ブラック消費者だけど銀行カードローンでお金を借りたい、なんとか審査に通りたい、というあなた。



このページでは、ブラックでも借りれる銀行カードローンはあるのか、それはどこなのか、といったことを紹介します。



ブラック消費者がは銀行カードローンで借入れるなんて無理なんじゃないの?



というあなたも審査にチャレンジしてみる価値はありますよ。



[ad#co-0]



ブラック消費者は中小消費者金融でしか借りられない?





ブラック消費者が借金する際によく言われることとして、ブラックは中小の消費者金融で審査を受けるべき、ということがよく言われています。



理由としては単純で、その方が審査に通りやすいからですね。



中小の消費者金融は大手銀行カードローンや大手消費者金融の審査に落ちた人をターゲットにしており、ブラック消費者を管理することで利益を得ています。



中小の消費者金融は顧客が少ないので、その分しっかり監督してブラック消費者からでもお金を回収するという戦略ですね。



しかし、本当にブラック消費者は中小の消費者金融でしか借入できないのでしょうか?



たしかに中小の消費者金融は借入審査に通りやすいですが、その分金利は高いです。



可能であれば、銀行カードローンで借入れしたいですよね。



そこで、ブラック消費者でもぜひ審査を受けてみたい銀行カードローンを紹介します。



[ad#co-1]



ブラックでも借入可能な審査の甘い銀行カードローン





審査が甘めで、ブラックでも通る可能性のある銀行カードローンは、以下です。



  • 楽天銀行カードローン
  • イオン銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン


  • これらの銀行カードローンは審査基準を明確にしているわけではないのでブラックでも審査に通ると断言することはできませんが、審査を受けてみる価値はあります。



    私なら、まずこれらの銀行カードローンの審査を受けてみて、落ちてしまったら大手消費者金融、それでも無理なら中小の消費者金融の審査を受けるようにします。



    急ぎでない場合は、条件の有利なところから審査を受けていった方が良いでしょう。



    私ならある程度期間に余裕を持ち、審査が比較的厳しいが条件が有利なところから順に審査を受けていきます。



    審査を受けるのはただなので、その方がお得ですよね。



    結局銀行カードローンの審査には通るの?





    結局のところブラック消費者でも銀行カードローンの審査に通るの?とあなたは思われていることでしょう。



    上述の通り、審査に通る可能性はあります



    しかし、本当に審査に通るかどうかはどのくらいブラックなのかにもよります。



    過去に延滞を繰り返す、債務整理を行う、といったことがあった場合も審査に通る可能性はありますが、厳しいと言わざるを得ません。



    ダメもとで受けてみるのも良いかもしれませんね。



    ちなみに、中小の消費者金融はブラックかどうかよりも返済能力があるかどうかを重要視します。



    つまり、安定した収入がある、所得がある程度ある、といったことを中小の消費者金融は重視するのです。



    中小の消費者金融は顧客が少ない分取り立てに力を入れているので、仮にブラックな消費者であっても、返済能力さえあればしっかり回収することができるのです。



    大手銀行カードローンは顧客が多い分取り立てに力を入れることはできないので、たとえ返済能力が高くても過去に滞納しているようなブラックな消費者には貸し出さない傾向にありますね。



    銀行カードローンと消費者金融で審査基準の甘さが異なる、評価ポイントが異なる、という背景にはこうした違いがあります。



    とにかく金利が低い有利な条件順に審査を受けていくことは重要ですが、こういった審査の違い、自分の条件的にどこが合うのか、といったことはあらかじめ把握したうえで審査を受けると良いですよ。



    [ad#co-2]