あなたがもし「低金利な銀行カードローンでお金を借りたい」と思っているなら、楽天銀行カードローンのキャンペーンを有効活用することをオススメします。



楽天銀行カードローンは2018年の金利半額キャンペーンなど、ひんぱんに金利引き下げのキャンペーンを展開しているからです。


この記事では、今後の参考にもなるキャンペーンの例として、楽天銀行カードローンの金利半額サービスについて解説していきます。







楽天銀行カードローンの金利半額キャンペーンの口コミ





私が楽天銀行カードローンの金利半額サービスについての口コミ・評判をチェックした限り、いい評判がほとんどとなっています。



それは当然で、ユーザーにとってメリットしかないわけです。


「一時的に低金利にしてユーザーを集めようとしているんだろう」という勘ぐりはあるでしょうし、それは私企業である以上当然考えているでしょう。



しかし、目的が何であれユーザーにとって物理的に起こることは「低金利になる」という良い事実のみなのです。


日本人はよく「動機」を問題にしますが、私はむしろ「結果」の方が大事だと思っています。



楽天銀行カードローンの本当の目的が何であれ、それでユーザーにとって明らかに良いことが起きたなら「楽天銀行カードローンはユーザーのことを思っている」と言っていいのです。



逆に「ユーザーのことを考えている」のに、実際に展開しているキャンペーンや提供しているサービスが「ユーザーのためにならない」ものだったらどうでしょうか。



その銀行カードローンはユーザーのことを考えていないと評価するべきでしょう。



このような視点から考えると、実際にユーザーのプラスにしかならない良いキャンペーンに対して、インターネット上でも悪い口コミ・評判が見られないことは、当然だといえます。


たまにこじつけのように書かれている悪い評判・クチコミも見られますが、これらは私が思うに、他の銀行カードローンのネガティブキャンペーンや、楽天銀行カードローンの審査に落ちた人の逆恨みでしょう。



楽天銀行スーパーローンの金利半額サービスの適用には審査が必要?



楽天銀行スーパーローン(カードローン)の金利半額キャンペーンを適用してもらうために、特別な審査を受ける必要はありません。



もちろん、楽天銀行カードローンを利用することが条件なので、通常の楽天銀行スーパーローン(カードローン)の審査は当然受けます。


しかし、普通の審査に通りさえすれば、後は特別に金利半額にするための審査のようなものを課してはいないということです。



楽天銀行カードローンの金利引き下げキャンペーンの申し込み方法



楽天銀行カードローンの金利半額(引き下げ)キャンペーンの申込方法は特にありません。



上の段落でも書いた通り「通常の楽天銀行スーパーローンの審査に申し込むだけで自動的に適用される」というものなので、ユーザーは特に何もしなくていいのです。


ちなみに、通常の楽天銀行カードローンの金利は「1.9%~14.5%」です。



これが半分になるということで、「0.95%~7.25%」という低金利になります。



私が知る限り、これは住宅ローンや日本学生支援機構の奨学金に匹敵するような圧倒的な低金利です。


もちろん、下限金利が適用されることはめったにないでしょう。



しかし、上限金利の方だけでも十分な低金利です。



銀行カードローンより審査が厳しいろうきんカードローンが大体「上限金利8%台」ですが、それよりさらに低金利ということです。


期間限定のキャンペーンではありますが、かなりの大盤振る舞いのサービスと言えるでしょう。







楽天銀行カードローンの金利半額より低利息なキャンペーンはある?



楽天銀行カードローンの金利半額キャンペーンより低利息・低利子で借り入れできるキャンペーンはあるか、気になる部分でしょう。



金利半額より上とはいえませんが、プロミス・アコム・アイフルが提供する初回30日間無利息のサービスはかなり低利子になるものです。


この3つの消費者金融だけでなく、金融機関では新生銀行カードローン・レイクが初回30日間無利息で融資をしています。



新生銀行カードローン・レイクは初回30日間無利息のサービスだけではなく「5万円まで180日間無利息」という独自のサービスも提供しています。


このように2種類の無利息キャッシングを提供しているのは新生銀行カードローン・レイクだけです。



その他は、消費者金融のノーローンが「何度でも1週間無利息」というシステムで融資をしています。



私は消費者金融で働いていたのでよく知っていますが、最初に無利息期間というサービスを始めたのはノーローンなのです。


ノーローンはもともと株式会社シンキが提供するブランド名でしたが、このブランド名にしたのも「無利息キャッシング」を売りにしていたからです。



何はともあれ、このように楽天銀行カードローン以外の銀行キャッシングや消費者金融でも、金利半額ではありませんが、無利息サービスを提供しています。



楽天銀行カードローンの金利半額キャンペーンがやっていない時には、これらのキャッシングブランドで申し込むのもいいでしょう。



楽天銀行カードローンの金利半額が適用されない条件





基本的に、期間中に楽天銀行カードローンの審査に通ったユーザーはすべて、金利半額が適用されます。



しかし、その借り入れ期間中に返済の延滞・滞納をした場合などは、金利半額のサービスが取り消される可能性もあります。


これは一般常識で考えて当然の措置でしょう。



そもそも、キャッシングの世界には「期限の利益の喪失」というものがあり、遅延・延滞をするなど「約束違反」をした時点で、いつでも一括返済を要求される可能性があるのです。


期限の利益とは「期限が来るまで、○○をできる、あるいは○○をしなくていい」という利益です。



キャッシングの場合は「期限まで借入できる、完済をしなくていい」という利益です。



しかし、これはあくまで「当初の約束を守り続けている場合のみ有効」というものです。


1日でも返済の延滞・滞納をしたら、約束を破ったことになるので、楽天銀行カードローンからいつ全額返済を要求されても文句は言えないのです。



返済の遅延・延滞というのは、そのくらい重いことなんですね。



そのため、金利半額キャンペーンが取り消されるくらいのことは当然だと思って下さい。



取り消されてももともと楽天銀行カードローンは低金利なので、特に問題ないともいえます。


楽天銀行カードローンの金利半額キャンペーンの開催頻度は?





楽天銀行カードローンの金利半額キャンペーン、あるいはそれに似たサービスはどのくらいの頻度で開催されるのか気になる部分でしょう。



これを公開したらキャンペーンの意味がないので当然不明ですが、強いて言うなら楽天銀行カードローンは過去に「初回30日間無利息」のサービスを提供していたことがあります。


先ほど紹介したアイフル・アコム・プロミスや新生銀行カードローン・レイクが展開しているサービスですが、これを楽天銀行カードローンも一時期やっていたのです。



展開していた時期は2015年で、私の記憶では2016年に入る頃には終了していたかと思います。


このような過去の実績もあるので、金利半額キャンペーンが終わっても、今度は無利息サービスが提供される可能性もあります。



最終的には楽天銀行カードローンの経営方針次第なので明確にはわかりませんが、無利息キャッシングがもし導入されたら、ユーザーにとってはありがたいことでしょう。