あなたがアイフルを利用していて返済の延滞・滞納をしている場合は、一括返済案という文書をもらう可能性があります。

一括返済案以外の文面で届く場合もありますが、何にしてもこのような連絡がアイフルから来ます。

ここでは、アイフルの一括返済案とは何かを解説していきます。

アイフルの一括返済案は督促・催告の一種

アイフルの一括返済案とは、簡単に言うと督促です。

「利息をすべて免除するから、代わりに一括返済をしてくれませんか」という内容です。

「利息を免除してアイフルにどんなメリットがあるのか」と思うでしょう。

これは「債務整理・自己破産をされるよりマシ」ということです。

本来消費者金融というビジネスからしたら利息を取らなければ、人件費や地代なども払えないので赤字になってしまいます。

しかし、自己破産などをされたら赤字がさらに大きくなってしまうので、それよりは利息免除でいいので、一括返済してもらった方がいいということです。

もちろん、これはあなたにとってもメリットがあります。

一括返済は大変かもしれませんが、代わりに本来はらうべき利息を払わなくてよくなるからです。

このため、私としては「もし一括返済できるなら、アイフルのこの案には応じた方がいい」と考えます。

利息は全額免除でなく「減額・優遇」などの和解提案もある

アイフルからの一括返済案のような連絡は、必ずしも「利息全額免除」とは限りません。

全額でなく減額、あるいは優遇などの内容になることもあります。

どちらにしても、本来払うべき利息より安くなるという点では、あなたにとってメリットがあります。

また、全額免除でない分一括返済をしなくていい、数回の分割返済でOKなどの場合もあります。

このような具体的な返済計画についてはケースバイケースですが、アイフルからの和解提案にはさまざまな内容があるということを理解して下さい。

アイフルに時効援用ができるケース・条件

アイフルからの借り入れに対して時効援用ができる条件・ケースは、他の消費者金融と同じです。

最終取引から5年が経過しているという条件なら、時効援用ができます。

要は、最後に借り入れをする、あるいは返済をするという行動をしてから、5年間何もなければ時効になるのです。

要注意なのは、この期間に「一度でも返済してしまうと時効がリセットされる」ということです。

借り入れしたらリセットされるのは当然ですが、返済をしても時効がリセットされてしまうのです。

そのため、アイフルが相手でもその他の消費者金融が相手でも、借金の時効援用をしたい場合は「5年間何もしない」のがベストなんですね。

もちろん、アイフルなどの貸金業者の側も時効援用をされたら大損なので、あの手この手で債権回収をしてきます。

その方法の一つが一括返済案です。

こう書くとアイフルが悪者のようですが、先にも書いた通り「利息を全額免除するのは、アイフルにとっても赤字」なのです。

アイフルが赤字になる分自分にはメリットがあると考えると、やはり一括返済できるなら「受け入れるべきサービス」といえるでしょう。

時効が成立するまで5年間逃げ回るのは、それなりに大変ですしストレスもたまります。

私としては、全額返済できる見込みがあるなら、アイフルの一括返済案に応じることをおすすめします。

アイフルの一括返済案以外の督促方法

アイフルは「一括返済案」以外でも、下のような表現・文書で督促をしてくることがあります。

  • 減額和解のご提案
  • 優遇処置のご案内
  • 一括返済催告状
  • ご連絡のお願い
  • ご解決に向けて

その他、表現はさまざまですが何にしても「普通ではない文書」が送られてきます。

当然ながら、そこに至るまでには相当な回数、あなたが通常の督促を無視してきたということなので、これはアイフルが悪いわけではありません。

もしこれらの督促に応じられるのであれば、応じて返済するようにしましょう。

物理的に明らかにできないという場合は、司法書士や弁護士などに依頼して債務整理することをおすすめします。

また、返済の督促は文書ではなく電話がかかってくるケースもあります。

以下の記事では、アイフルから電話がきた場合の理由や原因、対処法について解説していますので、参考にしてみてくださいね。

アイフルから電話がきた!理由は督促・増額の営業・定期見直し

アイフルの一括返済案は分割支払いの相談もできる?

アイフルから一括返済案を送られてきた時、下のように思うこともあるでしょう。

「利息の全額免除は嬉しいけど、一括返済はできないので分割で支払いたい」

これはケースバイケースですが、相談すればアイフルも応じてくれる可能性があります。

要は、アイフルとしては「多少遅れてもいいから元本を全額返済してほしい」のです。

アイフルほどの大企業であれば、全額返済が数ヶ月遅れるくらい、どうということはありません。

最終的に自己破産や債務整理をされるのが一番怖いので、それを避けたいわけです。

そのため、ある程度信用できる利用者に対しては「分割払いでも利息を全額免除する」という可能性はあります。

あるいは、全額免除でなくても一部免除などのこともあるでしょう。

具体的な条件はケースバイケースですが、分割払いの相談自体はできると思ってください。

アイフルの一括返済案を無視するとどうなるか

アイフルから一括返済案が届いた時、「払えないからとりあえず無視する」という利用者は多くいます。

私としては「時効の援用を最初から狙っているならいいが、そうでなければ無視すべきではない」と考えます。

時効援用のためには、5年間「返済も借り入れも一切しない」ことが重要です。

そのため、時効援用のためには「アイフルからの連絡は無視する」のが正しいのです。

しかし、時効援用を狙っていない場合には、アイフルからの借り入れを何らかの形で処理しなくてはいけません。

普通に返済するにしても、自己破産などの債務整理をするにしても、アイフルとの連絡は必要なのです。

債務整理をする場合も「利用者が誠意を持っていたか」というのは大切な部分です。

裁判官などが「誠意があった」と判断する利用者であれば、債務整理の条件も良くなります。

その誠意の具体的な条件が「貸金業者からの連絡にしっかり対応していた」というものです。

こうした条件を考えると、アイフルの一括返済案を受け入れる気がなくても、無視せず返事だけはするべきでしょう。

もちろん、返事をしたら具体的な返済計画の相談が必要になります。

これが負担になるので無視する利用者が多いわけですが、多少の負担が最初にかかっても、後の債務整理などで有利になるなら、やはり実行するべきです。

このような理由から、アイフルの一括返済案は「無視せず必ず対応する」のがベストだと私は思います。