アイフル

大手消費者金融はコンビニや銀行のATMと提携していますので、消費者金融の店舗に入らなくても取引できるのが便利です。

しかし、アイフルはアコムやプロミスのように大手銀行グループに属しているわけではありませんので、銀行ATMの利便性が気になりますよね。

三菱UFJ銀行をはじめとしたアイフルの提携先金融機関について解説します。

アイフルは三菱UFJで返済できる?

アイフル

三菱UFJ銀行は日本を代表する大手メガバンクなので、アイフルの取引に使えるのはとても便利です。

三菱UFJ銀行を活用したアイフルの利用方法を解説します。

アイフルを三菱UFJ銀行ATMで利用する

アイフルのローンカードは、アイフル店舗に設置された自社ATM以外にも、複数の提携金融機関で利用可能です。

しかし、アイフルの場合、借り入れと返済の両方ができる提携先金融機関と、返済はできず借り入れのみしかできない提携先があります。

三菱UFJ銀行については、出金のみ対応しています。

三菱UFJ銀行の支店に設置されているATMを使ってアイフルの借り入れをすることは可能ですが、返済はできません。

借り入れのみでなく返済もできる提携先ATMとしては以下のものがあります。

  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • イーネットATM
  • 私は、毎月の返済を提携ATMから行うなら、コンビニATMがおすすめだと考えています。

    土日祝日も含めて24時間入出金できますので、仕事などで忙しい毎日でもあなたの都合で取引できます。

    三菱UFJ銀行ATMの利用可能時間

    三菱UFJ銀行でアイフルの借り入れができる営業時間は、7:00~23:00となっています。

    平日はもちろん、土日祝日も同じ時間帯で取引ができますのでとても便利です。

    私は、消費者金融の店舗に入るのに抵抗を感じてしまう人にとっても、提携金融機関は便利だと考えています。

    お金を借りるたびにアイフルの店舗に入るのは人目が気になってしまうことが多いですが、三菱UFJ銀行のATMコーナーなら気軽に利用できるはずです。

    アイフルの提携ATM

    アイフル

    アイフルの提携ATMについてもう少し詳しく解説します。

    その他の提携ATM

    アイフルでは三菱UFJ銀行以外にもいくつか銀行ATMと提携しています。

    たとえば、全国展開のイオン銀行ATMが使えたり、西日本シティ銀行など一部の地方銀行のATMも使えます。

    アイフルは、プロミスやアコムのように大手銀行のグループ会社には属していませんので、比較的提携金融機関は少なめです。

    しかし、私は三菱UFJ銀行と大手コンビニのATMが使えますので、特に不便を感じることはないと考えています。

    コンビニATMは大手3社に対応しており、土日の夜間の取引も可能です。

    ATM手数料の詳細は?

    アイフルで三菱UFJ銀行をはじめとした提携ATMを使って借り入れ返済をするときは、ATM手数料が発生しますので注意してください。

    取引金額が1万円以下なら108円、1万円を超えるなら216円がかかります。

    このATM手数料は、翌月の返済日に支払ったお金から徴収されます。

    私は、コンビニや銀行のATMは利便性は高いですが、繰り返し利用するとコストがかかってしまうため注意が必要だと考えています。

    翌月の返済日の支払いから手数料が引かれるということは、手数料の金額分だけ元金の返済に充当される金額が減ってしまうからです。

    元々アイフルは最低返済額が低めに設定されていますので、ATM手数料が頻繁に発生すると、毎月きちんと返済しているのになかなか借金が減らないという結果になってしまいます。

    できれば毎月の利息やATM手数料の金額を計算して、計画的に返済していきましょう。

    アイフルと三菱UFJ銀行から同時にお金を借りることは可能?

    アイフルと三菱UFJ銀行カードローンの両方を利用するときに知っておきたいことをまとめました。

    アイフルを利用していても三菱UFJ銀行から借りられる?

    アイフルと三菱UFJ銀行カードローンの同時利用については、特にに制約はありませんので返済能力に問題がなければ可能です。

    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の保証会社は、消費者金融のアコムなので、アイフルとは無関係です。

    そのため、バンクイックの審査でアイフルの契約があると合格率が大きく下がるということはありません。

    三菱UFJ銀行のATMが使えるため、三菱UFJ銀行がアイフルの親会社だと思っている人が多いようですが、実際は違います。

    アイフルの親会社について知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

    アイフルの母体・親会社は?大手銀行系列の消費者金融って本当?

    アイフルは総量規制対象ですが、三菱UFJ銀行は総量規制対象外なので、年収の3分の1を超えて追加借り入れするときは銀行カードローンが便利です。

    三菱UFJ銀行カードローンは借り換え目的にも使えます。

    アイフルの借り入れをバンクイックに借り換えすることによって金利を下げることも可能です。

    複数のカードローンを利用するときの注意点

    複数のカードローンを同時に利用するときは、借り入れ希望額をできるだけ控えめに設定しておくことが重要です。

    たとえば、一社のカードローンでまとまった金額を借りているときに、別のカードローンで大きい金額を借りようとすると、返済能力に疑問を持たれて審査に合格できなくなる可能性があります

    他社の利用状況は信用情報機関に記録されていますので、カードローンの限度額は利用している全ての会社の総合計を常に把握しておく必要があります。

    複数のカードローンを利用するときは、借金の総額があなたの年収に対して大きすぎないか、という点に気をつけましょう。