あなたがエネオスカードでキャッシングもしたいと思っている場合、借入枠がいくらかという点も気になるでしょう。



借り過ぎは禁物ですが、現金が必要な時にすぐに調達する方法があるのはいいことです。


この記事ではエネオスカードのキャッシング機能について、借入枠や申請方法なども絡めて解説していきます。



エネオスカードのキャッシング枠は最大100万円





エネオスカードのキャッシング枠は最高で100万円となっています。



エネオスカードの借入限度額はショッピング・キャッシングともに最高100万円なのです。


両方の機能で融資限度額を共有しているため、どちらも100万円が与信枠になるわけですね。



あくまでこれは「最大限度額」なので、個別の与信枠は申込者によって異なると理解してください。



エネオスカードのキャッシング機能、申請のやり方は?



エネオスカードでキャッシング枠の付帯を申請する方法は簡単です。



エネオスカードのお客様窓口に電話で問い合わせれば、付帯のための審査をしてくれます。


まだエネオスカードを持っておらずこれから審査に申し込むという場合は、申し込み用紙で「キャッシング枠希望」という欄に希望金額を書きます。



インターネット申込の場合も同じように、キャッシング枠希望の欄に数値を入力します。


申請しても必ずしもキャッシング枠がもらえるとは限りません。



しかし、職業・属性やクレジットヒストリーに問題がなければ、お試しとして10万円程度のキャッシング枠をもらえることは多いといえます。



キャッシングの借入・返済はコンビニATMでできる



これはエネオスカードだけではありませんが、クレジットカードのキャッシングの借入・返済は、コンビニATMでするのが便利です。



ファミリーマートやローソンなどの大手のコンビニエンスストアはもちろん、中小コンビニのATMでもできるようになっています。


手数料は多少かかりますが、それは銀行ATMで借り入れ・返済する場合も同じです。



コンビニATMの方が思い出した時にすぐ利用できるので便利だと私は思います。







エネオスカードのキャッシング枠の審査は厳しい?甘い?



エネオスカードのキャッシング枠の審査は、特別甘くも厳しくもありません。



すでにエネオスカードのショッピング枠である程度のクレジットヒストリーを残している場合は、審査に通りやすくなります。


学生だと、どれだけアルバイト収入があっても最初のキャッシング枠は5万円から始まると思って下さい。



会社員・OL・公務員などの社会人の場合は、最初は10万円から始まることが多いです。



逆にこれまでショッピング枠の返済で延滞・滞納をしている場合などは、キャッシング枠の審査で落ちることも多いと思って下さい。


エネオスカードのキャッシング枠の金利・利率はいくら?





エネオスカードのキャッシング枠の金利は、実質年率で「14.94%~17.94%」となっています。



少々中途半端な数字ですが、「大体消費者金融に近い」と思って下さい。


消費者金融レベルの金利というと高金利と思うかもしれませんが、そうではありません。



私が知る限り、クレジットカードのキャッシング枠の金利はどれも実質年率18.0%近くになっています。


そのため、エネオスカードのキャッシング枠の金利も他のクレジットカードとほぼ同じです。



安い方の金利(下限金利)については、借入限度額が大きくなると適用されます。



しかし、ほとんどの人はまず上限金利(高い方の金利)が適用されると思って下さい。



エネオスカードのキャッシングはVISA・JCBのどっちが便利?





エネオスカードの審査に申し込む時、国際ブランドをJCBかVISAかで選ぶことができます。



キャッシングをしたいのであれば、特に海外旅行に行くことを考慮すると、圧倒的にVISAが便利です。


JCBのキャッシングは、日本国内だったら問題なくどこでもできますが、海外だと限られた場所しかできないのです。



一方、VISAは海外でもかなりの広範囲でキャッシングができます。



キャッシングだけでなくショッピングで使える店舗も、VISAはMaster CardやJCBをしのいで断トツで1位になっています。


日本国内だけで使うという場合はどちらの国際ブランドでもかまいません。



しかし、海外旅行や出張で使うのであれば、VISAを選んだ方がいいと私は思います。



なお、年会費についてはどちらの国際ブランドを選んでも変わりはありません。



エネオスカードにしてもその他のクレジットカードにしても、キャッシングは海外で現金を引き出す手段として、外貨両替より遥かに便利です。



そのような使い方は非常にいいのですが、借金として使う分には計画的な利用を忘れずに心がけてください。