あなたが自営業・個人事業主、あるいは法人経営者なら「ビジネスカードを発行したい」と思うことは多いでしょう。



その時、ライフカードビジネスは事業用クレジットカードとして良いか悪いか興味があるはずです。


この記事では、ライフカードビジネスの評判や審査基準、年会費などについて解説していきます。



ライフカードビジネスのインターネット上の評判・口コミ





ライフカードビジネスのWeb上の口コミ・評判は、かなり良いものとなっています。



私が見る限り、スタンダードカードなら年会費無料で持てるというのが特に大きいです。


個人用クレジットカードだと年会費無料のものは多いのですが、法人カード・個人事業主カードだと、年会費無料のものはなかなかないからです。



また、比較的審査に通りやすいというのもライフカードビジネスの評判がいい理由の一つです。



個人事業主・自営業やフリーランス、事業歴が浅い法人はなかなかクレジットカードを発行できません。


しかし、ライフカードだったら割と審査に通りやすいということで、それも人気の理由となっているのです。



スタンダードなら年会費無料、ゴールドカードは2000円



ライフカードビジネスにはスタンダード・ゴールドカードの2種類があります。



スタンダードはいわゆる一般カードですが、これは年会費無料で発行できるようになっています。


ゴールドカードについては年会費2000円ですが、事業用クレジットカードのゴールドで、この年会費はかなり安いレベルといえます。



私が知る限り、楽天カードなどのステータスがあまり高くないクレジットカードなら、ゴールドカードで年会費2000円ということもあります。


しかし、たとえばアメックスゴールドは税込みで3万円ですし、その他のゴールドカードも年会費1万円程度するものが多くあります。



そう考えると法人カードや個人事業主カードのゴールドでも2000円で持てるライフカードビジネスは、コストパフォーマンスがいいと言えるでしょう。



ライフカードビジネスの審査基準は厳しい?甘い?



ライフカードビジネスの審査難易度はどのくらいかという点も、自営業・個人事業主や会社代表者の方なら気になるでしょう。



ライフカードビジネスの明確な審査通過率などは公表されていませんが、ビジネスカードの中ではかなり審査に通りやすい方とされます。


これは「年会費無料」というルールを見てもわかります。



他の法人カード・個人事業主用クレジットカードで、年会費無料のものはほとんどありません。


ライフカードビジネス以外では、「ビジネクストクレジットカード」を含めた一部のクレカくらいです。



アメックスプラチナカードなど、審査が厳しいクレジットカードは年会費も高いものです。



つまり「年会費の高さと審査の厳しさは反比例する」といえます。



そう考えると、年会費無料で発行できるライフカードビジネスは「比較的審査基準がゆるめ」と考えていいでしょう。



ライフカードビジネスを発行するメリットは?



ライフカードビジネスを作成するメリットは、まず公私の経費の区別をしやすくなるということです。



私の経験からいっても、公私の支払いで別々のクレジットカードを使えば、それだけで公私混同を防ぎやすくなります。


事業用クレジットカードはなかなか発行できないことが多いので、比較的審査に通りやすいとされるライフカードビジネスは、その点でメリットがあります。



その他、ETCカードも年会費無料で発行できるという点も、ライフカードビジネスのメリットと言えるでしょう。



ライフカードビジネスの国際ブランドはどれがおすすめ?





あなたがこれからライフカードビジネスを発行しようとする時「国際ブランドはどればいいか」と悩むかもしれません。



ライフカードビジネスではVISA・Master Card・JCBの3通りから、国際ブランドを選択できます。


私が思うに、VISA・Master Cardのどちらかにするのがいいでしょう。



理由は、VISA・Master Cardはそれぞれビジネス用のサービスを提供しているからです。



たとえばアスクル・アート引っ越しセンター・日産レンタカーなどのサービスを優待料金で利用できます。


個人の買い物と違い、個人事業主や法人の支払いだと金額も大きくなるので、こうしたサービスを優待価格で利用できるのは大きなメリットです。



JCBでもそうしたビジネスのサポートサービスはありますが、VISA・Master Cardの方が豊富な内容となっています。



そのため、私はどの国際ブランドでも良いという条件なら、Master・VISAのどちらかをおすすめします。



ライフカードビジネスは法人でなく個人事業主でも発行できる?





ライフカードビジネスの発行資格・申込資格は個人事業主・自営業でも問題なく満たせます。



一応法人カードという名前になっていますが、まだ法人化していなくても審査に通るということです。


ただ、個人事業主の開業届だけは提出していなくてはいけません。



開業届を提出していない個人事業主・フリーランスというのは、法律上はただの無職と同じ扱いになります。



そのため、今独立して仕事をしているという方は、ライフカードビジネスの申し込みの前に開業届だけは出すようにしてください。



ライフカードビジネスの審査通過率は比較的高めなので、ある程度のクレジットヒストリーがあれば問題なく審査に通るでしょう。