これから楽天カードの審査に申し込もうとしている場合、審査基準や通過率、難易度などが気になるでしょう。

インターネット上の評判・体験談を見ると「楽天カードの審査基準は甘い」という書き込みも見られます。

この記事では、こうした口コミ・評判の真偽も含めて、楽天カードの審査基準について解説していきます。

楽天カードの審査基準が甘いという評判は間違い

WEB上で見られる「楽天クレジットカードの審査基準はゆるい」という情報は完全に間違いです。

楽天カードの審査難易度はすべてのクレジットカードの中でも中級であり、ゆるい・甘いということは一切ありません。

クレジットカードで審査基準が甘いと言われるのは、たとえばACマスターカードです。

アコムが発行しているクレジットカードで、消費者金融系クレカと呼ばれるものの一つです。

私もACマスターカードを利用していますが、個人信用情報にブラックリストの履歴がある状態でも通りました。

審査が甘いクレジットカードというのはこのようなクレカのことであり、楽天カードは間違っても審査基準が甘い・緩いということはないのです。

無職・ニート・失業者も資産があれば審査に通る

審査基準が厳しい楽天カードですが、職業・属性についてはその申込者の資産状況などを見て、臨機応変に返済能力を判断します。

たとえばニートや無職、あるいは失業者という属性であっても、預貯金が豊富であるなど資金力を証明できれば審査に通る可能性があります。

これは、楽天カードだけでなく多くのクレジットカードが採用している審査基準です。

極端な話、セミリタイアした資産家は無職なので、必ずしも無職が悪いとは限らないのです。

もちろん、投資業務を法人化している投資家の方が多いでしょうが、「もう節税すら考える必要がない」というレベルの人もいるわけです。

そうしたことを考えると、無職・ニートにしても求職者にしても、それだけで申込資格を剥奪するというのは間違っていると私は考えます。

楽天カードも含めて多くのクレジット会社がそう考えているため、資金力さえ証明できれば仕事をしていなくてもクレジットカードが発行できるのだといえます。

自営業・個人事業主は収入が少ないと落ちる?

楽天カードの審査基準に関する体験談・口コミをチェックしていると「個人事業主やフリーランス、自営業は低収入だと審査落ちする」というものがあります。

この評判・口コミは正しいものです。

個人事業主・自営業だけでなく、会社員・OL・公務員でも低収入なら審査に通らないことはありますし、独立系の職業だとその基準がさらに厳しくなります。

自営業をしている私の経験からいうと、「自営業は同年代のサラリーマン・OLの3倍の年収が必要」といわれています。

フリーランスや個人事業主というのは、そのくらい不安定な職業ということですね。

さすがに正社員や契約社員の3倍の年収が必要ということはありませんが、それなりに収入・給与の審査基準が審査が厳しくなるということは理解してください。

以下の記事では、自営業の人が楽天カードに申し込んだ時の審査について解説していますので、参考にしてみてくださいね。

楽天カードは自営業でも作れる?審査のコツや注意点とは

楽天クレジットカードは専業主婦でも作れるか

楽天カードは自分の収入がない専業主婦でも発行することができます。

夫・旦那など配偶者に安定収入があること、クレジットヒストリーが良いこと、他社借入が少ないかゼロであることなどが条件です。

他にも自宅の居住年数など審査条件はいろいろありますが、無収入の専業主婦でも楽天カードの発行自体はできるということです。

ただ、言うまでもなく自分の収入があるパートの主婦などと比較すると、やはり専業主婦は審査通過率が下がります。

もし楽天市場や楽天トラベルなどの利用実績が豊富にあれば、それも楽天カードの審査でプラスになると考えてください。

こうした点も含めて、総合的にクレジットスコア(信用度)が高い専業主婦であれば、楽天クレジットカードを作ることができます。

楽天カードの審査基準では、学生も問題なく発行可能

大学生や専門学校生、あるいは大学院生など、学生でも楽天カードは発行できます。

銀行カードローンなどの審査基準では学生は借入不可ということがほとんどですが、クレジットカードでは逆に「学生でも作成可能」ということが多いのです。

学生の場合「楽天カード・アカデミー」という学生用のクレジットカードを発行します。

学生向けということで借入限度額は少額になりますし、最初はキャッシング機能もつかないことがほとんどです。

しかし、ラインナップの中にこのように学生専用クレジットカードがあるというだけでも、楽天カードは学生にとって申し込みやすいクレジット会社だと私は感じます。

楽天カードの審査基準、ゴールド・プレミアムはどう?

楽天クレジットカードには多くの種類があります。

一般カードよりステータスが上の楽天ゴールドカードや楽天カードプレミアムになると、審査基準はさらに厳しくなります。

具体的な審査通過率は公表されていませんが、年会費で比較するとわかりやすいでしょう。

通常の楽天カードは年会費無料ですが、ゴールドは2000円、プレミアムは1万円程度となっています。

審査に通るのは難しいものの、ポイント還元率が高まるなどゴールドカード・プレミアムカードのメリットは多くあります。

インビテーションなどは不要で最初から申し込むこともできるので、審査に通る自信がある場合は、プレミアムやゴールドに申し込んでみてもいいでしょう。