浪人生でもお金が必要な用事は当然ありますが、アルバイトを親から禁じられていることなども多く、お金がないケースは多いでしょう。

その時、浪人生でも消費者金融などでキャッシングできるのか気になることも多いかと思います。

ここでは浪人生がお金を借りる方法について、銀行の教育ローンなども含めて解説していきます。

浪人がお金を借りるのは予備校費用なら可能

まず、アルバイトをしているしていないに関係なく、大部分の浪人生が申し込み資格を持っているのは教育ローンです。

銀行や信用金庫、信用組合などの金融機関が提供している貸付商品で、学資ローンと呼ばれることもあります。

教育ローンは大学や専門学校、あるいは短大の学費や入学金しか適用できないと思われがちですが、実は違います。

予備校の学費や塾の費用など、教育にかかった資金であれば何でも借入可能なのです。

小学生のランドセルなどもOKですし、文房具や参考書などの費用でも融資可能となります。

また、修学旅行や部活動の遠征費用などでも、やはり教育ローンを借りることができます。

審査に通るかどうかはまた別の話ですが、申し込み自体はこれらの利用用途であってもOKということです。

そのため、浪人生や予備校生であっても「予備校の学費」として教育ローンを借りるのであれば、「お金を借りることは可能」といえます。

浪人生が遊興費・交際費でキャッシングするのは不可?

ここまでの内容だと「浪人生は、遊ぶお金や友達付き合いのお金を借りることはできないのか?」と思うかもしれません。

これは、アルバイトをしていて一定以上の月収や勤続年数があればいいという条件になります。

キャッシング審査の世界では浪人生とか予備校生という職業・属性は存在しないんですね。

無職・ニート、もしくはアルバイト・フリーターという属性になるのです。

ニート・無職でも借り入れができるカードローンというのは、消費者金融でも銀行でもありません。

そのため、アルバイトをしていない予備校生や浪人生だと「個人の資金使途でお金を借りることは不可」という結論になります。

しかし、一定以上のアルバイトをしているのであれば、その月収や勤続月数、勤務先の安定度次第でお金を借りることも可能となります。

浪人生でもクレジットカードなら必要な資金を借りれる?

浪人生・予備校生でもクレジットカードなら発行できる可能性があります。

少し意外かも知れませんが、クレジットカードの審査基準で自分の収入があることというのは絶対条件ではないのです。

たとえば資産家で無職の人や、これまで高収入の仕事をしてきたものの1年だけバカンスに出ていたという人などもいるからです。

こうした方を「昨年の年収がない」という理由で審査落ちとするのは失礼ですし、クレジットカード会社にとっても大きな損失となります。

そのため「資産証明さえできれば無職でもクレジットカードを発行できる」という仕組みになっているんですね。

もちろん、クレジットカード会社によってルールは多少異なりますが、私が見る限り半分程度のクレジット会社はそのようなルールです。

つまり、浪人生や予備校生であっても、クレジットカード業者に信用してもらえるような資金力の証明ができれば審査に通る、ということになります。

具体的には、予備校生や浪人生が不動産などを持っていることはないので、やはり銀行預金の残高が一番でしょう。

預金通帳のコピーや銀行から発行される残高証明書を提出して「これだけの預貯金がある」ということを見せれば、それでクレジットカードを作れる可能性があります。

もちろん、どれだけ高額の預金残高があっても、無職であるという時点でかなり審査が厳しくなるので、その点は理解してください。

また、ここまでは「アルバイトをしていなくてもクレカを作れる」という説明をしてきましたが、アルバイトをしていればもっと簡単です。

その場合は「無職・ニート・失業者」という職業・属性ではなく、フリーター・アルバイトという分類になるため、審査に通りやすくなります。

これもやはり月収次第ですし、他社借入がないことなども条件となります。

しかし、アルバイトをしていれば銀行預金などの資金証明は必要ないと理解してください。

なお、予備校生や浪人生が発行できるクレジットカードで、最初からキャッシング枠が付くことはないと思ってください。

私の経験からいうと、大学生や専門学校生など若者がクレジットカードを作る時は、ほぼ確実にキャッシング枠なしでスタートします。

ショッピング枠のみの利用でクレジットヒストリーを積んで、信用されたらキャッシング機能が付帯するという流れです。

クレジットカードで「浪人生でもお金を借りることができる」というのは、あくまで「クレジットカードのショッピング機能によって買い物・決済ができる」という意味だと理解して下さい。

なお、無職でもクレジットカードを作る方法は下の記事でも詳しく書いています。

よろしければこちらの内容も参考にしてみてください。

無職がクレジットカード審査に通るには?資産や預貯金が必要?

予備校生なら塾が融資する教育ローンを借りるのもあり

自宅で浪人する「宅浪」ではなく、予備校生の場合はそれぞれの塾が教育ローンを提供していることもあります。

学費のためにお金を借りるというのであれば、こうした「予備校独自の教育ローン」を利用することもできます。

予備校としては浪人生が入って来てくれるのは嬉しいですから、審査通過率はかなり高くなっています。

予備校によっては高校時代の成績や一年目の受験結果も影響するようです。

極端な話、早慶は受かったけど東大は落ちたという浪人生の場合、今年東大に受かる可能性があるので優遇されることもあるでしょう。

あくまで可能性ですし、予備校によって審査基準は異なるでしょうが「学力や次回の合格可能性も見られる」というのが、普通の教育ローンなどとの違いといえます。

何はともあれ、予備校の学費は年間数十万円から多くても100万円です。

浪人生本人が借りるわけではなく、サラリーマン・OLとして働いている親御さんが借りるわけです。

日本人の一般的な平均年収から考えると、それほどの高額借り入れではないですし、予備校の売上にもつながるので、大体審査に通ると考えていいでしょう。

まれに審査に落ちてしまう場合もありますが、その時は比較的審査通過率が高い消費者金融などで借りるのがいいかと思います。

浪人がお金を借りる方法は教育ローンの転用もあり?

先ほど「浪人生でも予備校のお金を借りるためなら教育ローンが使える」ということを解説してきました。

これを読んで「教育ローンでお金を借りた後、それを遊興費や生活費に使ってもいいのか?」と思うこともあるでしょう。

結論を言うと、ほとんどの銀行や金融機関では教育ローンの資金使途をかなり厳しく審査するので、これは不可能です。

たとえば予備校の学費だったら、その予備校からの請求書を提出しないといけない、というルールになっています。

教育ローンを提供する銀行や信用金庫によってもルールは違い、たとえば「学費を支払った後の領収書でもいい」ということもあります。

この場合は確かに「学費の支払いに充当したということにして、遊興費などに使う」ということも可能でしょう。

しかし、教育ローンを借りるのは浪人生本人ではなく親・保護者です。

保護者が自分の交際費や遊興費のために子どもの教育ローンを悪用するというなら別ですが、そのようなことは少ないでしょう。

また、銀行によってはさらに審査のルールが厳しくなっています。

たとえば予備校の学費であれば、その予備校に対して銀行から直接学費を振り込むという形です。

名義はもちろんその家族・保護者にしてくれるので、名義から予備校に「この家族、教育ローンで支払ったな」とバレることはありません。

しかし、支払いを完全に銀行が行うので、教育ローンで借りたお金の転用はできないということです。

もちろん、本当に学費のためにお金を借りるのであれば、これで何も問題ありません。

むしろ振込手続きを銀行・金融機関がしてくれる分、労力が減っていいでしょう

何にせよ、浪人生でもその保護者でも「教育ローンの資金を別の利用用途に転用することはできない」ということです。

浪人がお金を借りるのは、下宿・一人暮らしの費用でもOK?

浪人生の中には、遠方の予備校に通うために下宿するケースもあるでしょう。

近所の塾ではレベルが低いので、よりレベルが高い都市部の予備校に行きたいなどの理由もあります。

また、札幌に住んでいた私の経験からいうと、「田舎だと予備校がないので都市部で一人暮らしする」という浪人生・予備校生は多くいます。

北海道の大部分のエリアには受験用の本格的な予備校がないので、札幌で予備校の寮に入り、それで1年間受験勉強をするのです。

北海道以外でも、面積が広い長野県や新潟県、離島が多い長崎県などはこのパターンが非常に多いでしょう。

このような下宿・一人暮らしの生活費でも教育ローンから借り入れできるのかが気になるところだと思います。

結論を言うと、家賃や引っ越し費用はほとんどの教育ローンで借入可能といえます。

逆に「毎月の生活費」となると借入不可か、もしくは「借り入れできても少額、一般常識の範囲内」となるはずです。

理由は、生活費という理由で借り入れが許されるなら、教育と関係ないお金もどんどん借りることができるからです。

たとえば食費については「毎日肉を食べることが絶対に必要か」など、細かい議論が多く生じるわけですね。

教育ローンが通常の銀行カードローンやクレジットカードのキャッシングのように高めの金利だったら、どんな資金使途でも問題ないでしょう。

しかし、教育ローンは通常の貸付商品よりも大幅に低金利で、あくまで「教育を支援する」という目的で提供されています。

そのため、教育以外の目的で使われる可能性があったら、融資不可となるのです。

こうした理由から、予備校が用意する寮の家賃や引っ越し費用などは、おそらく教育ローンで借り入れできます。

しかし、それ以外の下宿費用などは借り入れが難しいと思ってください。