北海道銀行カードローンでも他のキャッシングサービスでも、コンビニエンスストアで借入・返済ができるのは非常に便利です。



お金を借りたい時は出先ですぐに借り入れができますし、返済する時も思い出したらすぐに支払いができるからです。


北海道銀行カードローンはコンビニATMでの返済・借入両方に対応しているため、このようなメリットを享受できます。



この記事では、北海道銀行カードローンATMサービスについてまとめます。



北海道銀行カードローンはATMでの返済・借入サービスが便利





北海道銀行カードローンだけでなく、他の銀行キャッシングでも言えることですが、借入・返済でATMを利用できるというサービスはやはり便利です。



昔の銀行カードローンはそれぞれの銀行のATMでしか借入・返済ができませんでしたが、コンビニATMが利用できるようになってから、利用が飛躍的に伸びました。


普通の預貯金の引き出しでもコンビニATMを使うことは多いでしょうが、それと同じ理由です。



やはり「借りたくなった時に借りられる」「返済しようとした時に、すぐに返済できる」というのは大きなメリットですからね。



私の経験からいうと、預貯金の引き出しでほとんどATMを使わない人は「毎月決まった金額しか使わないので、1回引き出して終わり」という人です。


これは非常に計画的でいい生活習慣だといえます。



しかし、カードローン・キャッシングを利用する方でそのような人はほとんどいないのが実情です。


私自身もそういう部分がありますが、銀行カードローンや消費者金融での借り入れが必要になるという時点で、少なくとも経済的には、その方は計画的ではないということですからね。



何らかの真面目な理由によって借り入れが必要になる場合、教育ローンや自動車ローンなど「目的ローン」によって借り入れできるものです。


それができなくてキャッシングをするということは、やはり「少なくともお金に関してはあまり計画的ではない」ということなのです。



芸能人で莫大な借金を抱える方が多いように、えてしてそういう計画性のない人の方が人間的に面白いということもあります。



そのため、計画性がないことが悪いというわけではありませんが、何はともあれ、キャッシングでお金を借りようとする人は「コンビニATMなどで急に借入・返済が必要になる割合が高い」のです。


北海道銀行カードローンなどの融資する側も、そうしたユーザーの特性をよく理解しているため、atmでの借入・返済に対応するのは当然なんですね。



道銀カードローン・ラピッドの提携ATMがあるコンビニはどこ?



北海道銀行カードローン・ラピッドの提携ATMは、日本のほぼすべてのコンビニにあります。



ミニストップやファミリーマート、セブンイレブンやローソンなどの誰もが知っている大手コンビニはもちろん、スリーエフ・セイコーマートなどのマイナーなコンビニでも対応しています。


中小コンビニでも利用できるのは、中小コンビニが「E-net(イーネット)」のATMネットワークに参加しているからです。



E-netはファミリーマート・サークルKサンクスを中心としたネットワークで、キャッシングの借入・返済も含めて、あらゆる金融のサービスをコンビニATMで利用できるようにしています。


セブンイレブンとローソンは独自のネットワークを持っているので、E-netには参加していません。



E-netの方がシステムを共有できる範囲は広いのですが、おそらく加盟手数料のようなものがあるのでしょう。


セブンイレブンならセブン銀行のネットワークがありますし、ローソンはローソンATMという独自のネットワークを持っているので、「手数料を払ってまでE-netに参加する必要はない」ということかと思います。



何はともあれ、この2つのコンビニについても、独自ネットワークで北海道銀行カードローンの借入・返済ができるようになっています。



要は「コンビニエンスストアであればどこでもラピッドの借り入れ・返済が自由にできる」ということなので、店舗については気にしなくて大丈夫です。


北海道銀行カードローンのATM返済は利用手数料がかかる?無料?



どうぎんカードローン・ラピッドのATM返済は、利用手数料がほとんどかかりません。



北海道銀行のATMはもちろん、コンビニATMもすべて借り入れ・返済ともに利用手数料無料となっています。


提携コンビニエンスストアのATMも無料というのは少々驚くかも知れませんが、そのくらい北海道銀行カードローンのサービスは優れています。



ただ、コンビニATMであっても利用できない時間帯があるので、その点のみ注意してください。


「コンビニだから24時間借り入れ・返済できる」と思うかも知れませんが、北海道銀行のネットワークに接続する必要があるのです。



北海道銀行のネットワークが深夜は営業していないので、深夜はコンビニATMでの借り入れ・返済もできないと理解してください。


そのように使用不可の時間帯のみ注意する必要がありますが、手数料についてはまったくかからないので安心です。







北海道銀行カードローンのキャッシングをATMでする時の注意点



北海道銀行カードローンのキャッシングサービスをATMで行う時の注意点は、追加借入は控えめにした方がいいということです。



消費者金融で働いていた私の経験からいうと、多くの人が「少額ずつ何度も追加借入をする」という傾向があります。


もちろん、借りすぎないようにするのはとてもいいことです。



また、北海道銀行ATMやコンビニATMのように手数料がかからないATMを利用するなら問題ないでしょう。



しかし、手数料のかかるATMで何度も借り入れをしていると、少額の借り入れでも手数料が利息を超えてしまいます。


実は、キャッシングの利息というのはそれほど高くないのです。



北海道銀行カードローンの場合、10万円を1ヶ月借りて約1200円の利息です。


1万円借りるだけなら、月120円の利息にしかなりません。



実は、缶ジュースを1本我慢するだけで、1万円を1カ月借りる時の利息を支払えるのです。


一方、手数料がかかるATMで追加借入をすると、1回200円程度します。



「数千円必要になる度に何度も借り入れをする」というやり方だと、ATM手数料の方が利息より高くなってしまうのです。



ATMの手数料は身近で、キャッシングの利息は身近でないため、何となく「利息の方が高い」というイメージがあるでしょう。


しかし実際にはまったく違っていて、よほどの高額借入にならない限り「利息の方が安い」のです。



そのため、何度も追加融資を受けるよりは「一度にまとまった金額を借りて、その後ATMを利用しない」方が正しいといえます。



もちろん、先にも書いた通りどうぎんATMやコンビニエンスストアのATMを利用するのであれば、手数料なしなので問題ありません。


あくまで「手数料がかかる他の金融機関ATMなどを利用する場合」の注意点だと思ってください。



北海道銀行カードローンはATMでの全額返済・一括支払いもできる?



北海道銀行カードローンは、ATMで借入残高を一括返済・全額支払いすることもできます。



全額返済というと支払金額が1円単位になるので、コンビニATMなど硬貨を扱っていないATMではできないこともあります。


しかし、北海道銀行ATMなら硬貨での支払いもできるので、最後の1円まですべて一括返済できます。



一括返済をするにあたって、事前に北海道銀行カードローンに連絡する必要などはありません。


単純にラピッドのローンカードをATMに挿入して、残高照会をして表示された金額を、全額支払うだけでOKです。



マイカーローンや住宅ローンなどの目的別ローンは、全額返済(繰り上げ返済)をする時は連絡が必要ということもよくあります。


しかし、キャッシングというのは北海道銀行カードローンでもその他のサービスでもそこまで複雑なサービスではないので、気軽に一括返済できるのです。



そのため、臨時収入が発生した時など、全額返済できる余裕があればATMで気がるに一括支払いするといいでしょう。



北海道銀行カードローンでATMが使えない場合の原因





北海道銀行カードローンで借り入れをしていて、使えるはずのATM、あるいはいつも使えていたATMが利用できないということもあるでしょう。



この時考えられる原因の一つは返済の延滞・滞納です。


毎月の引き落としの時に口座残高が不足していると、自分が気づかないうちに遅延・延滞という状態になってしまいます。



口座に必要金額を入金すれば問題なく解決しますが、北海道銀行カードローンの側でシステムの処理をするのに、おそらく数日かかるでしょう。



定期返済に遅れたからと言って、すぐにATMの利用が不可になるわけではありません。


過去の返済トラブルなどから、北海道銀行カードローンの中でブラックリスト入りしている利用者は別ですが、そうでなければ「延滞・滞納をしても数日は使える」ということがよくあります。



何はともあれ、ATMが利用できなかった場合は「口座残高の不足で支払いができなかったかもしれない」という可能性を考えてみて下さい。



明らかにそうした原因でない場合には、単純にATMに不具合があったか、ローンカードが磁気不良を起こしている可能性があります。



磁気不良の原因は携帯電話・スマホなどの電子機器のこともありますし、汚損のケースもあります。


特に長期間使っているローンカードは磁気部分に皮脂などの汚れがついていて、それで読み取りができないこともあります。



ハンカチなどで軽く磁気部分を拭いてみると動作することもあります。



あるいは、ATMや店舗を変えて利用してみれば、ATMの故障などが原因だった場合には解決します。


こうしたありとあらゆる方法を試してもローンカードが使えない場合、まずは北海道銀行カードローンに問い合わせをしてみてください。



自分が知らないところで返済遅延などのトラブルを起こしている可能性もあるので、そうしたトラブルに早く気づくためにも、問い合わせは重要です。



北海道銀行カードローンは問い合わせの相談窓口もしっかり整備されているので、電話もストレスなくつながるでしょう。