エネオスカードはクイックペイ一体型が便利!ポイントや割引特典もお得!

エネオスカードはQUICPay(クイックペイ)一体型を発行することもできます。

電子マネーやクレジットカードの知識がないと「QUICPay一体型」と言われても、どういうメリットがあるのかすぐにはわからないでしょう。

この記事では、エネオスカードのクイックペイ一体型のメリットや、一体型以外での便利なQUICPayの使い方などをまとめていきます。

エネオスカードはクイックペイ一体型が便利!使い方は?

エネオスカードは通常のクレジットカードでも便利ですが、クイックペイ一体型にすることでさらに便利になります。

QUICPay(クイックペイ)とは特によく使われている電子マネーの1つですが、エネオスカードがそのままQUICPayとして使えるのです。

「別にエネオスカードと一体でなくても、普通のクイックペイカードを持っていればいいのでは?」と思うかもしれません。

確かに、これから買い物に行く場所が「QUICPayが使える」とわかっていて、しかもそれ以外の場所で買い物をしないというなら、それでいいでしょう。

しかし、現実にはそのように買い物の行動範囲が限られているケースは少ないはずです。

「いつもと違うお店で買い物をする」「いつものお店だけど、QUICPayは使えない」ということもよくあるでしょう。

そのような時、クイックペイとは別にクレジットカード(エネオスカード)も使えると、支払いがより便利なのです。

店舗がどちらか片方にしか対応していなくても、問題なく決済できるということですね。

なお、クイックペイ一体型のエネオスカードの使い方は、特に難しいことはありません。

クイックペイ対応店舗で「QUICPayで」と言ってカードリーダーにエネオスカードを当てるだけです。

クレジットカードより読み込み時間が短く、あっという間に支払いが終わるので非常に快適です。

エネオスカードはQUICPayモバイルも使える!利用方法は?

エネオスカードはQUICPay一体型でなくても「クイックペイモバイル」をスマホで使うこともできます。

利用方法はまず「QUICPayモバイル」のアプリをスマートフォンにインストールします。

そして、そのQUICPayモバイルと自分のクレジットカードを紐づけます。

紐付けると、そのQUICPayモバイルで支払いをしたら、翌月以降のクレジットカードの請求の中に、その金額が含まれるという仕組みです。

この時の紐付けるクレジットカードとして、エネオスカードを利用することもできます。

QUICPayモバイルに対応しているクレジットカードならどれでもいいですが、すでにエネオスカードを持っているなら、確実に設定できるのでエネオスカードがおすすめです。

なお、QUICPayモバイルの利用に関して追加の年会費が発生することはありません。

クイックペイ利用でのポイント付与や割引のキャンペーンもお得!

エネオスカードも含めて多くのクレジットカードは、しばしばクイックペイ絡みのキャンペーンを展開します。

期間中にQUICPayを利用して決済したら1000円キャッシュバック、というようなキャンペーンです。

内容はそのクレジットカードやキャンペーンによって異なりますが、何かしらのポイントが付与されたり、キャッシュバックがされるなどのメリットがあります。

また、ポイント付与やキャッシュバックほど多くはありませんが、「クイックペイでショッピングをすると割引」などのサービスもあります。

具体的な内容は毎回異なるものの、エネオスカードでQUICPayを使うと、このようなキャンペーンに関するメリットもあると思ってください。

エネオスカードはクイックペイ以外の電子マネーも利用可能

エネオスカードではQUICPay(クイックペイ)以外の電子マネーも使えます。

一体型になるのはQUICPayだけですが、他の電子マネーにチャージしたり、その電子マネーのカードと紐付けるなどが可能です。

たとえば「モバイルSuica・SMART ICOCA」があります。

これはどちらも「スマホに入れるSuica・ICOCA」であり、両方とも交通系電子マネーです。

これらを使ってスマートフォンで改札をくぐることができますが、その時の運賃の請求先をエネオスカードにできるということです。

「別にクレジットカードで電車代を支払わなくても、現金でいいじゃん」と思うかもしれません。

確かにそれも一理ありますが、「きっぷを毎回買わなくていい」「Suicaチャージもしなくていい」などの利便性、さらに「ポイントが貯まる」という経済性もあります。

このように多くのメリットがあることを考えると、出来るだけモバイルSuica・SMART ICOCAのように「クレジットカードと連動した交通系ICマネー」を使う方がいいのです。

その他、楽天Edyやnanacoにもエネオスカードはチャージが可能です。

詳しくはエネオスカードの公式サイトやクレジットカード情報のまとめサイトをチェックしてみて下さい。

エネオスカードでクイックペイ支払いをするメリット・利点

たとえばコンビニエンスストアのような「クレジットカードもQUICPayも両方使える」という場所は多くあります。

「どちらも使える場所なら、クイックペイを使うメリットは特にない」と思うかも知れませんが、そのようなことはありません。

クイックペイも含めて電子マネーすべてのメリットとして「クレジットカードより支払いスピードが早い」という点が挙げられます。

クレジットカードはわかりやすく言うと「借金」です。

そのため、レジでクレジット会社と通信をして「この人の買い物を許可してもいいですか?」というやり取りをする必要があります。

これでどうしても、ある程度の時間がかかるのです。

店舗によってはサインや暗証番号の入力が必要になります。

これに対して、QUICPayも含めた電子マネーでは、このように支払いに時間がかかることが一切ありません。

電子マネーはクレジットカードのように「借金」ではなく「現金のようにすでにそのカードの中にチャージされたお金」として扱われるので、一瞬で決済が完了するのです。

店舗によってスピードの差はありますが、セブンイレブンやローソンなどの大手コンビニでは、Suicaで改札をくぐる時のように一瞬で決済されます。

朝の混み合っている時間など、そのくらいでないと行列ができてしまいますからね。

何はともあれ、このように「支払いがスピーディー」というメリットがあるので、クレジットカードもQUICPayも両方使える場面でも、クイックペイ一体型のエネオスカードを使う利点は大きいのです。

エネオスカードのクイックペイは、ApplePayでも使える

エネオスカードのQUICPayは「ApplePay」としても使えます。

一番わかりやすい具体例を出すと「Apple Watchでの支払い」が可能です。

たとえばジョギングに行く時、財布などは一切持たず、Apple Watchを付けていくだけでいいんですね。

Apple Watchは水洗いしても大丈夫ですし、バンドもゴムの物が主流なので、スポーツ用の時計として使えるのです。

そして、ジョギングの途中で飲み物や食べ物をコンビニで買う、というのもこのApple Watchだけでできます。

これがApplePayの一番大きなメリットですが、エネオスカードではQUICPayを経由してこのApplePayを使えるのです。

特にApple Watchを使っている場合は、これは大きなメリットといえるでしょう。

もちろん、ApplePayはアップル製品全般で使えるものなので、iPhoneでも一定以上のシリーズならできます。

ただ、iPhoneで支払う場合は「モバイルQUICPay」とあまり変わらないので、大きな違いとしてApple Watchの例を紹介したわけです。

QUICPayにしてもApplePayにしても、エネオスカードは電子マネーの利用でも便利なクレジットカードです。

毎日の支払いを便利にしたい場合は、ぜひエネオスカードをチェックしてみてください。

おすすめの記事