あなたがアイフルについて調べていたら、ライフカードに関する情報も多く出て来るでしょう。

なぜアイフルの情報を探していて、ライフカードに関する内容が多く出て来るのか気になる点だと思います。

ここでは、アイフルとライフカードがどのような関係なのかを解説していきます。

アイフルはライフカードを傘下に入れる親会社

結論を書くと、アイフルはライフカードの親会社です。

ライフカードは日本でも特に人気があるクレジットカード会社ですが、そのクレジット会社をアイフルは傘下に入れているのですね。

この事実を見ても、アイフルという会社がいかに優れた企業かわかります。

そして、このように両者がグループ会社であるということは、互いの審査にも影響する部分があるのです。

グループ&系列会社なので、事故歴が審査に影響する

ライフカードとアイフルがグループ会社ということは、互いに利用者の信用情報が共有されているということです。

そのため、片方で返済事故を起こすと、その履歴がもう片方でも共有されて、審査落ちしやすくなるわけですね。

その金融事故の内容にもよりますが、社内ブラックになるような内容なら、アイフルでもライフカードでも審査に通らなくなるでしょう。

一般にキャッシング審査のブラックリストというのは個人信用情報の「事故情報・異動情報」のことを指します。

しかし、ライフカードとアイフルが共有する事故情報のように「グループやその会社の内部のみで共有されているブラックリスト」もあるわけですね。

これをキャッシング用語で「内部ブラックリスト」といいます。

例えば、ライフカードで返済遅延をしたことがあると、アイフルの審査でも落ちやすくなるので注意してください。

逆に、片方で良いクレジットヒストリーを残していたら、それによって審査に通りやすくなることもあります。

なお、アイフルであまりに返済の延滞・滞納を繰り返していると、一括返済案というものを提案されることがあります。

詳細は下の記事をご覧ください。

アイフルの一括返済案とは?全額支払いを条件に利息免除&減額

アイフルとライフカードの関係で審査が有利になるケース

ライフカードとアイフルが関連会社であるということは、必ずしも審査で不利になるわけではありません。

私の経験からいうと、どちらかでいい利用実績を積んでいれば、それによってもう片方の借入審査に通りやすくなります。

たとえば生活費がなくてアイフルで借金をしていたとしましょう。

これをまじめに返済して一度も遅延・延滞せず完済すれば、あなたのアイフルでの信用度は高まります。

その後ライフカードの審査を受けたら、普通のクレジットカードより通りやすくなるという可能性があるのです。

あくまで可能性ですが、私の体験を交えてもやはりこのような傾向は随所で見られます。

そのため、アイフルとライフカードがつながっていることは、プラスであると考えてください。

アイフルで借り入れ中だと、ライフカードの審査でどう影響するか

私の経験からいうと、消費者金融でお金を借りているとクレジットカードの審査でやや不利になります。

その点、アイフルでお金を借りている場合、ライフカードの審査ではどうなるのかが気になるでしょう。

結論を書くと、長期間いいクレジットヒストリーを積んでいたら、プラスになる可能性があります。

しかし、アイフルで借りたばかりでライフカードの審査に申し込んだら、落ちる可能性が高いと思って下さい。

やはりグループ会社とはいえ「消費者金融で借り入れをするということは、お金に困っている」ということだと判断できるからです。

そのような人は、クレジットカードの返済でも延滞・滞納をする可能性が高くなります。

そのため、ライフカードがいくらアイフルの子会社であっても、「アイフルで借りていることはマイナス」と審査するしかないのです。

ただ、これはあくまで「アイフルから借りたばかり」の話であり、長期間いい返済実績を積んでいるならプラスになります。

これは他のクレジットカード会社に申し込む時でも言えることですが、ライフカードだと特に有利になる可能性が高いと思ってください。

アイフルとライフカードの返済履歴の共有はいつまで?

あなたがアイフルかライフカードのどちらかで返済事故を起こしてしまったら、その履歴が両社でどこまで&いつまで共有されるかという点が気になるでしょう。

結論を書くと、これは法的なルールがあるわけではなく、アイフルやライフカードが自由に決めることなので、第三者にはわかりません。

ただ、個人信用情報機関のCIC(シーアイシー)は「5年まで」しか記録を保管しません。

そして、一番長い保管期間でも、全国銀行個人信用情報センターの「自己破産で10年」というものです。

つまり、あくまで私の推測ではありますが、ライフカードとアイフルの事故歴の共有も、長くて10年だと考えられます。

さすがに10年経過したらもはや別人になっているはずですし、アイフルやライフカードとしても、あまり長期間保有するとコストがかかるからです。

このような理由から、アイフルとライフカードが返済事故の履歴を共有する期間は「最長で10年程度」と思って下さい。

アイフルとライフカードの違いは?キャッシングならどっちがいい?

アイフルとライフカードの違いは「消費者金融かクレジットカードか」という点です。

それは当然ですが、あなたが気になるのはおそらく「ライフカードのキャッシングと、アイフルでの借り入れはどっちがいいか」ということでしょう。

現金を借りるという点では、どちらの機能も同じですからね。

私が思うに、個人信用情報上でのイメージを良くしたいのであれば、ライフカードのキャッシングの方がいいといえます。

消費者金融で借り入れするより、クレジットカードのキャッシングを使う人の方が「さほどお金に困っていない」と見なされるからです。

それ以外については、実質年率(金利)はどちらも同じですし、ほとんど違いはありません。

とりあえず「今日中にお金が必要」「今すぐ借り入れしたい」というケースではアイフルの方がいいと思って下さい。