。

    増額申し込みをしたときも審査がありますが、最新の情報をもとにして、以前より返済能力が高くなっていると判断してもらえれば、限度額が増えます。

    増額申し込みは、インターネットの会員ページから行うか、会員向けフリーダイヤルに電話して簡単に手続きできます。

    増額審査のコツ

    増額希望の金額はあなたが自分で決めることができますが、必要最小限の現実的な金額にとどめておくことが大切です。

    たとえば、一気に100万円の増額を申請しても、その通り増やしてもらえる可能性は低いです。

    現状の限度額から、プラス10~20万円程度で増額審査を申し込むと、スムーズに増やしてもらいやすいです。

    限度額の増額申込みは1回きりではなく、期間をあければ何度でもできます。

    1回の増額で10万円ずつ増やしていくというイメージで、少しずつ限度額を上げていくことが大切です。

    なお、アイフルでは2018年4月から1,000円単位で増額申請ができるようになっています。

    たとえば、15,000円だけ限度額を増やしてもらうということが可能になりますので、増額申請もしやすくなるでしょう。