ライフカードも他のクレジットカードと同様にパスワードを一定回数間違えるとロックされる設定になっています。



何回間違えるとロックされるのか、解除するにはどうすればいいかなどの点が気になるでしょう。


この記事では、ライフカードのパスワードの間違いとロックに関する内容をまとめていきます。



ライフカードのパスワード、ロックされるのは3回間違えた場合





まずロックされるまでのパスワード間違いの回数ですが、これは3回となっています。



私が知る限り、ほとんどのクレジットカードがこの回数になっていますが、3回というのはやはり1番切りがいいからでしょう。


1回なら誰でも打ち間違いがありますし、2回目も「他のパスワードとどっちだったかわからなくなる」ということがよくあります。



そのため、2回間違えるということは誰でもあるのですが、そこでロックされたら「早すぎる」という不満が湧くでしょう。



「誰もが納得する回数」というとやはり3回なので、ライフカードも他のクレジットカードも3回という設定になっているのだと私は思います。



4桁の暗証番号だけでなく、LIFE-Web DeskのID・パスワードも対象



ライフカードのパスワードを3回以上間違えるとロックされるというのは、4桁数列の暗証番号だけではありません。



いわゆる会員ページである「LIFE-Web Desk」も同じです。


こちらはIDとパスワードを入力してログインしますが、このパスワードかIDどちらかが3回以上間違うと、やはりロックされてしまいます。



そのため、2回間違えた段階でパスワード再設定の手続きをするようにしてください。



パスワード忘れでロックされたら、問い合わせ窓口で本人認証をする



万が一3回以上間違えてロックされてしまったら、ライフカードの問い合わせ窓に連絡して本人認証をし、ロック解除をしてもらうようにして下さい。



場合によっては郵送による手続きが必要になることもあります。


しかし、ライフカードである程度のクレジットヒストリーを積んでいれば、電話のみの本人確認で何とかなることも多いでしょう。



こればかりはケースバイケースなので、まずはライフカードに連絡するようにして下さい。



ライフカードのパスワードが正しいのにログインできない原因



「パスワードもIDも確実に正しいのにログインできない」ということもあるかもしれません。



この場合も、無理に突破しようとせずパスワード再設定の手続きをするべきです。


一度ロックされてしまうと電話での解除が必要になりますが、パスワード再設定だけならメールでできます。



多少の手間はかかりますが、電話でロック解除を依頼するよりは遥かに簡単なのです。



そのため、私としては無理に正面突破せず早めにパスワード再設定をすることをおすすめします。



ライフカードのパスワード、ロック解除はクレヒスに傷がつく?





パスワード間違いでロックされて、その解除を依頼するとクレジットヒストリーに傷がつくか、と心配かもしれません。



一応、多少信用度は下がりますが、クレヒスに傷が付くほどではないと私は思います。


個人的には、どのクレジットカードも紛失再発行やパスワード間違いの回数が多いユーザーは、警戒すると思います。



そのようなうっかりミスが多いユーザーは、海外旅行などで大きな事故・事件に巻き込まれることが多いからです。



ライフカードは、特にゴールドカードだと最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯しています。


つまり、あまり不注意なユーザーだとこの1億円の負担を、後々ライフカードが背負わされる可能性があるのです。



一応このような補償を提供していても、ライフカードとしては「払いたくない」というのが本音でしょう。



毎年多数のユーザーに1億円を払っていたら、倒産してしまいますからね。



そのため、うっかりミスが多いユーザーは増額審査などで不利になる可能性はあります。



そして、ライフカードの利用実績はアイフルなどの関連会社とも共有されているので、そちらでも不利になる可能性があります。


このような理由から「パスワード再設定を早めにするなどして、とにかくロックされないようにする」ことが重要だと私は感じます。




ライフカードのパスワード、ロックされないような設定方法は?





ライフカードでもそれ以外のクレカでも言えることですが、やはりロックされないような覚えやすいパスワードにする必要があります。



もちろん、覚えやすいパスワードは他人からも推測されやすいことが多いので、工夫が必要です。


私が思うに、暗証番号は何か「日本語」にできるものがいいでしょう。



そうすれば、4桁数字の暗証番号も、アルファベットで入力するパスワードも、共通のものを設定できるからです。



これは単純すぎておすすめできませんが、たとえば「いい夫婦、1122」などです。


歯を大事にしたい人なら「8020」などもいいでしょう。



何はともあれ、何らかの意味を持たせて、それを暗証番号とパスワードで共通させることが、両方間違えないようにするコツです。