エネオスカードは電話で申し込み・解約できる?利用明細の確認方法は?

エネオスカードに限らず、クレジットカード会社に対して電話で問い合わせをしたい内容は多くあるでしょう。

また、WEB申し込みなどのシステムが苦手な場合は、申し込みや解約の手続きも電話でできるかが気になるはずです。

この記事では、このようなエネオスカードの電話対応全般についてまとめていきます。

エネオスカードは電話での審査・申し込みは不可、解約は可能

エネオスカードの審査の申し込みは、電話ではできません。

これは私が知る限り、エネオスカードだけでなく大部分のクレジットカードが同じルールになっています。

エネオスカードの審査の申し込みの方法は、下の3通りです。

  • WEB申し込み
  • 店頭申し込み(ENEOSサービスステーション)
  • 郵送申し込み(店舗で申込書をもらう)

このように3通りの方法があるので、インターネット環境がない場合でも問題なく申し込みできます。

店頭・店舗での申し込みは、ENEOSタブレットという端末を使ってウェブで行うので、自宅でするインターネット申込と変わりません。

郵送申込よりインターネット申込の方が早いので、自宅にネット環境がない時には、エネオスの店頭で申し込みするといいでしょう。

エネオスカードの申込方法について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

エネオスカードの申し込み方法・作り方は?オンラインで可能?

また、エネオスカードの審査の申し込みは電話ではできませんが、解約は電話でできます。

できると言うより「むしろ電話が必須」となっています。

これもやはり、私が知る限りほとんどのクレジットカードが同じシステムです。

「解約や限度額増額などの複雑な手続きは、問い合わせ窓口に電話する必要がある」という仕組みです。

クレジットカードの解約はそれほど頻繁にする作業ではないですし、1つのクレカにつき1回しかしないわけですから、電話が必須という条件でも、それほど面倒に感じることはないかと私は思います。

利用明細の確認やポイント交換は電話でできる?

エネオスカードの利用明細の確認は、基本的に電話ではなく会員ページからします。

不審な請求があるなどの場合は電話での確認が必要ですし、当然対応してくれます。

しかし、通常の利用明細を確認するだけならウェブの会員ページで見る方が便利ですし、エネオスカードのスタッフさんの負担を考えてもそうするべきです。

ポイント交換については、インターネットでも電話でもできます。

インターネットはパソコンからWEBサイトにアクセスすることでもできますし、スマートフォンアプリを使う方法でもできます。

電話の場合は、自動音声案内に従ってポイント交換をします。

私個人としては、電話の自動応答はまどろっこしいので、インターネットから交換する方がいいかと思います。

エネオスカードは電話一本でロードサービスを受けられる

エネオスカードのメリットとして、電話をかけるだけでロードサービスを受けられるという点があります。

たとえばパンクしたタイヤの交換や上がってしまったバッテリーの交換など、路上修理は30分以内なら無料となっています。

また、レッカー車による車の移動も10kmまでは無料です。

このように一定条件の範囲内で無料でロードサービスを受けられるのは、他のクレジットカードと比較してエネオスカードの優れている部分だと言えるでしょう。

この時の電話番号ですが「0120-125-775」となっています。

手元にエネオスカードを用意しておく必要があるため、自動車で外出する時は、エネオスカードを持ち歩くようにするといいでしょう。

なお、このロードサービスを受けるにあたって年会費が変わることはありません。

電話窓口は、三菱UFJニコスとトヨタファイナンスで違う

エネオスカードは、三菱UFJニコスが発行するものと、トヨタファイナンスが発行するものの2通りがあります。

そのため、解約にしてもその他の問い合わせにしても、問い合わせ先をよく確かめる必要があります。

もちろん、間違った方に問い合わせても電話口で指摘してもらえるので、大きな問題はありません。

しかし、わずかとはいえ時間と労力をムダにしてしまいますし、スタッフさんにも負担をかけてしまうので、間違えないように事前に連絡先と電話番号を、よく確かめた上で問い合わせるようにして下さい。

エネオスカードは電話連絡を勤務先にして審査(在籍確認)する?

エネオスカードの審査では、勤務先への在籍確認の電話があるのかというのも気になる部分でしょう。

私が口コミ・評判を調べた限りでは、必ずしも職場への電話連絡が必須と決まっているわけではないようです。

申込者の信用度が高ければ電話連絡なし、信用度が低ければ確認電話が必須となる、という風にケースバイケースといえます。

信用度が低いわけでなくても、変わった職業や職場のケースなど、確認電話が必要になることもあるでしょう。

私が思うに、エネオスカードの審査で会社への在籍確認の電話が必須かどうかを気にする理由のほとんどは、職場バレが怖いということです。

しかし、クレジットカードの審査はカードローンの審査などと違い、別に職場にバレて恥ずかしいものではありません。

また、そもそもエネオスカードの審査では電話連絡があるかどうかも半々です。

そのため、特に勤務先への在籍確認の電話については気にする必要はないでしょう。

エネオスカードから電話がかかって来る原因・理由は?

あなたがすでにエネオスカードを利用していて、「エネオスカードから着信があった」ということもあるかもしれません。

この原因は返済の延滞・滞納や不正利用など基本的に何らかのトラブルです。

できるだけ早く折返しの電話をするようにしましょう。

返済の延滞・滞納も含めて、自分が何か悪いことをしていなくても「誰かに不正利用をされた疑いがある」ということで電話連絡をしてもらうこともあります。

もし不正利用の疑いがある決済が身に覚えのないものなら、クレジットカードを停止するなどの処置を取らなくてはいけません。

もちろん、トラブルではなく良い連絡のこともあるかもしれませんが、多くの場合はこのようなトラブルです。

そのため、エネオスカードから電話があったら、できるだけ早くかけ直すようにしてください。

おすすめの記事