楽天カードを申し込み際、キャッシング枠をつければ、現金を引き出す事ができるようになります。



しかし、キャッシング枠を申請すると、審査時間に影響する可能性がある事はご存知でしょうか?



クレジットカードの審査が早いと言われている楽天カードですが、キャッシング枠を申請すると審査時間が変わる可能性を説明していきます。



また、その時間を短縮する方法も解説しますので参考にしてください。



楽天カードのキャッシング枠の審査時間は?





実際、楽天カードのキャッシング枠を申請した時の審査時間はどれくらいなのでしょうか?



キャッシング枠のみの審査時間を計算するのは難しいので、クレジットカード審査全体で考えてみます。



通常、楽天カードの審査はとても早く、問題がなければ30分〜1時間で、メールで審査が通過したか送られてきているようです。



実際に私が楽天カードを作った時は、キャッシング枠ありで、1時間程で審査通過のメールがきました。



ですので、状況によるとは思いますが、キャッシング枠ありでも1時間とみていいと思います。



楽天カードの審査は早い?遅い?



私が他のクレジットカードをいくつか申し込んだ時は、審査結果が届くまでに2時間〜8時間ほどの時間がかかりました。



これを考えると、審査スピートはかなり速いと考えられます。



楽天カードは自動審査を行っている?



各カード会社は、カードの申込者の個人情報に点数をつけて合否の判断するシステムが使用されている事は広く知られています。



これを「スコアリング」といいます。



スコアリングの評価方法はクレジットカード会社で違いますが、主に以下のような項目内容を評価をしていると考えられます。



  1. 勤続年数
  2. 勤務先
  3. 収入(年収)
  4. 職業
  5. 電話番号
  6. 借入やローン
  7. 年齢
  8. 住宅状況
  9. 住居年数
  10. 配偶者
  11. 家族構成
  12. 個人信用情報(クレヒス)


審査スピードの早さを考えると楽天カードの審査は、このスコアリングを自動化して評価が高い人はすぐに合否連絡、スコアが低いまたは問題がある場合はマニュアル審査で知らべると考えられます。



楽天カードのキャッシング枠の審査時間を短縮させる方法





楽天カードの審査スピードは早いですが、以下の項目に気をつけると、審査時間の短縮や、審査に対しての焦りも少なくなります。



信用情報を確認する



自分の信用情報が心配な場合は、あらかじめ信用情報機関で自分の信用情報の確認をしておくといいでしょう。



状況を把握する事で、記入の際に間違いのない情報を書けるので、審査の大きなタイムロスを防ぐ事にも繋がります。



信用情報機関に関しては、以下のページに記載してありますので、参考にして下さい。



楽天カードのキャッシング枠0になる理由を徹底解説!



平日の午前中に申し込みを済ませる



楽天カードは24時間、インターネットから申し込み可能ですが、できるだけ平日の午前中に申し込むといいでしょう。




平日の午前中は、その日の申し込みがまだ少ない時間帯の為、マニュアル審査になったとしても対応が早いと言われています。



楽天カードの繁忙期時期を避けて申し込む



クレジットカードには、繁忙期があり、2月〜3月、11月〜12月、また大型連休前も繁忙期と言われています。



テレビCMを見ていても、この時期にCMが多くなる事がわかります。



2月〜3月は引っ越しの時期と重なり、また新社会人、学生にカードを作ってもらう為、11月〜12月は、年度決算でクレジットカードのユーザーを増やす為、大型連休前はクレジットカード利用やETCカードの申し込みが増える為と言われています。



この時期に申し込むと、審査が遅れる可能性がありますので、なるべく時期をずらすといいでしょう。



正しく申請する



スコアリングで引っかかった際、適当な記入や虚偽の記入などがあった場合は、確認の為に更に審査が遅れる可能性があります。



面倒だと思う所も、しっかり正しい情報を記入しましょう。



楽天カードのキャッシング枠の審査時間が長引く場合





キャッシング枠を申請した上でも、1時間程で合否連絡がくる楽天カードの審査結果が、2〜3日かかったという人もいます。



では、どうして審査時間が長引いたりするのでしょうか?



大きくまとめると以下のような状況の場合、審査が遅れる可能性があります。



楽天カードの審査基準ぎりぎりの場合



先に説明した、スコアリングでの評価が低い場合、マニュアル審査に回される為に審査時間が遅くなる可能性があります。



申し込み内容と信用情報の内容が違う場合



マニュアル審査が開始された際、信用情報の確認も再度行われます。



その際申し込まれた内容と違う場合、状況の確認作業が行わる(在籍確認、本人確認など)場合があり、審査が遅れる場合があります。



過去に多重債務、支払い遅延など事故がある場合



過去のキャッシングやカードローン等で、支払いの遅延や多重債務がある場合も、審査が遅れる可能性があります。



ただ、私は多重債務中にクレジットカードを作れなかった経験があるので、多重債務がある場合は、クレジットカードの審査自体がかなり通りづらいと言えます。



休日を挟む場合



楽天カードは土日でも審査をしていますので、申し込みは可能です。



しかし、休日の場合は、在籍確認など、本人確認が必要になった時に会社自体が休みだと対応できないので、結局次の平日まで審査が進まない事になります。



申し込み時期が繁忙期の場合



先に説明したとおり、クレジットカードの申し込みの際、繁忙期があります。



繁忙期時期に楽天カードを申し込むと、申し込みの数の多さから、審査自体が遅れる可能性があります。



記入ミスの場合



実は、この記入ミスがかなりあるという事を、私が取材をした時に聞いた事があります。



記入ミスをする事で、場合によっては審査を落ちてしまう事もあるので、基本中の基本ですが記入ミスは絶対に無いようにしましょう。


まとめ



審査時間が早い場合と遅い場合について、ご理解頂けましたでしょうか?



いろいろな状況や条件で審査時間が長引く場合もありますが、スコアリングで十分な評価を得られれば、キャッシング枠を申請しても、1時間でメールが届く事を基準に考えていいでしょう。



なるべく早く審査を通過したいのであれば、このページの短縮する方法を試してみてください。